【2014年版】プラグイン・ランキング!(笑)【偏見】

どうも、マサシです(`・ω・´)
最近、全然更新が無くて申し訳ありませんm(__)m

実は、楽曲アレンジ(編曲)の依頼が入っておりまして、それに掛かりっきりです(´・ω・`)
今ではこんなプラグインレビューみたいなブログを運営していますが(笑)、一応、本来は作曲方面でアピールしていきたいと考えておりまして…まさか、編曲の依頼が入るなど露ほども考えておりませんでしたw(ついでに、ミキシングも担当)
楽曲制作の全ての工程で大なり小なりコンプレックスを感じていますが、中でも特に、編曲とミキシング(&マスタリング)は苦手意識が強いので…なんとか頑張っています(苦笑)

そんな感じで、ブログ更新をしている場合でもないのですが、もう今年も終わり…おまけに、12月中は更新0の状態なのが辛抱ならないので(笑)、ちょっとした記事だけでもアップしておきますw
タイトルにもある様に、僕が今年度に導入したプラグインの中で「これは!」と思った製品を、ランキング形式で御紹介させて頂きます(笑)

※ルール補足※
・ジャンル毎にTOP3まで掲載
・前年度にノミネート(笑)されたプラグインは除外
・独断と偏見が多分に含まれる
・2014年にリリースされたプラグインのみ対象にしている訳ではなく、マサシが2014年に入ってから導入した製品が全て対象となる


BEST PLUGIN-2


コンプレッサー部門

1位 : Compassion / DMG Audio
dmgaudio_Compassion.jpg

マニアの間で絶賛のプラグインEQ『EQuilibrium』を始め、様々なハイクオリティー・プラグインをリリースしているDMG Audio。
この『Compassion』も例に漏れず、素晴らしいプラグイン・コンプレッサーです。

一言で言うなれば、超・多機能
コンプレッサーに必要とされる機能を網羅しており、最早「なんでもござれ」な逸品ですw
EQuilibriumがEQツクールなら、こちらはコンプツクール(笑)
出音自体は非常にクリアでソリッドな為、アナログテイストな音はやや苦手(頑張れば出来ますw)な印象がありますが、デジタル&クリニカルなコンプレッサーとしては最高峰でしょう!(`・ω・´)

MS処理も可能ですが、Mid/Sideを別々に設定出来ない点がやや不満。
マルチバンドも非対応。(別に良いけどw)
オーバー・サンプリング(OS)も搭載されているものの…通常モードの方が良い音に感じられるのが謎ですw(OS時は高音が鈍る?)
…とまぁ、不満点もややありますが(笑)、素晴らしいコンプレッサーには変わりありませんので、今回は堂々の第1位に決定です!(笑)

2位 : Dynamic Spectrum Mapper v2 / Plugin Alliance
dynamic_spectrum_mapper_v2_hires_01 (1)

やっぱり外せない!
革新的なメタモルフォーゼ・スレッショルド・コンプレッサー(命名:マサシ)、DSMが2位にランクイン!(笑)

詳細は個別レビューを参照して頂くとして、やはりこいつは素晴らしいコンプレッサーだと思います。
そこまで多機能ではないけれど、キャプチャ―機能は他のコンプじゃ代替が利かないので、依然として強い印象ですね。
そして、ダメ押しの出音の良さ!(笑)
極端に破綻しにくい為、元の音源を「整形」する事も可能であり、チート染みたポテンシャルの高さを感じますw
記事内で実験した「他人の曲のスペクトラム・カーブをキャプチャ―しちゃう」手法なんかも、結構使えますw
…ちょっとズルい気がしますけどねw(実際にはそうならないとしても、プライド的にw)
という事で、今年度の第2位はこいつで決定!(笑)


3位 : IQ-Comp V2 / HOFA-Plugins

iq_comp_ms.jpg

シャレオツなプラグインをリリースしているHOFA-Plugins。
最初は、そのあまりのシャレオツっぷりに圧倒され、何だか食指が動かなかったのですが…使ってみると、その使い易さ・音質の良さに虜になってしまいました(笑)

Compassionには及ばないまでも、MS処理・パラレルコンプレッション・GRリミット機能・サイドチェイン…等、機能の充実っぷりはなかなかの物。
むしろ、こちらの方がスッキリしている&MS処理がやりやすい分、使い勝手が良いですw
用途的には、バス or マスタリング用のコンプレッサーなため、アタック・リリースの限界値が低めに設定されているのがやや難点か。

