【お報せ】ask.fmをブログトップに追加しました(笑)

どうも、マサシです(`・ω・´)
なんか…こう、未だに正月休みモードから抜けきりません(笑)
いまいちやる気みたいな物が湧いてこないなぁ…(´・ω・`)
でも、ブログの更新は頑張ります!(笑)

あっ、そうそう!
年末~元旦辺りにMedia Integration様で行われていた均一市の「選べるプレゼントキャンペーン」にダメ元で応募(ちょうど欲しい物があったので、ついでですけどw)したら、幸運にも当選しました!(笑)
いや~、ちょうどSSDを増設しようと思っていたから非常に助かりましたw
…手違いで、当選者名に本名が載ってしまいましたが…まぁ、今後も「マサシ(偽)」でよろしくお願いします(笑)



で、今回はちょっとしたお報せになります(笑)
ツイッターでフォローして頂いている方は御存知かもしれませんが、昨年の暮れ辺りからask.fmというサービスを始めておりました。

ask_fm-logo-512x185.png

Ask.fm(アスク・エフエム)とは、利用者同士が質問や回答が出来るQ&Aサイトである。(Wikipediaより抜粋)


最近、ツイッター等で「何でも質問してください」といった文面をよく目にするので、知っている人も多いかもしれませんね。
まぁ、上記のWikipedia抜粋の説明書き通り、何とも単純なWebサービスなのですが(笑)、結構面白そうだったので、なんとなしに始めた経緯ですw

URLリンク→【マサシのask.fm(笑)
askトップ


ちょっとした暇潰しになるし、当ブログのコメント欄にてDTM関連の質問を受ける事もあるので、こういうのを始めておけば何かと役に立つかと思いましてw
最初は全く質問が来なかったので(笑)、「まぁ…こんなもんだよなぁ」と思っていたのですが、最近になってチョクチョクと質問してくださる方が増えてきたみたいですw

そんなこんなで俄かに活気付いてきたので、ぼちぼちブログにもウィジェットを貼ろうかな~…と考えていた矢先、ツイッターで仲良くして頂いているsingoodさん(singoodさんのmuzieページ)から「ブログにask.fmの纏めをしてみては?」と提案を頂いたので、ウィジェット設置のお報せ&纏めを書いておこうと思います(笑)

で、これから質問に対する回答を纏めていこうと思うのですが…その前に。
僕…どうやら長文を書かないと気が済まない性質みたいでして(笑)、簡潔に書いたつもりでもやけに長かったりしますw
まぁ、簡潔過ぎる事務的な書き方が好きではないのもありますが、説明下手なのが災いしている感が否めませんね…(苦笑)
ともかく、ここから長文が続きます(笑)

あと…全ての質問を載せるのも大変なので、中でも需要がありそうな内容を選出させて頂きますm(__)m
一部、修正・加筆を交えてお贈りいたします(笑)
その他の質問もご覧になりたい方は、お手数掛けますが上記 or ブログトップにある僕のask.fmをご覧ください。
では、はじめさせて頂きますw


Q:お手持ちの機材もしくはプラグインで、現在の一番のお気に入りはなんですか?

A:機材ではSPLのCrimson、プラグインでは……………物凄く悩みます(笑)
Vertigo Sounds『VSC-2』・Softube『TUBE-TECH CL 1B』・2CAudio『AETHER』の中から、その日の気分に依って変わる感じですw
あと、基本的に新しく仕入れた物がお気に入りです(笑)


Q:Brainworxのbx_digital V2を持っているのですが.bx_hybrid V2が必要かどうかで悩んでいます。
違いはCPU負荷くらいだと思うのですがどうでしょうか?

ACPU負荷的には大差ないかと思われます。若干、hybridの方が軽めですかね。(意外にbx_digitalも軽いので…w)
アルゴリズムやらなんちゃらは恐らく同じ構造だと思われるので、出音も大差ない…はずです!僕の聴覚上は…w
大きな違いは、hybridの方はHPF/LPFを細かく設定出来る点です。
ただし、ディエッサ―・MS処理等の機能が無くなっている為…bx_digitalを持っていればそこまで必要性を感じ無い…というのが、僕の正直な意見ですw(bx_digital mixとその他のプラグインでフィルターを代用すれば良いので)
僕もあまり使用していないので、まだ何とも言えないのですが…流石にクオリティーは高いので、まるで要らないという訳でもなく、なんとも微妙な立ち位置にあるプラグインだと思います(笑)


Q:addictive drumsと BFD、どちらがオススメでしょうか?
冬のセールでADが安くて悩んでおります。。

A:御質問、ありがとうございます!(笑)
むむ…これはなかなか難しい質問ですね!w

どちらも所有しておりますが…そうですね、がさつな物言いですが「用途に依りけり」です…w
例えば、「一つ主力を持っているけど、ヴァリエーションとしてもう一つ欲しい(セカンドマシン目的)」なのか「初めて導入するドラム音源」なのか……と、そこを追及していくと、なかなか話が長くなりそうですので、今回候補に挙がっている音源の特徴と、僕の私見をお話させて頂きます(笑)

