SPL 『Crimson』 ※2014/9/4 追記※

どうも、マサシです(`・ω・´)
すっかりブログを放置状態にしてしまいました(苦笑)
なかなかプライベート(仕事)が忙しくて、ブログの更新をしている暇が無くって…で、休日は休日でダラけてしまっていまして…w
こんな不定期更新のブログでも覗きに来て頂ける皆様、ありがとうございますm(__)m

あっ、そうそう。
新曲ではないですが…過去作をリメイクしてみました(`・ω・´)
原曲はこんないなたい感じでしたが(笑)、リズム・譜割の変更でシャレオツになった気がします(笑)


DIVER
作詞・作曲・編曲:マサシ

朽ちた都市とDJ不在のラジオが
文明の形見になった時
僕は海に舟を浮かべて暮らそう
君の事を 忘れるまで

ラジオノイズ 風の音
君の声が聞こえそうな時は
深く、深く潜ろう
身体が軋むほど深く
深くまで


さて、今回もPlugin Allianceのプラグインを…
ご紹介させて頂こうかと思っていたのですが(笑)、割り込みで違う物を取り上げさせて頂きますw
という事で今回は、つい最近購入したばかりの新・Audio I/F、SPL(Sound Paformance Lab)Crimson(クリムゾン)』をご紹介させて頂きます!(`・ω・´)

crimson__web_spiegel_1500.jpg

ハイミドルクラスAudio I/Fの考察&Crimsonを選んだ理由(笑)

※Crimsonの製品レビューはかなり下の方になります。結構どうでも良い内容なので…必要無い方はお手数掛けますが、下までスクロールしてください(苦笑)

いやー…正直に言いますと、別に今までのUR28Mに何の不満も問題点も無かったのですg…いや、問題点は多少ありましたけど(笑)、全く異常もなく良い音質で満足していましたw
しかし、どうも最近モチベーションが上がらず、何か起爆剤になる様な要素が欲しかったのです(笑)
プラグインは確かにモチベーションを上げてくれるものの、こう、持続性?みたいなのがいまいちなので(笑)、様々な要素を鑑みてモチベーションが上げつつ、尚且つ、長期に渡って活躍するであろう物…という事で、Audio I/Fを買い替える事に決めました!w

それで、UR28Mのランク(価格帯)を考えると、同価格帯の物を狙ってもあまり意味がないので(恐らくUR28Mはその価格帯では最良?の選択肢になると思いますのでw)、5~8万円を目途にハイミドルクラス(?)を物色してみました。
ハイミドルクラスのモデルは「性能+α」という機種が多く、音質的にはミドルクラス(2~3万円辺り)と大差無いという意見も訊きます。
僕もなんとなくそんな気配を感じてはいたものの(笑)、少しでも再生&録音の音質が上がるなら…と思うと、どうにも物欲が抑えられなくって…ヘケッwww
そんなこんなで、とりあえずハイミドルクラスの有名(人気)所を挙げると…

RME / Babyface (70000~80000円位)
Babyface.jpg


まぁ、こいつが一番人気?かと思われますw
当初、僕もBabyfaceをずっと狙っていたのですが…各所のレビュー・YOUTUBEでの音質テスト動画・ブログ仲間の中川統雄さんのお話・etc…等の意見を考慮した所…結局、保留に(笑)
もちろん、人気機種だけあってドライバの安定性は素晴らしい様なのですが…音質が好きになれるかどうかで、賛否が分かれる印象ですね。


Apogee / Duet 2 (60000円位)
Duet.jpg

恐らく、Macユーザーだったら第一候補になるであろう、人気モデルです。
デザイン・AD/DA(入出力の音質)の良さに定評がある様で、Babyfaceよりもこちらを買った方が良い!という意見もちらほら(笑)
……まぁ、僕はWindowsユーザーなので、余裕の候補外(笑)
Macだったらこれを買って…いや、それならちょっと奮発してでもApollo Twinを買ってましたねw