出音は、これまた非常にクリア。
しかし、Compassionよりも柔らかいジェントルな音です(笑)
その中にも張りがあり、凛とした印象もあります。(Sonnoxをやや硬質にした感じ?)
このコンプの特徴を一つ挙げると、サイドチェインを用いた多彩なサウンドメイクにあるでしょう。
そして、驚異のオーバー・サンプリング×32モードでの比類なき高音質!(やめて!PCが死んじゃう!)
その性能の高さに敬意を払い、堂々の第3位にランクイン!(笑)


●総括
今年度の上位陣を見てみると…あれですね、基本的に高音質・高機能の物ばかりです(笑)
アナログ・モデリング系は用途が限定されやすい事もあって、上記の汎用性が高いコンプと比べてしまうと…となりがちな為、残念ながらランクインしませんでしたw
とはいえ、個人的には第3位にSoftube『CL-1B』を入れるか否かでかなり迷いました。
詳しはまた後日になりますが、こいつはアナログ・モデリング系にも関わらず汎用性が非常に高く、個人的にはお気に入りプラグイン5指に入る実力者です(笑)




イコライザー部門

1位 : EQuilibrium / DMG Audio
equilibrium.jpg

で、出た~wwwプラグインEQの決定版奴www
コンプ部門に引き続き、EQ部門でも1位になっちゃいました(笑)
このEQについては、様々なDTM系ブログで語られているし、正直、複雑すぎて僕はレビューを書けそうにもないですw
気になる方は「中川統雄のみみにっき」でお馴染み、中川さんのブログを御参照頂きたく存じます(笑)

兎にも角にも設定項目が多く、まさに”EQツクール”とは言い得て妙。
「もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」を見事に体現しているプラグインEQです(笑)
他の追随を許さない高音質に加え、CPU負荷も激軽。(設定次第では激重w)
MS処理・アナライザーも完備されており、正直、非の打ち所が無いんですよねぇ…マジで(笑)

出音はクリアでソリッド…と、Compassion同様、DMGらしい音です。
トランジェントが鈍りにくい点が素晴らしいですね。
強いて弱点を挙げるとしたら、中川さんのブログでも指摘されている様に「複雑過ぎる」「アナログテイストには向かない」「あくまで、プラグインEQとしては最強」な点。
まぁ、音質で言えば実機のマスタリングEQには遠く及ばないのは致し方ないとして、アナログ系の音には期待しない方が吉ですw
曲線セレクトに様々な名機達の名称が並んでいますが、あくまで「曲線をシミュレートしただけ」なので、サチュレーション効果は生じません。残念w
まぁ、それもやられたら本当に無双状態なので、まだ他社のプラグインにも救いがありました(笑)
そんなこんなで、マジ●チ高性能EQ『EQuilibriium』が堂々の第1位にランクインです!w


2位 : IQ-EQ V3.5 / HOFA-Plugins
IQ-EQ v3

またしてもHOFA!(笑)
多機能なデジタル&クリニカルEQ『IQ-EQ』が第2位にランクインです!

ぶっちゃけると、僕がHOFAを依怙贔屓している所がありますが(笑)…このEQは機能&音質が高レベルで纏まっており、妥当な評価だと思いますw(自己暗示で無い事を願うw)
昨今流行りの”何個でもバンドを追加できるタイプ”ではないですが、本来、そんな何個も必要ないので(笑)、この位の数が方が使い易いですね。

アナログモデリング的な機能も無く、完全にデジタルEQ。
アナライザー装備・MS処理対応はもちろんの事、このEQは全てのバンドをダイナミックEQとして動作させる事が可能です。
ダイナミックモードでの設定も細かく追い込める為、色々な処理が可能。

音質に関しては…HOFAのキャラクターなのか、クリアで柔らかく、且つ、どこか凛とした張りがある音です。
特に、低域ブーストはガッチリとした音がします。
ミドルはやや軽めで密度感が足りない気がしますが、ハイは綺麗に持ち上げてくれます。
こちらもIQ-Comp同様、驚異のOS×32モードで動作させる事が可能なので、緻密なマスタリング作業にも対応してくれますw(クソ重い)
音質面で言えばEQuilibriumには及びませんが、ダイナミックEQモードが搭載されているので、また一味違う処理が可能な点が魅力的!
ディエッサ―兼コンプ兼EQみたいに、一つで何役もこなせる優秀なプラグインですw