・BFD3
音質は文句無しで最高。音像がかなり近くに感じられ、他の音源と比較して最も「生音」っぽさを感じさせます。
とにかく細かく設定が可能・拡張音源も豊富ですので、ある程度ドラムの知識があるのでしたら、長く付き合っていける一品。
素材の音はBFD2と比べてもかなり解像度が高く(解像度3倍らしいw)、よりリアルな音になりました。
…が、プリセットキットの音がガチガチに作られている為、適当に合うキットを探していると結構面倒臭いですw
いっそのこと、始めから自分で組んでプリセットを作っておいた方が良いかもしれません(笑)

操作性は…正直、煩雑な感が否めませんw(慣れと言えば慣れですが…)
CPU負荷は、Intel core i7で大凡11~20%位。思ったより重くないですw
キットピースを読み込むのに微妙に時間が掛かりますが、一度読んでしまえば割とサクサク動きます。
あと、HDD容量をやたら取るので(フルで55GB)、それにも要注意(笑)


・Addictive Drums 2
音質は中の上といったところ。(Superiorと同じ位)
プリセットが豊富なので、音作りが面倒な人にはピッタリな一品
旧版(AD1)と比べ「作り物っぽさ」が薄くなっており、ナチュラルで良い音です。
…が、オケに混ぜると意外と抜けが悪かったりします(笑)
とはいえ、拡張音源が良い出来なので、なかなか侮れませんw

ベロシティーの感度が微妙な側面もあり、あまり強弱が再現されないのがネック…。
やや単調に聴こえるかもしれません。(まだまだ検証中)
しかし、操作性は流石に一言!かなり使い易いです。
「動作が軽い」と評判ですが、CPU負荷はBFD3と同環境で15%~40%辺りを行ったり来たりしており、意外と重かったりしますw(レイテンシーとの関係もありますがw)
ただし、ジャズの拡張音源は軽かったりしますので、使用するキットに依りけりな所があります。

あまり良い事を書いていませんが(苦笑)、コスパ&音は流石です!
BFD3では持て余してしまう可能性があるのでしたら、こちらを買うのが正解かも?ですw
個人的にはSurperior Drummer推し…w(小声)


個人的にはBFD3なら長く使えるのでオススメしたい所ですが…万人向けではない(し、音色もあまり多くない)事もあり、素直にオススメ出来ない所です(笑)
あまり御助力出来なくて、申し訳ありません…w


Q:ボサノバを作っているんですが、おすすめのアコギ音源とかってありますか?
また、個人的おすすめなどもあればおねがいします。

A:御質問、ありがとうございます!
僕もボサノバ(っぽい曲)をよく作ります!(笑)

ボサノバに特化したアコギ音源…というのは存じませんが(あるのかな?)、個人的には音質で最高だと思ったのはIlya Efimov Productionの諸作です。
ストラム版(コード演奏)とソロギター版で分かれている為、両方揃えると結構なお値段になってしまうのがネックですが(笑)、音質・リアルさでは頭一つ抜けた音源だと思います。
ただ、こちらの製品はKONTAKTのフル版が必要となるという噂…ですw(僕は元々フル版を持っていたので確証は無いですが…w)

その他では…最近発売されたAcoustic Samples『Sunbird』なんかも評判が良いみたいですね。(未所持)
ただ、こちらはボサノバ系に向いた音なのかどうか微妙ですが…一つでソロ演奏・コード弾きの両方をカバー出来る様なので、コスパが良さそうです(`・ω・´)


Q:オーディオインターフェイスは、例えばRolandなどのエントリーモデルとUniversal Audioなどの比較的高価なものでは、やっぱり録音の質や再生音の質は大きく変わってくるのでしょうか?

A:御質問、ありがとうございます!
僕は今まで、「UA-25(Roland)」→「AudoBox USB(Presonus)」→「UR28M(Steinberg)」→「Crimson(SPL)」と使ってきましたが…ハッキリ言って、録音・再生音の質は大きく異なります。
”異なる”と言いますか、値段の差が如実に音質に関わっています
基本的に、高価な物ほど高音質と思って頂いて大丈夫ですw

ただし、高ければ高いほど良いかというと…その辺りがまた微妙でして、その他の機能・モバイル用途に依って値段が高くなっている可能性もあるため、購入を検討されている際は、事前に色々と調べておくと安心です。
また、同価格帯製品でも音質差がありますので、そういった際は機能性も考慮する必要がありますね。

これは私見ですが、宅録向けAudio I/Fをランク分けすると、【1万円~2万円】【3万円前後】【5~8万円】の3つに分けられ、この3段階毎に音質差が顕れると感じています。
現在使用中のCrimsonは【5~8万円】ランクで、それ以前に使っていたUR28Mは【3万円前後】に当たりますね。
正直、UR28MとCrimsonでは雲泥の差と言っていい程の(主に出音に)音質差があります(笑)
録音の質に関しても、【5~8万円】ランクは下手なマイクプリアンプを使うよりも音質が良いケースが多い為、【3万円前後】+別途のマイクプリを用意するよりも、最初から【5~8万円】ランクを買った方が手間がなかったりしますw


Q:アウトボード、所謂、ハードコンプ・マイクプリ等々、なにをお持ちでしょうか?オススメの物があったら教えて下さい。
特にハードコンプレッサーが知りたいです。

A:御質問、ありがとうございます!