Forcusrite / Forte (50000~55000円位)
focusrite_fortea.jpg

そして、僕が第一候補にしていたのが、このForteです。
値段が上記2つに比べて一回り安いですが、Windows対応&AD/DAが素晴らしいとの評判だったので、「もう、これに決定じゃね?」と考えていましたw
同社のマイクプリアンプ『ISA One』をまた少し前に購入していて、Forcusriteの音質には絶大な信頼を寄せている僕(笑)としては、Forcusriteで統一したかった…というのもありますがw(ISA Oneについては、また後日w)

しかし、こいつには弱点があります。
僕はモバイル用途は狙っていないのであまり気にしていませんが、USBバスパワー駆動では大きな制限を受けます。(電源を併用する事で、機能をフル活用可能になる)
まぁ、僕は「それでも別に構わないけど」と思っていたのですが…?w




この3機種(実質2機種)でずーっと悩んでいたのですが、BabyfaceにしろForteにしろ、何か腑に落ちない思いがありました。
その原因は、主に二つ!(笑)

①これらは全て、”モバイル+高音質”を謳っているモデルである。
 →外に持っていく用事はないんスけど…(笑)
②モバイル用途特化に伴い、据え置き型のUR28Mと比べ機能的に劣る。
 →3.5mmステレオジャック接続使用不可(iPodやスマホを繋げない)・ヘッドフォンジャックは一つのみ・つまみ一つでの操作を前提に作られており、やや操作が煩雑な感が否めない…(笑)


デザイン的には洗練されていて、お洒落なのは大変よろしい!のですが(笑)…個人的には、UR28Mの様なコンソールを模した据え置き型が欲しかったんです。
要は、音質がアップグレードしても、機能的にダウングレードするのが腑に落ちなかった訳ですね(笑)



と言う事で、同価格帯で据え置き型は無いかなー?と探してみたところ、2件ほどヒット!

Audient / iD22 (80000~85000円位)
id22_A.jpg


と、

SPL / Crimson (85000円前後)
Crimson Show



の2機種です。
据え置き型になると、途端に値段が上がりますね…w
機能的に上記のモバイル系よりも優れていますが、AD/DAの性能は同等~少し上くらい?かと思われますので、ハイミドルクラスに分別されると思います。
双方共、今年(2014年)になってから国内販売開始された最新機種です。(iD22が4月、Crimsonが1月)
発売されて日が経っていない&お値段の所為か、国内のレビューをとんと見掛けません(笑)
海外レビューは何件かありますが、英語ェ…な状態で、ますます手が出し辛い状況w

一応、Google Chromeは(大雑把なw)翻訳機能が付いているので、それを頼りに調べてみた結果&私見を交えて特徴等を列挙しますと…

●iD22
・Audientは英国のコンソール・マイクプリ等の開発に携わっている会社で、その音には定評がある。
・iD22にもそんな彼らの技術が集約されており、音質には自信あり!とのこと。
内蔵マイクプリの音質は生音向けらしく、アナログ感のある音らしい
・ヘッドフォン・スピーカーOUTもまた、生音を再生するのに向いているっぽい。噂によると、ヘッドフォンとスピーカーの出音がかなり似た音になる様に設計されているらしく、双方の出音の違いを意識せずにモニタリング出来る…のだとか。
・専用のミキサー・ソフトウェアが付属。

●Crimson
SPLはドイツのアウトボード・メーカー。僕が依怙贔屓しているPlugin Allianceにも加入しており、プラグインもリリースしている。(←ここ重要w)
・安物の部品?うちはそんなの使いません!高音質&高機能ながら低価格(←!?)の自信作です!
・事前調査の結果、実際、音質はかなり良いらしい。Duet 2等やRMEの上位機種(UCXとか)にも劣らないとか…?
ただし、レイテンシーがやや気になるとの意見も…。
・付属ソフトウェアは無し。
・ついでに、PCと接続するためのUSBケーブルも無し。その理由は「お前ら、それくらい持ってるだろ?」とのこと(笑)


…と、ザッとこんな所でしょうかw
なんか、この説明を見るにCrimsonの胡散臭さがヤバいですね(笑)
これだけを見て判断すると、iD22で安定な気がしますが……何故、僕はCrimsonを選択したのか?w