3位 : Redline EQ / 112db

Redline EQ

EQ部門3位は非常に迷った…(苦笑)
性能的には「bx_digital v2」が2位か3位に入ると思うのですが、残念ながら導入したのは去年なので除外対象。
その他にも「TranQuilizr」「Epure」「REDD Console」「Master EQ 432」「Passeq」「PSP Neon HR」等々…様々なEQが候補に挙がっていたのですが…機能面・多様性を考慮した結果、112db『Redline EQ』が3位になりました(笑)

さて、このRedline EQは何が良いのかと言いますと…バンド数は固定ながら、アナライザー装備・MS処理・ダイナミックEQ・リニア/ノンリニアの切り替え・サチュレーション付加…といった豊富な機能が魅力的
おまけに、イコライジングによって増減した音量を自動で一定に保つ機能も搭載されています。
様々な名機達のEQ曲線・サチュレーションがシミュレートされており、多彩な音作りが出来る点も素晴らしいですね。

欠点…と呼ぶ程ではないですが、上記2機種に比べて音質・過渡特性(トランジェント)・密度感が若干劣るのがネックでしょうか。(OSも無し)
特に、リニアフェイズモードではかなり音が鈍りますw
まぁ、それもアナログサチュレーションでかなり補える事もあり、使い方次第ではマスタリング用途も可能かと思います。
とはいえ、基本的には味付け系EQとして魅力的ですので、トラック・バス用途で大活躍するEQでしょう!
IQ-EQほどの細かい設定は出来ないものの、ダイナミックモードも搭載されているので、1つで何役もこなせますw


●総括
やはりこちらも、高機能・高音質系が強いですね(笑)
マスタリングクオリティーまで考えると、詰まる所EQuilibrium一強に近い感覚もありますが…まぁ、他の2つもかなり健闘しておりますw
ここには挙がらなかったですが、『TranQuilizr』もクオリティー&コストを考えると素晴らしいプラグインですし、(本来は違うけどw)一点特化型の『Passeq』なんかも、用途に依っては無類の強さを誇ります(笑)
ランキングという形式上、万能系が上位に来るのは仕方ない…と強く実感させられた良い機会でしたw




サチュレーター部門

1位 : Channel X / Lindell Plugins
ChannelX.jpg

……・えっ?何?ズルい?(´・ω・`)
いや、確かにこれはチャンネル・ストリップなので狡いのは分かってますけど(笑)、「6X-500」単体で通すか、「Channel X」で纏めて通すか、でかなり音が違うんですよ…。
だから、ね…?ここは穏便に済ませましょう(笑)

やはり、こいつのアナログ・サチュレーション効果は素晴らしい!
詳細は個別記事を参照頂くとして、汚すぎず・物足りなさ過ぎず(?)、豊潤な音がしますw
Slate Digital諸作の様な「ガリガリ!シャキーン!(`・ω・´)」とした感触はありませんが(笑)、好きな人は病み付きになる音ではないでしょうか?
実際にマイクを通した音にはそれほど必要無いかもしれませんが、打ち込みのソフトシンセにはこれを通さないと物足りなさすら感じますw
敢えて6X-500の機能に限定しても、フィルターやパッシブEQの効きが良いので、軽くハイをブーストしておくだけでも大分仕上がりが変わります。
とにかく、僕は大好きなプラグインですので…今回の1位は『Channel X』に決定!(笑)


2位 : MH Character / Metric Halo
Character1_599x456 (1)

このブログでは初めて名前が出たMetric Haloのプラグイン。
ぶっちゃけると、見た目がちゃっちいので侮っていましたが(笑)…これは良い物だ。(迫真)

サチュレーション効果自体は、かなり控え目です。
選択したキャラクターによっては強く掛かるものもありますが、基本的には「んっ?これ掛かってんの?」と疑うレベルの微細な変化です(笑)
コンソール・エミュレーター系に近い感覚ですね。
何が良いのかと言いますと…”わざとらしさ”が薄いんですよね、これw
音の選択肢が幅広いのに加え、操作も簡便ですので、サチュレーター系プラグインとしては必要十分。

「サチュレーター=チューブ(真空管)」指向が強い気がしますが、こちらはソリッド・ステートやトランス、マイクプリ等の歪みがシミュレートされているのもポイント高し!
輪郭が滲みにくく、キリッ!(`・ω・´)とした音が魅力的です。(むしろ、輪郭が僅かにシャキっとしますw)
個人的には、この厭らしさの無い音が好みだったので、今回の2位に据えさせて頂きました!おめでとう!(笑)