僕が所有しているアウトボードは…
・BEHRINGER / MIC2200 Ultragain Pro(マイクプリ)
・Focusrite / ISA One(マイクプリ)
・Warm Audio / WA76(コンプレッサー)

…の3つだけですw
ベリンガーは置物と化していて使っていないので(笑)、実質2つだけですw

●MIC2200 Ultragain Pro
値段の割には結構良い音で録れる(しかも2ch)ので、初めて導入される際には結構オススメだったりしますw(一応、真空管を通りますしw)

●ISA One
5万円未満のマイクプリでは1強と噂されているだけあって、かなり良い音で録れます
真空管系のウォームな音ではなく、とにかくクリアな音です。
人によっては、音が冷た過ぎてあまり好きになれないかもしれませんw
よく「ハイファイ」な音と言われていますが、実際はハイが若干落ちます。(設定に依るとは思いますがw)
しかし、この音をこの値段で買えるのは素晴らしいの一言!
安物のダイナミックマイクでも、これを通すだけでかなり良い音になってしまう辺り、ポテンシャルの高さを感じますw
あと…地味にデカく、場所を取ります(笑)

●WA76
割と最近になって導入した物です。
見た目や名称からお察しの通り、Urei 1176のレプリカです。
本家と比べると、やや音が緩い(ドライブしやすい)みたいですが、この価格で1176の音が手に入るのはなかなか驚愕です(笑)
10万円以下でアウトボードコンプでは、これはかなり有力な選択肢になるかと思います。
モデリングプラグインと比べても、実際にケーブルやトランス回路を通すだけあって、(当然ですが)それらと比較して肉感が感じられる音です。
インプットゲインでややノイズが乗りやすいですが、そこに注意すれば素晴らしいコストパフォーマンスを誇る製品だと思います。
オススメです!(笑)

以上、ザックリとしたレビューでしたw
僕もまだアウトボード初心者なので、定番製品ばかりですが…ISA OneとWA76はコストパフォーマンスに優れており、かなり実用的です。
見た目もカッコいいので、気分的に”アガる”のもポイントですねw


Q:マスタリングでRMS値(音圧)を上げるコツを教えてください!
マスタリングの練習をしているのですが、メータリングツールでプロの曲と比べると、明らかにRMS値が低いのです。
音を割らずに音圧を上げる方法を教えていただきたいです。

A:御質問、ありがとうございます!
マスタリングでRMS値を稼ぐ方法、ですか…。
実は僕も音圧を稼ぐのがかなり苦手でして(苦笑)、あまりタメになる事はお話出来ないかもしれませんが…一応、僕なりの方法・アドバイス?をお話させて頂きますw

マキシマイザー(リミッター)を使う
クオリティーの高いマキシマイザーを使うのが手っ取り早いのは、そこかしこで言われている手段ですね(笑)
とはいえ、僕はマキシマイザーでグイーッ↑…はあまり好きではなかったりしますw
マキシマイザーは言ってしまえば「極端に音割れしにくいリミッター」なので、突っ込めば突っ込む程に音が破綻します。(当然と言えば当然ですがw)
出来るだけその他の手段(特にミキシング段階)で、十分に音圧を稼いだ方が綺麗に仕上がります。
なので、ミキシング段階から音圧を稼ぐ方法を練習される事をオススメします!(`・ω・´)
後々、その経験が活かされますしねw



マスタリング・コンプ&マルチバンド・コンプを使う
マスタリング用にチューンナップされたコンプレッサーを、マキシマイザー/リミッターの前段に挿し、そこで音圧を稼ぐ方法です。
この手のコンプは着色が少なく、音が破綻しにくいのが特徴です。
マルチバンド・コンプも似た様な傾向にあり、帯域毎に処理が可能なので便利です。
レシオ1:1.5くらいの軽めの設定でジワジワ潰していき、後はアウトプット・ゲインで戻してあげると良いでしょう。

ただし、やはりバランスが崩れるのでジャッジする耳が必要になるかと思います(笑)
プラグインで言うと、Plugin Alliance『Alpha Compressor』『Dynamic Spectrum Mapper』などがオススメです。
どちらも高価ですし、使い方が若干難しい所もあるので…必ずしも「これで音圧が稼げる」と過信しない方が賢明です(笑)


ミキシングの段階で音圧を稼ぐ
これが一番堅実な方法です。
というよりは、ここで適度な音圧感を維持出来れば、マスタリング工程で音圧を稼ぐ必要はありません。(元来、マスタリングは音圧を稼ぐ工程ではないので…w)

「ミックスで音圧を稼ぐ」と言っても、全楽器ガチガチにコンプを掛ける必要はありません。
レシオ1:2~3を基準に、音質を損なわない程度に潰しておけば十分ではないでしょうか。(アタックを長く取り過ぎると、突発的なピークを捉えきれないので要注意。)
ここをしっかりやっておけば、マスタリング工程は微調整程度で済みますし、ミックスバランスを大きく崩す心配も少なくなります。


EQのみでマスタリング
これに関しては僕もまだまだ研究中ですが(笑)、著名なマスタリング・エンジニアも実際に行っている手法です。
2mixのEQポイントを探っていくと、「音に厚みが出る帯域」「邪魔な帯域」「ステレオ音像が広がる帯域」…など、色々な帯域が存在します。