流石に御託が長過ぎて、肝心要の製品レビューになかなか入れないので(苦笑)、Crimsonを選択した理由を箇条書きでパパっと書いていきますw

・スピーカー&ヘッドフォンの出力端子が2つあり、それぞれを独立して操作可能。
・iPodやスマホといった携帯音楽プレーヤーを接続可能な3.5mmステレオ・ジャックを装備している。
・MIDI入出力が付いている。
・見た目がカッコいい。(迫真)
・贔屓しているSPLが出している。(重要)
・保守的な僕ですが、たまにはギャンブルしたかった。(ドM)


…以上が主な理由になります。
下から3つくらいはどうでも良い理由ですが(笑)、出音端子の数・3.5mmステレオジャックの存在が大きかったですね。
これらはUR28Mで散々お世話になっている機能なので、ここはなるべく妥協したくなかったのです(´・ω・`)
結果的に、UR28Mから機能的にダウングレードせずに、音質アップを図ろうと思うと、Crimson一択となる訳です(笑)
と言う事で、なんか色々と心配ですが…Crimsonを購入を決定しました!www

☆コラム:Crimsonを少しでも安く買っちゃおう!(笑)☆
最初、Amaz●nや楽●でCrimsonを購入しようと思ったのですが、やはり85000円は高い…。
という事で、なんとか安く買えないかと調べてた結果、最終的に65000円(20000円も安い!)で購入する事が出来ましたw
JRR SHOPやAudio Deluxe、Vintage King Audio等の海外の代理販売店を使えば、送料が結構掛かっても、本体価格自体は50000円台で売られていたりします。(国内販売価格、高過ぎぃ!)

色々と回って調べた所、本体価格の最安価は恐らくAmazon UKです。(53000円位?)
しかし、「日本?そんな辺境の島国へは送れないよ~!(笑)」と言われてしまったので(苦笑)、次に安く、かつ信頼出来そうなサイトを模索した結果、Juno Recordsに落ち着きました。
本来はダンスミュージックの販売を主にしているサイトですが、商品数は少ないものの、一応DTM関連の機材も取り扱っています。
RMEの製品も取り扱っているので、ここを利用すれば日本よりお安く買えますよ!w

配送方法が2つの中から選べまして、僕は今回、安心・安全・速達の高い方を選択しました。(送料だけで7000円も掛かったけどw)
安い方は4000円位でしたが、荷物の追跡不可・いつ届くか予想できない・下手したら世界一周してどこかへ消える(笑)という噂を聞いたので、保証費だと考え、高い方にw
結果、注文してから3日後(火曜日に注文→金曜日に到着)に家に来ました。早いっすねw
無事、65000円(送料込)でCrimson入手です!(笑)

…と思ったら、関税やら何やらで「3000円寄越しな!」と言わんばかりに振り込み用紙が来たので、結果的に68000円でした(笑)
あれ?今の所、国内最安価が72000円位だったから…あんまり変わんねぇぞ…?w

SPL 『Crimson』

ようやく製品レビュー(笑)
せっかくなので、開封の様子からお見せしますw

●届きました!Oh、まるでゴミ袋!結構重いです!(笑)
Crimson 小包


●出ました!箱が所々凹んでますね!おまけにちょっと汚い!(笑)
Crimson-Box-large.jpg


●開けました!中身は無事です!と思ったら、横の発砲スチロールがズタボロです!(笑)
Crimson 開封


●ひぇ…か、カッコいい!盤面はスチールっぽくて、ノブ類はポリウレタンっぽいです!詳しくは分かりません!
 サイズはUR28Mと比べて、横は同等・縦は1.5倍くらいあります!そして、UR28Mの倍くらい重いです!高級感あります!(笑)

Crimson-Large.jpg


●ホーリー●ット!電源アダプタがイギリス野郎です!だけど、Amazonプライム会員の僕は迅速に変換アダプタを購入しました!100v対応しているので、変圧器は必要ありませんでした!(笑)
Crimson-コンセント-Large


●ドライバーをインスコして、接続完了です!USBバスパワー駆動じゃないから無意味っぽいですけど、オヤイデのUSBケーブルも買いました!(笑)
DSC_0047.jpg