3位 : Redline Preamp / 112db
Redline Preamp

その筋で絶賛されている、112dbのプリアンプ・プラグイン『Redline Preamp』。
112dbはスキン(GUI)を2種類から選択可能で、ここに載せてあるのはカッコいい方のスキンです(笑)

こちらのプラグインは…真空管サチュレーションを付加してくれるタイプですね。
画像中央上の真空管の光り具合で、どのくらい掛かっているかを目視出来ます。
Redline Preampの魅力は、様々なサチュレーションを再現出来る点です。
ドライブ量はもちろんの事、ロー・ミドル・ハイの3つの帯域に分けてサチュり具合を調整可能。
果てには、Mid/Sideどちらかのみにサチュレーションを掛ける事も可能であり、音作り系サチュレーターとしてはかなり優秀です!
おまけに、CPU負荷もとても軽いですw
プリセットが豊富に用意されているので、好きな物を選んでパッと音を変えるられるイージーさも魅力ですね。

…なのに、何故、簡素なMH Characterよりも下の順位なのかと申しますと…
単なる音の好みの問題です(笑)
機能性に関してはこちらが圧倒的ですが、こちらはちょっと音が滲みやすいんですよね…。
質感もかなり良いのですが、全トラックにRedline Preampを掛けるとボワボワしやすいのが少々ネックでした(´・ω・`)
もちろん、それも設定次第で如何様にも出来ると思うのですが、少々面倒な感も否めず…(苦笑)
いっそのこと、マスターやバス(orステム)に一括で掛けてしまった方が良い気もしますw
ともかく、個人的にはMH Characterの音質の方が好みだったため、この様な順位に落ち着きました(笑)


●総括
サチュレーション部門とか言っておきながら、ほとんどがマイクプリのモデリングばかりになりました(笑)
この分野は音質によって、かなり好みが分かれそうですw
「一強」とされるプラグインがほぼ無い分野でもあるので、ここで高評価した物が必ずしも肌に合うとは限らないでしょう。
もちろん僕も色々なメーカーの物を使い分けるので…あまり意味が無いランキングだったかも…(笑)
ランキングには入っていませんが、Sound Toys『Radiator』もオススメです!(`・ω・´)b
…あっ、そういえば…一強とは言えないかもしれないですけど、Wave Artsのアレがありましたねw(今回は除外対象)



空間系部門

1位 : Perfect Storm / 2CAudio
2C_ThePerfectStorm_250_Home.jpg

…………ごめんなさい。この選び方はズルいと言われても仕方ないですね(苦笑)
こちらの『Perfect Storm』は、2CAudioがリリースしているリバーブ・プラグイン全部入りのバンドルです。
纏めて1位にするのは卑怯だと思いましたが、単体にすると…他のが入り込む余地が無くなってしまうため、こうした手段を取らせて頂いた所存です(笑)

収録プラグインは、アルゴリズム系最強の『B2』・美し過ぎる『AETHER』・軽量版の『BREEZE』の3種類。

B2は各所で語られている様に、アルゴリズム系リバーブでこいつに敵うプラグインは他に無い!と断言してしまえるくらい、素晴らしいプラグインです。
非常に重厚ですw(色んな意味でw)

AETHERは、2CAuido最初のプラグイン。長老。(5さい)
B2とはまた毛色が異なり、スピリチュアルな残響が美しいです(笑)

BREEZEは…これ、B2のシングルコア版?なのかな?
B2の鬼畜オーバー・サンプリング(笑)は搭載されていませんが、負荷・音質を考慮すると、最も使い勝手の良いリバーブです。
ミックス用はBREEZEで必要十分でしょう!

…とまぁ、どれも素晴らし過ぎて、バラにしたらランキング占拠されちゃいそうです(笑)
実際にデモ版を使って頂ければその性能の高さが分かるかと思いますが、こいつらの一番の良さは詰まる所、「深く掛けても、輪郭が滲まない」事に尽きるかと思います。
そして、残響音の美しさ!重厚さ!これはもう病み付きになるでしょうw
欠点は、「パラメータに意味不明な物が多い(笑)」「CPU負荷が高い(OS×4時は鬼畜)」ことです。
BREEZE以外はミドル~ハイスペックPCでないと、使い物にならないかもしれませんw
まぁ、色々と難点もありますが、素晴らしいリバーブ・プラグイン達。
堂々の第1位に決定!(笑)


2位 : REmatrix / Overloud
Overloud_REmatrix.jpg

BREVERBで有名なOverloudが放つ、最新のコンボリューション・リバーブです。
一つのプラグイン内に複数のIRデータを読み込んで、今までにない残響を生成出来る驚異的なツール!