基本、「音に厚みが出る帯域」をブーストする事により、音圧は上がるでしょう。
このポイントは音源によってマチマチですが、大方、低域~中域辺りに存在するかと思われます。
ただし、音がモコモコしやすいポイントでもあるので、処理の仕方が非常に重要。
その他にも、可聴域外(20kHz以上)をシェルフでブーストする事で、全体像が明るくなったりしますねw

この手法は、音圧・ミックスバランスが整った2mixに対しては非常に有効な手段ですが…それでも難易度の高いマスタリング・テクニックです。
おまけに、それなりに高品位なEQを必要とします(笑)
ですが、プロの方がこの手法を用いているからには、相応のメリットがあるからでしょうねw

僕も研究中ですが…恐らく、コンプレッサーを必要としないので、最も仕上がりが自然なんだと思いますw
少し趣を異にしますが、アナログモデリング系プラグインを挿して、アウトプット・ゲインのみを上げる→後段のリミッターで止める…なんてのも結構アリです(笑)


・終わりに(笑)
僕は最近、③→④の手順でマスタリングを行う事が多いですね。
マスタリング・コンプも使いますが、それはミキシングの段階でマスターに挿して軽く均す程度です。(最終的な仕上がりを予想しやすいのでw)
僕もまだまだ未熟ですが、「良いアレンジは良いミックスに、そして良いマスタリングに繋がる」という言葉通り、全ての工程が連綿として繋がっているので、マスタリングやミックスだけで何とかしよう!というのは、あまり上手くいかないケースが多かったり…w(体験談)
なので、それを意識して音楽を作っていくのは、一見遠回りに見えて最短ルートなのではないか…と考えておりますw
ちなみに、RMS値の基準は-10~-8辺りで十分な音量になるはずです。(Voxengo『SPNA』での計測)
一番聴きやすいのは-10前後、-8以上になると耳が痛くなってきますw(EDM系はそのくらいないと物足りないかも…?w)
あまり参考にならないお話しか出来なく、申し訳ありませんm(__)m
楽しい音楽ライフを!(笑)


Q:マサシさんはかなりのプラグインマニアみたいですが、ここに持っているプラグイン、音源のリストアップしてほしいです。
どれだけ沢山持っているのか気になります。お手数だと思いますがよろしくお願いします。

A:御質問、ありがとうございます!
おぉ…これはなんとも”そそる”御質問ですね!(笑)
了解しました、では全部書き出してみましょう!w
……本当に「全部」書き出しますよ……?^^(暗黒微笑)

※補足※
ここに書き出す音源・プラグインですが、フリー(無料の製品)は全て除外させて頂きました。
なので、市販品のみですw

●ソフトシンセ
・AAS

Chromaphone
Louge Lizard 3&4
String Studio
Strum Acoustic GS-1
Strum Electric GS-1
Ultra Analog VA-2


・Best Service

Poetic Guitar 2


・Cakewalk

SONAR Producer付属のやつ全部(笑)


・CineSamples

Piano in Blue


・Crypton

初音ミク
初音ミクAppend
初音ミクV3


・FXPansion

BFD Eco
BFD 2
BFD 3


・Gospel Musicians

FM TiNES
TGX-85


・IK Multimedia

SampleTank 3
Total Studio 3


・ILYA EFIMOV

BASS BUNDLE
TOTAL GUITAR BUNDLE


・Modartt

Pianoteq4 STAGE


・Native Instruments

KOMPLETE 9 ULTIMATE


・Slate Digital

Steven Slate Drums 4Plutinum


・Soniccouture

EP73 DECONSTRUCTED
DEVILFISH


・Spectrasonics

Trilian


・Toontrack

EZDrummer(&拡張多数)
EZKeys- CLASSIC ELECTRICS
Superior Drummer(&拡張ちょっと)


・UVI

BeatBox Anthology
Digital Synstation
Emulation One
Grand Piano Collection
Mello
PlugSound Pro
Tines Anthology


・WAVES

Element


・XLN Audio

Addictive Drums 1&2(拡張JazzとFunk)
Addictive Keys(全部入り)



●プラグイン・エフェクト
・112db

Big Bundle


・2CAuido

Perfect Strom


・A.O.M

Invisible Limiter
TranQuilizr


・Acustica-Audio

RAINBOW(Amber・Green・Magenta・Orange)
NEO
Stradipad Platinum Collection
Titanium


・Antares

Auto-Tune EFX 2&3
Harmony Engine
Mic Mod


・Cakewalk

SONAR付属のやつ(笑)
CA-2A


・Celemony

Melodyne Essential


・D16

Syntorus


・DMG Audio

Compassion
EQuilibrium
Essence


・Eventide

UltraChannel


・Fabfilter

Mastering Bundle(C・L・MB・Q2)


・FinalMix(Rob Chiarelli Signature Series)

MixBuss Lite
DrumBuss Lite
Synth Buss Lite


・Flux::

Elixir
Epure
Pure Series
Solera
Syrah
Verbsession


・HOFA

IQ-Bundle


・IK Multimedia

AmpliTube 3
T-Racks CS(全部

)
・iZotope

Alloy 2
Nector 2


・Klanghelm

DC8C2
SDRR


・Lindell Plugins

Channel X(6X500・7X500・PEX-500)