…以上、開封から接続までの流れでした(笑)
やはり、見た目は文句なしでカッコいい!
マニアックなポイントですが、ノブの所に付けてある目盛がSPLの”あのデザイン”なのが堪りませんw

操作性

余分なソフトウェア・ミキサー等を排した(ついでにUSBケーブルもw)硬派な多用途モニタリング専用Audio I/Fだけあって、最初は色々と戸惑いましたw
とはいえ、基本的な使い方は「DAW Returns 1|2」をONにしてボリューム調整するだけでOKです。
ヘッドフォン&スピーカーを2基接続した場合は、「Speakers|Mode」の「A to B」で切り替え可能。
その他にも、CDプレイヤーと接続してリファレンスCDと自分のMIXをボタン一つで切り替えて比較出来たり、iTuneと連携出来たり…するらしいですw(まだ試してないw)

●ノブ類
UR28Mと比べるとノブが軽く、最初は音量調整が難しそうに感じたのですが…あっちのプラスチック製と違いポリウレタン製(?)なので、指のフィット感が非常に良い!実に操作がしやすいです。
そっと指を添えるだけで、指が滑る事なくクルクルと回しやすいので、この軽さで正解!(`・ω・´)b
ただ、意図せずノブに当たってしまった時、一気に爆音になったりしますが…(笑)
まぁ、この程度のアクシデントは目を瞑りましょうw

●ボタン類
ボタン類に関しては…想像していたのとちょっと違いました(笑)
てっきり”カチッ!”というタッチ感だと思っていましたが、実際は”グニュッチ…”って感じですw
使っていくうちに若干カチッ感が出てきましたが(笑)、相変わらず指で”ッターン!!”でON/OFFが切り替わらないですねw(一瞬切り替わって、またすぐに元に戻るw)
まぁ、しっかりと押し込めば問題無しですw

●その他
さり気に気が利いてるな~と思ったのは、背面の端子接続部の文字が上下反転の両方記載されている点です。
crimson_r_print-3-2.jpg
わざわざ本体をズラしたりしなく良いので、地味に助かりますw

あと、ヘッドフォン端子&ギター等のシールド接続端子が前面に設置されているのも便利ですね。
この手の形状をしたAudio I/Fは大抵背面に設置されている事が多いので、取り回しが意外と面倒…。
おまけに、根元から曲がって線を傷めやすいし…(苦笑)
その点、Crimsonは前面に付いているので取り回しも良く、断線の懸念も少ないですね。

ちょっと残念だった点は…長時間起動させていると、結構な熱を帯びる点…w
これは今が夏だからという事もあるでしょうが…UR28Mの時と比べるとかなり熱くなりやすいです。
冬にはカイロ代わりになるかもしれませんね(笑)
まぁ、耐久実験とかはちゃんとやっていると思うので、自身の熱量でショートする事はないでしょう。
…ないよね?(笑)


音質(AD/DA、ヘッドフォンアンプ、内蔵マイクプリアンプ) ※2014/9/4追記※


※追記※
先日、ブログ仲間の中川統雄さんとお会いする機会がありましたので、その時にCrimsonを持っていき、レビューをして頂きました。その時のコメントもここに追記させて頂きますw
中川さんは「Babyface」「Duet 2」「Forte」等の同価格帯製品の音をよく存じておられるので、かなり信憑性のあるお話かと思われます!
ちなみに、その時手元にあった比較用Audio I/FはOrpheus(60万円位w)。UR28Mもありましたが、それは接続していません(笑)
以降、追記分はこの色の文字色で記していきます。
prismsound_orpheus.jpg



さて…Audio I/Fの最重要ポイント、音質についてお話させて頂きます!(`・ω・´)
ちょっと参考音源を用意している時間的余裕が無かったので…口頭(文章)だけの説明になってしまうのが残念ですが(苦笑)、可能な限り伝わりやすい文章で書かせて頂こうと思いますw
とはいえ、僕はAudio I/Fを何台も持っている人間ではないので、他社の同価格帯(この場合、ハイミドルクラス)と比較して云々…とは説明出来ません(苦笑)
なので、ここで散々比較に挙がっているUR28M(ミドルクラスの人気機種)と比較して、どの程度の変化があったか…を私見でお話させて頂きます