なんだか変わり種っぽい印象のリバーブでしたが(笑)、これが使ってみたら素晴らしいの一言!
IR系のスタティックな残響に、最終段でBREVERB譲りのアルゴリズム系残響を加えることが可能。
その他にも、モジュレーション・ディレイ・ドライブ・コンプ・EQといったエフェクトも1台で全て賄えます。
音に関しては、2CAudio諸作の重厚さと比べると、軽やかで爽やかな音です。(安っぽさはなく、品が良い音)
音も軽めですが、これだけの事が出来る割に、CPU負荷も軽いです(笑)

ミックスにおいて、リバーブは何種類か用意するのがセオリーですが…REmatrixがあれば、他に何個もリバーブを用意する必要がない程に便利です(笑)
強いて欠点を言うなら、2CAudioの持つ「重厚さ」が足りないことくらいですね。
その点、今回の1位と2位は上手いこと住み分けが出来ていますw
CPU負荷の点を考慮すると、人によってはこれを1位に据えるのでは?
僕は2CAudio信者と化したので、1位は不動でしたが…(笑)


3位 : IQ-Reverb / HOFA-Plugins
IQ-Reverb.jpg

ま~た出たよ(笑)
HOFAが放つ、変な見た目のIR系リバーブ『IQ-Reverb』です。

正直、IR系リバーブってあまり好きではなかったのですが…REmatrixとこいつは認めます(笑)
こちらはREmatrixと異なり、組み合わせは出来ない普通のIR系リバーブなのですが…視覚的に非常に分かりやすいのがポイントです。
EQ・モジュレーション・ゲート・残響のフェードアウト・残響のリバース(反転)…等、普遍的な物から特殊な効果まで様々なエフェクトを搭載しており、一風変わった残響を作りだす事が可能です。
個人的に面白いと感じたのは、「残響のポジション」を設定可能な点!
LRの残響をそれぞれ前後に移動させられる為、奥行きを作りだす際に非常に重宝します。
これ、なかなか革新的だと思いました(笑)

音に関しては、非常に濃厚!
ネットリネバネバしており、アナログやヴィンテージ臭がする音です(笑)
2CAudioともまたキャラクターが異なる為、時にはこっちで重厚感を出すのもOKですw

プリセットがやたら豊富に用意されており、「この残響はこの楽器に向いてるよ!」とジャンル分けされていたり…その親切な設計に思わずニッコリ^^
IR系とは言え、色々と弄れるのでスタティック感が薄いのもグッドですw
IRデータを読み込む際に数秒掛かる時がありますが、基本的に負荷が軽い(REmatrixと同じ位)のも素晴らしい!
ただ、汎用性ではREmatrixには一歩及ばない為、今回は3位に落ち着きましたw
でも、おめでとう!(笑)


●総括
今年度は、リバーブに対する関心度が飛躍的に上がった年だった気がします(笑)
今までは「リバーブなんざ何でもいいよwそれこそDAW付属でいいよw」と思っていたのが大間違いだと実感しましたw
リバーブにお金を掛ける事には(何故か)抵抗があったのですが、ミックスでは必ず使うエフェクトなので、むしろここにお金を使う方が、結果的に良いんですよね。
今回、ランキングに挙げたプラグイン達は末長く使っていける物ばかりなので、今後はこれらの研究に没頭しようと思います(笑)
ディレイに関しては、未だに無頓着な状態ですが…これも良い物は全然違うのだろうか…(´・ω・`)
オススメのディレイ・プレグインがありましたら、ご教授お願いしますw





以上、2014年度BESTプラグイン・ランキングでした。
…”ちょっとした記事”のつもりだったのに、ガッツリ書いてんじゃねーか…www
いやー、REAL FORCEは打ち心地が良過ぎて、ついつい書いちゃったなー。(棒読み)

予め言ってましたが…改めて見ると、やはり偏見が多分に含まれたランキングになった感がありますw
特に、サチュレーター部門なんかは完全に好みの世界です(笑)
その他の部門においても、出てくるメーカーが大体同じ所だったりと、偏りが大きいですね。(DMG強過ぎw)
あとは、HOFAと112dbが多いですね。
僕が大好きなPlugin AllianceはDSMのみになっていますが、これは主力部隊のほとんどを昨年に導入したのが原因ですw
もし今年度に導入していたら…激戦区になっていた予感(笑)