・LSR Audio

SK Dynamics


・LVC-Audio

PreAmped


・Metric Halo

Production Bundle


・Native Instruments

KOMPLETE 9 ULTIMATE付属のやつ(笑)


・Nomad Factory

Integra Studio Pack&その他含め全部


・NUGEN Audio

Stereopack Elements


・Overloud

BREVERB(SONAR専用)
TH2(同上)
REmatrix


・Plug & Mix

V.I.P Bundle


・Plugin Alliance

PA ALL Bundle - V3


・PSP Audioware

ProcessorPack(ダイナミクス&EQ全部)
Lexicon PSP42
PSP 85


・Roland

R-Mix(SONAR専用)


・Slate Digital

FG-X
VBC
VCC
VMR
VTM


・Softube

Abbey Road Studios Brilliance Pack
Mix Bundle
Summit Audio Grand Channel
Tonelux Tilt
Trident A-Range
Tube Delay
Tube-Tech Classic Channel
Valley People Dyna-mite


・Sonimus

Britson
Satson
SonEQ Pro
Sweetone


・SONNOX

Elite Bundle


・Sound Toys

Radiator


・Valhalla DSP

Vintage Verb


・Voxengo

Elephant
Voxformer



・Wave Arts

MultiDynamics
Panorama
TrackPlug
TubeSaturator


・WAVES

●バンドル
Abbey Road Collections(Kings Microphoneを除く)
CLA Classic Compressors
Dave Aude EMP Toolbox
JJP Analog Legends
JJP Signature
Kramer Signature
Kramer TTT Bundle
L3-16
Marroquin Signature
Maserati Signature
Native Power Pack
OneKnob Series
Renaissance Maxx
Studio Classic Collection(API・SSL・V)

●シングル
Aphex Vintage Aural Exciter
Bass Rider
CLA Drums
Center
H-EQ
MetaFilter
MondMod
NLS
NS1
Scheps 73
SoundShifter
Vocal Rider


…以上で全てのはず、ですw
う~ん…改めて書き出してみると、なかなかのプラグインキチ●イっぷりですね…(失笑)
あたしって、ほんとバカ…(´;ω;`)


Q:マサシさんのトラック毎のコンプレッサの選び方について質問です!
トラックをコンプレッサで潰す際にこのコンプを使おう!と判断するポイント等ありますでしょうか!
自分はなんとなく殆んどのトラックで同じコンプレッサ(vc76)を使ってしまうので知りたいです…。
あと好きなフルーツを教えて下さいwww

A:御質問、ありがとうございます!

ふむ…トラック毎のコンプの使い分け方、ですか…(´・ω・`)
これまた、なかなか難易度の高い質問に感じます(笑)
僕の場合、用途・曲調・雰囲気といった様々な要素を鑑みて、どのコンプの音が合うのか…をいつも探っているので、同じプラグインばかり使う事はあまりないのですが…一応、パターン的なものがあるので、それをお話させて頂きますw

大概、僕はコンプは2段掛けしています。

一つ目は、味付け用
いかにもな「ソフト音源で作りました!」的な感じを消臭する為に用いる事が多いですね。
所謂、アナログ・モデリング系を使います。
機種まで細かく言いますと、Plugin Alliance『VSC-2』&Softube『CL-1B』の使用頻度がとても高いですw(偶然にも、どっちも青いw)
あるいは、この2つをどちらも挿す事もあります。(その場合、3段掛けですねw)

GR(ゲイン・リダクション=潰す量)はまちまちなのですが、基本的にこの1段目では強く圧縮せず、せいぜい-1~-2db程度か、あるいは通すだけという事が多いですね。
この「味付け用途」は、更に前段のコンソール&テープ・エミュレーターやサチュレーターが担う事も多いです。
多分、それでも上記の2つはまず通しますが…w


そして二つ目は、限りなく着色が少ないタイプのコンプ。
所謂、デジタル系と呼ばれるプラグインですね。
機種まで具体的に言うと、SONNOX『Oxford Dynamics』・Fabfilter『Pro-C』・DMG Audio『Compassion』などなど…。

こいつらの目的は、ピークを抑える為に使います。
プラグインは基本的に後段のエフェクトのキャラクターが音に反映されやすいので(実機も同じでしょうけどw)、1段目で作った音を壊さずにピークを抑えられる物が望ましい…という考えです(笑)
とはいえ、GR量は前段と大して変わらず-2~-3db程度を目安にしています。
一応、「-3dbの法則」を念頭に置いた潰し具合ですw
正直、この2段目はマキシマイザーとかでもOKだと思いますが、微妙なアタック感を調整しやすいコンプの方が個人的にはやりやすいですね。


…以上が、僕が今現在よくやっているパターンです。
もちろん、これが全てではなく、1段目と2段目が逆になる事もしばしばあります。
例えば、HPF・不要な帯域をカットしたEQの後に掛けるコンプは、デジタル系の方が良い時もありますので…結局、この辺りは楽器・曲調・用途に依りけりですw
ある程度の定石はあるものの、自由度が高い工程なので…言うまでもなく、あくまで「こういう手法を取ってる人もいるらしい(笑)」程度にお考えください!w

好きなフルーツ!?(笑)
……そうですね、葡萄(デラウェアみたいな小さいやつ)とパイナップルですかね!w
サッパリする系が好きですw
ただし、レモン…てめーはダメだ。(酸っぱいのが苦手)