AD/DA部(主にスピーカーOUTの話)

購入してすぐにCrimsonを接続せずに、まずは聴き慣れているいるUR28Mで自分の曲&何度も聴いている曲をスピーカー&ヘッドフォンで再生。当然いつもの音でしたが(笑)、とりあえずそれを記憶。
その後、すぐにPCとCrimsonを接続し、同じようにスピーカー&ヘッドフォンで鳴らしてみました。
…既にかなりの文章量になってしまっているので、単刀直入に言いましょう。

今 ま で と 全 然 違 い ま す 。音良すぎワロタwww

そりゃあUR28M2台分の値段ですから、良くなるのは当然として…ここまで違うものか!とビビりましたね(笑)
では、具体的で抽象的(笑)な音の違いを説明していきますw

●音の種類
「音の種類って何よ?」って話ですが…言うなれば、音の傾向・ジャンル・キャラクターと言うのか…w
ほら、アレですアレ…よく「ドンシャリ系」「フラット系」「ハイファイ系」とか言いますよね?
それらに当てはめて区別するとしたら、Crimsonはハイファイ系に分類される音ですね。
UR28Mの出音を更に一回りクリアにした感じの、非常に透明感のある音を聴かせてくれます(`・ω・´)b
Crimson(深紅)という名称からして、「男らしい情熱的な音♂がすんのかな~!」と変な期待をしていましたが(笑)…蓋を開けてみれば、「クールで知的・透き通る様な美男子」みたいな音でしたw

再生バランスに関しては、フラットで低域・中域・高域までハッキリクッキリとバランス良く聴こえます。
ですが、ほんの僅かに高域に寄っているかな?
…という印象ですね。
この点はUR28Mとよく似た出音です。
個人的には、ガラッとキャラクターが変わらなかったのが却って幸運でしたw
ミックスの時に”癖”を意識しなくて良いので(笑)

【硬い音】 or 【柔らかい音】で分類するとしたら…強いて言えば「柔らかい音」かと思われますが、確かな”芯”が通った音です。
その為、変なフワフワ感(笑)も一切無く、適度な柔らかさで長時間の視聴にも優しい、聴き疲れしない音でもあります。
まさに、モニタリング用途に最適化された音…って感じ?(笑)

※中川統雄さんのコメント※
おおよそ、僕と同様のご意見を頂きましたw
全体的にフラットだが、やや高域が強いとの印象だったそうです。
「作られた様なハイファイ感(ハイを伸ばして、ローを変に強調した感じ?)」が無いらしく、この価格帯の他製品(Babyface、Duet 2等)の中では頭一つ抜けた音質なんだとか!
特に低域のカッチリした再生音に関して好印象だったそうです。
Orpheusには流石に及ばずとも、かなり近いレベルのマスタリング・クオリティー音質らしく(もちろん、僕も聴き比べましたw)、ライバル機「iD22」の音が分からない現状では「音質最優先で選ぶならCrimson一択では?」と仰っていました(`・ω・´)



※僕が最近気付いた事(笑)※
スピーカーOUTに関して、最近になって気付いたのですが…「Dim(出力レベルを下げる機能)」のON時とOFF時で音に違いがあります。
「Dim」ON/OFF時のそれぞれで、聴覚上同じ位の音量にした際、「Dim」OFF(通常のモード)の場合はステレオ・レンジが若干広く、「Dim」ON時の方は全体的にタイトになり、音の粒立ちが良くなります。
OFF時の方が迫力があり「聴いていて楽しい音」ですが、楽曲バランスを見渡したいのならばONにした方がモニタリングしやすいかと思われますw




●レンジ感
まぁ~上から下まで非常に良く伸びますw
”音の天井”を感じさせない、澄み渡った青空の様な……というのは些かポエミーが過ぎますが(笑)、本当に空間に余裕が感じられます
そんな再生レンジ(縦軸)の広さも驚きましたが、個人的にはステレオ・レンジ(横軸)の広さに感動しましたw
同じスピーカーで、同じ音源を聴いているはずなのですが…なんか、横の広がり方がUR28Mより広いんですよ…!(`・ω・´;)
なんだこれ!素晴らしいっ!(笑)