そんなこんなで、あまり毒にも薬にもならない記事でしたが、いかがでしたでしょうか?w
予定よりも長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m

あっ、今年は大変お世話になりました!
また来年もよろしくお願い致します!(^ω^)
良いお年を!(笑)

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

14 Comments

中川統雄 says..."こんばんは"
いやぁ、この手の記事は最高ですね、面白い!
まさしさんのオススメでちょっと前DSMを買いました。これは確かに音良いですね。
なんと言うかこれを刺すと「始めからこんな音だった」ような錯覚を起こしますね。
で、バイパスすると凄く寂しい音がする、そんな感じ。
自分はまだ使いこなせていないので来年のランキングに入りそうかな(笑)
そうそう、来年確実に入りそうなのが「Essence」(またDMG)
これも謎プロセッサーですね。一応ディエッサーなのに、なんだかマスタリングやドラムの音作りにとっても良いんですけど・・・

最後に纏めますとHOFA買え!って事なんですね。
2014.12.29 23:32 | URL | #62QKo57c [edit]
マサシ says..."Re: こんばんは"
>中川さん

コメント、ありがとうございます!
誠に勝手ながら、EQuilibriumの欄で中川さんのブログへ誘導する様に書いておりましたが…大丈夫でしょうか…?
まぁ、毎度の事なんですけど…(笑)

あぁ、そういえばDSMをご購入されたらしいですね!(ツイッターで見ましたw)
最近、あれはマルチバンド・コンプというよりも、仰る通り「始めからこういう音です」に作り変えてしまう兵器に思えてきました(笑)
バランスを崩したくなかったら、そのままキャプチャ―すれば良いし、シャキッ!とした音にしたかったら積極的にバランスを変えてしまえば良い。
音質が良いから、そういった事を割と平気で行えるプロセッサーですねw
どのくらい無茶が利くのか、色々と実験してみます(笑)

DMG、いつの間に新作を…!!w
このコメントを読んで、ダッシュでデモ落としてきました!(笑)
ふむふむ…なるほど、分からんw
とりあえずディエッサ―としての使い方は分かりますが、「2mix中からスネアやキックを抜き出す」的なプリセットもあったりで…本当、何なのこれ…w(驚愕)
マジで謎プロセッサーですねw
とりあえず、現時点での評価は「bx_refinementよりも有能であろう」です(笑)
これは買い…ですかね(キリッ

HOFAはですね…中川さん的にはどうかな?と思う所がちょくちょくありますw
IQ-EQは密度が若干薄いので、イクイリちゃんがあれば必要なさそうですw
ただ、最大6バンド・ダイナミックEQとして動作させられる点は優秀。(そんなに使わないけど…w)
IQ-Compは個人的にかなり好感触でした!
ここには出てないですが、IQ-Limiterという最新プラグインは…まぁまぁ良いです(笑)
ちょっと圧迫感が強めなので、合う時は合う感じのリミッターですw

2014.12.30 01:01 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.12.31 13:26 | | # [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>えとーさん(名前を表示しても良かったでしょうか?w)

コメント、ありがとうございます!
お久しぶりです!(笑)

御拝読、ありがとうございます!(^ω^)
いやぁ、今年も大量に入荷してしまいました(笑)
特に、ここ最近の黒金~クリスマスセールでかなり増殖した感じですw
今ではマニア向けプラグインに関心が移り気味ですw

DMGはGUIが全くと言っていいほどそそらないのですが(笑)、性能はやはりダンチで良いですね!
色々と煩雑さはあるものの、普通に使う分には割と手軽なので…GUIには目を瞑りましょうw
しかし、イクイリはともかくとして、Compassion(愛称:思いやりさん)はガチでダサいですね(笑)
あっ、Fabfilterはちょうど昨日導入しました(笑)
先程、アクティベートが済んだ所ですw
ここのは全般的に「あざとい」音がするので好きじゃなかったのですが、音質的な劣化がほぼ皆無なのが素晴らしいですねw(掌返し)
これはかなり使えそうな予感がしています(笑)