以上、ask.fm設置のお報せ&質問まとめでした(`・ω・´)

…うん、こうなるのは分かりきっていたので、所持音源&プラグインは無駄にpdfとかに纏めようとも思いましたが…一応、スマホ用ページで見てくださる方々の事を考慮して、全部書かせて頂きましたw
基本、ask.fmのページからの転載なので「楽だわー(笑)」とか考えていたのですが、色々と加筆・修正&見易い様にレイアウトを弄っていたら、結構な手間でしたw
まっ、普段のに比べたら楽でしたけど…w

今後も質問がある程度溜まりましたら、今回同様、ブログ用に加筆・修正&見易い様に纏めようと思いますので、ドシドシご質問ください!(笑)
それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

11 Comments

singood says..."早速"
更新お疲れ様です!!こうしてまとめると、かなりボリューミーですね!すごい読み応えです。
しかも私のmuzieまでリンク貼っていただいて…、恐悦至極ですm(_ _)m
Plugin AllianceのVSC-2と、SoftubeのCL-1Bをよく使われるんですねぇ。これはちょっとチェックしておきます。
青色コンプがお好きなんですね(アレ、WavesのBluesyは・・・)
これからもブログが充実していくように(今も十分、こゆいですが(笑))お祈りいたします!

私事ですが、マサシさんの影響でMy Only Musicでも作品を投稿していくことにしました。
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2015.01.12 14:17 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: 早速"
>singoodさん

コメント、ありがとうございます!

いえいえ!むしろ、勝手にリンクを貼ってしまって大丈夫だったかな…と心配していました(笑)
あっ、良い提案をして頂き、ありがとうございました!m(__)m

本当、こうやって転載してみると異様な文章量だな…(汗)と思いましたw
最近なんか、取り憑かれた様にキーボードをカタカタッターンッ!!してます(笑)

CL-1BとVSC-2は素晴らしいですよ!
特に、VSC-2は持っておいて損はありません!
パッと聴いた感じ、そこまで凄さを実感出来ないかもしれませんが(結構変化が微細?)…何と表現したら良いのか、こう…コンプレッサーとしての基礎能力が極めて高いプラグインですw
Blueyは…用途さえ合えば、たまに使います(笑)
青色が好きなのもありますが、なんとなく青色のGUIは凄そうな印象がありますw

応援、ありがとうございます!
これからも濃い内容を目指して頑張りますw
更新ペース上げて、クオリティーが落ちない様に注意しないと…w

おぉっ!singoodさんもOMMに!?
最近、投稿者が減ってきて寂しくなってきたので、singoodさんが来たら活気付きそうです!ありがとうございます!(笑)
こちらこそ、今後もよろしくお願いします!(^ω^)

2015.01.12 15:37 | URL | #- [edit]
singood says...""
マサシさん>
いえいえ、こちらこそです。異様な文章量(笑)でも、疲れず読ませる力、さすがです!キーボードが壊れないかが心配ですが…。(>_<)

VSC-2は購入検討候補にいれたいと思います。基礎力が気になりますので。多分、コンソールエミュもそうだと思うのですが、単体だと変化がわからないようなものでも、積み重ねていって違いが分かる、というのがミックスでは大事なのでしょうね…。
コンプは奥が深いですよね。ミックスの解説本でコンプレッサーは曲調や素材によって合う合わないがあるから、いろいろ持っとけと書いてありました。確か10個くらい持っとけみたいな?(多すぎて絶望した)

OMMでも今後ともよろしくお願いします。あちらでは書くのを忘れましたが、あの曲ではBritson、VTM、Maag EQ4、FG-X等、私の中ではそうそうたるメンバー(?)でがんばってみました。これもマサシさんのブログのお蔭です!今後の更新も期待しております!

そういえば、マサシさんの曲の「MORE」って完全版どこかで聴けるのでしょうか?一聴してとても気に入りました。そして、何故か新しい曲ができそうなインスピレーションを受けました(笑)しばし、ネタを温めておきます。


2015.01.12 23:47 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>singoodさん

再度のコメント、ありがとうございます!(笑)

文章に関して、お褒め頂きありがとうございます!m(__)m
特別意識はしていないのですが、そう言って頂けると非常に励みになりますw
あっ、キーボードはちょっと良いやつを使っているので、よっぽど大丈夫です!(笑)

VSC-2は単体でも素晴らしいですが…真価は2個挿し(2段掛け)した時ですw
1つでは「う~ん、良いねぇ」が、2個では「!?」になります(笑)
2個挿すと、元音とは別物の様になりますよw
あっ、その教本…僕も読んでいるかもしれませんねw
僕もそれを読んで、コンプを揃えていくうちにドップリ浸かってしまった経緯ですw

おぉ、あの曲にはその面々が使われていたのですか!
あちらでは言っていませんでしたが、singoodさん、僕よりミックス上手いですよねぇ…ちょっと凹みましたw

『MORE』は1コーラス版しか無いんですよぉ…えらい短時間で作った曲なので、一回作ったら放置してしまっていて…(苦笑)
おまけに、僕の『Anne』という曲にメロディーを転用しているので、『MORE』は無かった事にしようかと思ってまして…w
でも、あれはあれで纏まりが良い曲に思えるので、そういったお褒めの言葉を頂けたのなら、また作り直そうかと思います!w
『MORE』から得られたsingoodさんの新曲、楽しみにしています!(笑)

2015.01.14 19:35 | URL | #- [edit]
singood says...""
マサシさん>

再度のご返信、ありがとうございますm(_ _)m
VSC-2は2段がけですか!?同じコンプ2段がけってしたことがないので、非常に気になりますねェ。例えばV-Compで2段がけしたらパンッパンッ!になりそうですが(^_^;)、VSC-2はそれで本領発揮だとますます食指が動きます。
教本は、多分、葛巻氏の「マスタリングの全知識」だったか「ミックステク99」だったかと思います。今でもたまに開いて、本文よりもプラグインのグラフィックを眺めて、ハァハァしてます(笑)

ミックスについてお褒めいただき恐縮です!でも、ミックス難しくて困っています。マサシさんの曲のように、もっと広がりがあり、伸びのあるミックスにしたいのですが、うまくいかないです。以前はコンプ差して、ふーん。じゃあこっちのコンプは、ほう!といった次第で、まさに、とりあえずコンプ、EQ差して結果、カオス!となっていましたが、今はどういうイメージにしたいかをまず決めてからミックスするように心がけてます。まぁ、それでもうまくいかないんで困ってるんすけど(笑)
「MORE」、1コーラスでとまってるんですね。Bメロで、メロディーがタタタタと畳み掛けてくるところ、凄くかっこいいですし、コード進行も工夫されていて曲調が切な美しくていいなぁと思います。完成させていただけたら嬉しいです!

さて、ただでさえお忙しいと思うのに、いろいろご返信、お気遣いいただき感謝です。返信不要ですので、今後とも、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
2015.01.14 21:59 | URL | #- [edit]
素人 says...""
毎回記事を楽しく拝見させていただいております。

唐突ですが・・・笑
マスターバスにvertigo vsc-2を使ってみました
アウトボードっぽさではすばらしい出音なのですが私の耳にはどうも綺麗すぎるかなと思いました
耳が素人なのであんまり自信はないのですがSSLバスコンプのような音が私の耳に一番馴染んでいるようなのです
実験が好きなのでプラグインで「考えうる良質なコンプ」を考えていました
そこで「VSC-2=バスコンプとしての総合的な効きがアウトボード品質」としてこれにあと歪みを足すと望むような音になるかなと思い色々実験してみました
そこでElysiaのマスターコンプについているソフトクリップを後段にかけると良い感じになるかなと思って「vertigo vsc-2とelysiaマスターコンプのソフトクリップ」で試したら良い具合に好みの音になりました
しかし自分の耳ではどうも自信がないのでよろしければマサシさんにこの組み合わせを試してほしいです笑
その感想をいただければと・・・笑

「プラグイン+プラグイン=オリジナルのプリセット」といった感じでプラグインツクールみたいな実験は楽しいです!
2015.01.15 11:29 | URL | #- [edit]
素人 says...""
連投すみません

上にvsc-2の2段がけとマサシさんが書かれていたので試してみたらびっくりしました
質感がガラッと変わりますね
コンプをマスタリングなどで何台もつかいひとがいてその理由がわからなかったのですが、それは特有の質感を得るためなのでしょうか・・・
これは久々にいい使い方を教わりましたw
ありがとうございます
2015.01.15 12:02 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>singoodさん

いえいえ、コメント返信くらいはお茶のこサイサイでございます!(笑)

VSC-2は2段掛けというのか…とりあえず、潰さずに2個挿しておくだけで音の質感がガラッと変わります。
詳しくは分からないのですが、1個と2個では音が全然違うので…もしかしたら、2個挿すとああいう音になる様にプログラムが組まれているのではないか?と疑っていますw
もしご購入された際・デモ試用の際はお試しください(笑)

あぁ、僕も葛巻先生のその本は読んでいます!
ミックステクニック99には散々お世話になりましたよ~…同じく、プラグインのGUIを見てハァハァしてました!(笑)
特にAPIにはハァハァしちゃいましたねw

いや~…本当、僕はお金を浪費しているだけで上達してないなぁ…と凹みました(笑)
いえいえ、僕のミックスに伸びやかさは全然無いです!大体コンプでパツンパツンですから!w
そう、僕も最近になってようやく「完成形」をイメージ出来る様になってきた気がします。
それまでは闇雲にプラグイン挿して「あ~、良い音~^^」でミックスしていたので、最終形がメチャクチャ…なんて事がザラでしたw

僕の曲は大方が1コーラスのみなんです…(苦笑)
フル版は、ボカロでニコニコ動画に投稿している物くらいで、テンションが上がった時しか全部作らないんです…w
特に作詞が苦手なので、フルコーラス分の歌詞を書くのに凄い時間が掛かってしまって…(´・ω・`;)
もっと歌詞がスラスラ出てくる様に、もっと読書をしなきゃいけないなぁ…と考えてる今日この頃です(笑)
2015.01.17 23:48 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>素人さん

コメント、ありがとうございます!