DSMは良いコンプです!(`・ω・´)b
EQ的な側面も強いので…コンプというのか、トーン・シェイパーに近い物を感じます。
ちょっとバランスの悪い音源も、DSMで整形出来てしまうのが卑怯ですw
112dbは前々から狙っていたので、黒金の時に思い切って購入してしまいました(笑)
DMG程の突き抜けた性能は無いのですが…トラック味付け系と割り切れば、かなり良いプロセッサー達です。
なによりここのは、GUIが最高にカッコいい!w
Redline系は特にカッコいいので、ついつい挿してしまいます(笑)
その他にも、Lindell・REmatrix・HOFAなどのマイナー系?の評価が急上昇した年でしたね~。
ちょっと探せば、有名所以外にもハイエンドなプラグインが跋扈していますw

ディレイはやはりSound Toysのやつですか…。
個人的には、PSP 42がアナログ系ディレイとしてはかなり好感触でした。
あっ、Fabくんにもディレイってあったんですか?w
ちょっとチェックしてみます(笑)
ディエッサ―では、最近リリースされたDMG『Essence』が素晴らしいです!
bx_dynEQ&SuprEsserの2強の印象がありましたが、こいつが一気に頂点に立ってしまった感すらします(笑)

いえいえ!いつも御拝読&コメントして頂き、ありがとうございます!
今年はお世話になりましたm(__)m
また来年もよろしくお願いします!(^ω^)
2014.12.31 15:47 | URL | #- [edit]
says...""
これはこれは・・・なんとも購買意欲をそそられる記事ですねw
いやあこの記事読んで、そして今回のPAクリスマスセールでついにDSM購入しましたw
使う機会というか曲を作る時間ができるのはもう少し先になるのでまだ試せませんが、早く使ってみたいです!(`・ω・´)

最近はプラグインを買いすぎた・・・
2014.12.31 21:36 | URL | #- [edit]
たか says...""
いつも参考にさせてもらっています。
WavesやMaagEQ4を買うときには参考にさせてもらいました。
また来年もちょくちょくのぞかせてもらいますね。

T-Racksシリーズのレビューも是非やってください。
IKのモデリング技術って、ここ数年で飛躍的に上がったように思えます。
NEVEやAPI、EQ432などはもちろんチェックされてるでしょうから、期待してお待ちしてます。笑
2014.12.31 23:49 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
コメント、ありがとうございます!

あれ…?今回の記事は、あまり他人の購買意欲を掻き立てない様に配慮したのですが…?w(嘘)
やっぱり、今回のクリスマスセールでDSMを購入される方が多いみたいですね!
僕が「DSM良いよ!凄いよ!」と煽った効果があったのか…?(笑)
慣れないとなかなか使い所が分からないツールではありますが、使い方が分かってくると、チート染みた効果が得られるプラグインですので、是非!w

僕もこの黒金~年末辺りでドカドカ買ってしまいました…(苦笑)
流石にここからはセールも落ち着くと思いますので、自粛しようと思いますw
2015.01.01 00:14 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>たかさん

はじめまして!
コメント、ありがとうございます!

ブログをご覧頂き、ありがとうございます!
最近のグループバイでT-Racksモジュールをコンプリートしたので、旬が過ぎないうちに記事に纏めたいと考えておりますw
数が多いので、全部纏めて記事にする予定です(笑)
とりあえず、近いうちには予定しておりますが…いつになるかは未定ですw

正直、T-Racks3の段階では「お値段なり」の印象でしたが、仰る通り、ここ最近のモデリングは目を見張る物がありますね!
NEVE・API・SSL・EQ432…どれもこれも、コストパフォーマンス以上の性能だと思います!
記事にする時は、他社のモデリングとの比較等も交えて纏めようと考えておりますので、御期待ください!(笑)

2015.01.01 00:24 | URL | #- [edit]
素人 says...""
楽しく記事を拝見させてもらっています!

HOFAというプラグイン初めてききました・・・。
ダイナミックEQを探していたのでとても助かりました!
マサシさんのブログは目から鱗なマイナーで良質なプラグインをわかりやすく紹介してくれるのでかなり勉強になります。

今の私のマイブームは「NEBULA 3」です。
マサシさんはすでにご使用されているかもしれませんが、私的に今年一番ビックリしました。
難しいことはわからないのですが畳込み式演算とやらを使用して高価な実機を再現するIRを販売しているみたいです。
コンソールシミュとして「NEVE、API、SSL」のIRもありますし、1176や1073とかとにかくたくさんIRが出ております!
中でもテープのSTUDERのIRがあるのですが「UAD vs NEBULA」と比較されるほど音がいいみたいですよ!
NEBULA3 PROが14000円ほどでIRは単価3000円くらいなので手が出しやすかったです。
でもかなり重いし動作がすごく不安定です・・・。NEBULAが出た当初はPCも追いついていませんでしたから有名になることはなかったみたいです。
2015.01.01 00:28 | URL | #- [edit]
マサシさんの追っかけ says...""
こんにちは、楽しくこのブログ読ませてもらってますww
2013年版のプラグインランキングが見たくなったのですが、どこにいったのかはたまた無かったのか、見つかりません…ww
よろしければ過去のランキング記事へのリンクを教えて貰えないでしょうか…!
あけましておめでとうございます!
2015.01.01 11:50 | URL | #r9Rzo7k2 [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>素人さん