VSC-2は色々と使えるのですが…実は僕も、マスターには綺麗すぎるというのか、あまり向いていないかな?と考えていました。
いや、纏まり感も非常に良いので全然OKなのですが(笑)、仰る通り、SSLバスコンプみたいなガッツリとした感じの方が好みだったんですねw
僕はマスターにSlate Digital『FG-Gray』を良く使っていて、それが一番良いな~と思っていましたが、VSC-22段掛けを覚えてからは、そちらばかりですw

なるほど!プラグインの組み合わせでオリジナルプリセットですか!
それ、面白そうですね!w
実はこの素人さんのコメントを読んで以来、自分でも色々と実験をしていますw
とりあえず、素人さんの仰った「VSC-2+Alphaのソフトクリップ」を試してみたのですが、この組み合わせ…良いです!
VSC-2の綺麗で滑らかな感じに、アナログっぽいガツンとした感じが加わって、かなり良い感じになります(`・ω・´)b
Elysiaはプラグインにしては音が太いので、ベストマッチに感じますw

素人さんの案をパクッてしまって申し訳ないのですが、こういったプラグインの組み合わせを自分で研究してブログ記事にしてみると良さそうですねw
ただの「プラグイン・レビューの人」から、「プラグイン・マイスター(笑)」感が出せそうですwww

でも、2段掛けとなると…詰まる所、VSC-2の2段掛けが素晴らし過ぎて…w
他の組み合わせでは、多分この組み合わせ程の効果が得られないのでは?と思えてしまいます(笑)
本当、質感が1段とはガラッと変わりますよね!
最近、VSC-2は2個挿す事でこういう音になるプログラムが組まれているのではないか…と疑っていますw
VSC-2のプラグインと実機の比較動画を観て「やっぱ実機は違うなぁ~」と思いましたが、この2段掛けでかなり近い所まで迫る印象です。

いやぁ、Alphaとの組み合わせも素晴らしいです!
こういう発想は盲点だったので、よりプラグイン研究が捗ります(笑)
情報提供、ありがとうございます!
2015.01.18 00:05 | URL | #- [edit]
素人 says...""
ご返信ありがとうございます

プラグインマイスター、かっこいいですねぇー
プラグインを組み合わせたプリセットの紹介ってなかなかないので期待したいです!
私の耳ではおもちゃレベルのプリセットなので・・・苦笑

いくつも質問が重なって申し訳ないのですがw
マサシさんはマルチバンドコンプレッサーは使いますか?
マサシさんはご自身で作曲されたものをご自身でミックス・マスタリングされているのですよね?
私はよく「マルチバンドコンプレッサーを使うくらいならミックスに戻る」という話をききます
ではマルチバンドコンプレッサーとはミックスに戻れない状況や、マスタリングを請負っている人にしか必要ないのでしょうか
2015.01.19 11:14 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>(素人ではない)素人さん

再度のコメント、ありがとうございます!(笑)
こうして素人さんとお話していると、今までに無かった発想や知識がジャンジャン入ってきますw

おすすめプラグイン組み合わせ一覧!みたいのを作りたいのですが、なかなか思う様に組み合わさりませんw
多分、やるとしたらアナログモデリング系コンプの組み合わせになると思うのですが…これまた、挿すだけではなく、コンプの設定まで考え出したらキリが無さそうですw
いえいえ、素人さんの方が良い耳をお持ちだと思いますよ!僕の耳が一番怪しいです(笑)

マルチバンドコンプですか!
なかなかタイムリーな話題でして、実は目下研究中でございますw
僕もずっと「マルチバンドを使うくらいなら~…」の考えでいたのですが(笑)、最近になって、別の目的で使えないか検証中です。
理由はと言いますと、ツイッター上で「マルチバンドは奥行きを調整する為に使う」という意見を見たからです(`・ω・´)
コンプで奥行きを作る手段を当ブログでも取り上げましたが、あれの発展系みたいな感じかと思い、今、色々と試している所でしてw

…で、結論を言いますと「これは使えそうだぞ!(笑)」となりましたw
2mixのような様々な音が混在している音源に、この手法を取り入れるのは難しそうですが…ミックス段階なら、かなりいけそうです。
レシオ1:1.5位(軽め)&アタック&リリース最速で高音域をリダクションしていくと、ハイハットやライド、リバーブ成分等を奥まって聴かせる事で、独特な空間が演出出来るのでは…?と踏んでいます(笑)
何と言うのか、こう…臨場感がある感じ…?w
低域も同様の設定で少し奥に下げたり、逆にアタックを長めに取って、前の方に配置したり…etc
…と、こんな感じで使い方が出来るのがマルチバンドの利点に感じましたw

ただ、マスタリングで音圧稼ぎに使うには少々難しい…というか、それこそミックスに戻った方が良さそうですw
Dynamic Spectrum Mapper(DSM)だけは、例外的にその使い方が非常に有効ですが…(笑)
DSMは音質が良いので、設定さえ弄れば上記の奥行き操作でも使えますね。

という事で、まだマジミキシング(笑)で実践していないものの、今後、積極的にマルチバンドコンプを弄ってみようと考えておりますw
これまた、機種(プラグイン)に依って大分音が違うので、その辺りも色々と検証中です!(`・ω・´)
ある程度使える様になったら、記事にしてみるのもアリかなぁ…?と考えておりますw
2015.01.23 23:27 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/99-f0e65105