はじめまして!(^ω^)
コメント、ありがとうございます!
中川さんの所で、コメントされていた方でしょうか?(人違いでしたら、申し訳ありません…w)

HOFAはあまり馴染みがないメーカーかと思いますw
僕もJRR Shopで売られているのを見掛けるまで、全く知りませんでした(笑)
ダイナミックEQ的には、bx_dynEQの方が操作性は簡便ですが…IQ-EQの方が細かく調整が出来ます。
音質に関してはどっこいといった印象ですが、「元々こういうバランスだった」かの様に錯覚させる力(?)はbx_dynEQの方が上手ですw
個人的には、IQ-EQの方が一つで何役もこなせる便利さがあるので、オススメしたい所ですw(HOFA信者)

『NEBULA 3』の存在は知っておりましたw
…が、Acustica AudioでのDLの仕方が分からない&どういうプラグインかイマイチ分からない…で、ずっと手付かずの状態でした(笑)
なるほど!IRデータを読み込んで使うタイプでしたか!
Focusriteにも似た仕様のプラグインがあったかと思いますが…こちらの方が凄そうですねw
しかも、お値段もリーズナブル!
このコメント頂いて、昨日からAcustica Audioに入り浸っているのですが…結局NEBULAではなく、Aqua Pluginsの『RAINBOW』バンドルを衝動買いしてしまいました(笑)
知らない間に随分とラインナップが増えて、AD2055やMassive Passiveやらのモデリング(IRデータ)プラグインが出ていたので、辛抱堪らず…w
こちらも早速色々と実験していますが、素晴らしい音ですね!
…ただ、やはり動作が凄い不安定な所が残念です(苦笑)
これ、それなりのスペックのPCじゃないと使い物にならないですねw(僕は大丈夫でしたがw)
情報提供、ありがとうございます!
また、何かオススメがありましたらご教授願います!m(__)m
2015.01.01 19:37 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>マサシさんの追っかけさん

はじめまして!
コメント、ありがとうございます!(`・ω・´)
…なんだか、返信用に名前を記載するのがとても恥ずかしかったです…www
でも、嬉しいです!ありがとうございます(笑)

ブログをご覧頂き、ありがとうございます!
2013年版のランキングというのは、個別に記事にしている訳ではなく…Plugin Alliance『Alpha Compressor』の項の最後にチョロっと記載しただけなんですw

http://masashi365.blog.fc2.com/blog-entry-64.html

ご覧いただければお判りかと思いますが、コンプレッサー限定でのランキングです(笑)
この段階では1位が???になっておりますが、ここにはPlugin Alliance『VSC-2』が入ります。
余談ですが…この時1位のVSC-2は、全てのプラグインコンプを対象にしても未だに1位です!(笑)

あっ…遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!w
今年もよろしくお願いします!m(__)m

2015.01.01 22:41 | URL | #- [edit]
やまちゃ says...""
最近またマサシさんのプラグインレビュー記事を読み返してるんですけど、Lindellが欲しくなってきますw
ついでその開発元のLSR Audioのものまで気になり始めましたw
でもまだまだ使い込んでみないといけないプラグインがあるのでしばらく買わないかも・・・いや買うかもw

あと、勝手ながら私のブログの右側のリンク一覧にマサシさんのブログを追加させていただきましたm(._.)m
2015.01.28 10:01 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>やまちゃさん

コメント、ありがとうございます!

Lindell、個人的にはかなりお気に入りですw
万人に勧められる物ではないかもしれませんが、デモってみて気に入ったなら買っても損は無いと思いますw
LSR、安いのに良い音ですよね!
私見では、Slate Digitalの音に少し似ている気がします(笑)

ブログへリンクを貼って頂き、ありがとうございます!(`・ω・´)
僕の方も後でやまちゃさんのブログへのリンクを追加しておきますね!
今後ともよろしくお願いしますw
2015.01.31 08:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/96-192ddf94