※中川統雄さんのコメント※
レンジ感に関しても好印象。
ステレオ・レンジの広さに関しては僕の錯覚ではなかったらしく(笑)、Orpheusと比較しても横の広がりがあるみたいです。
ただ、その分Orpheusと比較して音像が暈けていました。(やはりそこはお値段の差?w)



●音の分離(解像度)
ちょっと音の分離とは違う話ですが、Crimsonに替えてからというもの、UR28Mの不満点である「ホワイトノイズ」の悩みが綺麗サッパリ解消されましたw
スピーカーOUTしろヘッドフォンOUTにしろマイクINにしろ、とにかくCrimsonにはホワイトノイズがほとんどありません(`・ω・´)
もちろん、ノブをMAXまで回せば僅かなノイズが乗りますが、それはどんな機種にも言えた事(笑)
とにかく、非常にS/N比が良いです。

そんなS/N比の良さもあってか、音の分離感が素晴らしい!
低域は膨らみ過ぎず、中域は飽和せず、高域は耳に刺さらず…全ての帯域がスッキリとしており、各楽器の輪郭をハッキリと認識可能です。
音の分離感もですが、UR28Mと段違いだと感じたのは、なんと言っても「空間の表現力」。ここが本当に凄い!w
奥行き(音の深度)・余韻(リリース)・ダイナミクス(アタック、トランジェント)が丸分かり(笑)
よって、MIXの善し悪しが否が応にも白日の下に晒されますw
Crimsonで自分の音源を聴いた時、あまりのリズム感の悪さ(リズム隊の組み方の悪さ)、奥行き表現の下手さが丸裸にされ、若干凹みました(苦笑)

※中川統雄さんのコメント※
Orpheusの様な高級機との比較すると、流石にS/N比…というか解像度に違いがありました。(僕の私見も含めての意見です)
前述したステレオ・レンジの広さが仇(?)になっているのか、音の締まりがやや緩い感じ。
とはいえ、この価格(7~8万円)でこの解像度&音質は凄い!と仰っていましたね。



ヘッドフォンアンプ(ヘッドフォンOUT)

とにかくスピーカーOUT(AD/DA)は大満足な音質でしたが…ヘッドフォンOUTはどうでしょう?
Audio I/Fによって、スピーカーOUTとヘッドフォンOUTでかなり音質が異なり、それを把握してMIXに臨む必要があったりします。
iD22はこの差異がかなり少ないという評判でしたが…。

結論を言うと、当然、再生機器が違うので差異は生じます(笑)
しかし、「音の質(音のキャラクター)」自体はかなり似ており、やはりハイファイ系の透き通る様なクリアさです。
定位・奥行きも非常に良く、ステレオ・ワイドな音像。
音場の狭さに定評のあるSONYのCD900STをCrimsonに挿して聴いた時、あのベッタリとした音像に広がりが感じられ、定位・奥行きが更に認識しやすくなって驚きましたw
とりあえずSONY CD900ST・ AKG K240mkⅡ・オーテク ATH-A900の3機種を比較視聴したのですが、いぜれも安定して同じような定位感・クリアネスです。
モニター・ヘッドフォンと呼ばれる類のヘッドフォンならば、何を使っても安定したモニタリングが可能でしょう(`・ω・´)
スピーカーOUTは良いけど、ヘッドフォン・アンプ部が残念…という事も無く(笑)、丁寧に作られていて好印象ですw

※中川統雄さんのコメント※
全体的にCrimsonは好印象でしたが、特に良いと仰っていたのがヘッドフォン出力。
ここに関してはかなり良いらしく、Orpheusよりも良いらしいですw(僕はOrpheusのヘッドフォン出力は未聴)
当日、様々なヘッドフォンを視聴させて頂いたのですが、中川さん曰く「SONY MDR-Z1000が理想的な音で鳴っていて、凄く良い!」と仰っていました。
実際、Crimsonのヘッドフォン出音はかなり良い音だと思います!(笑)



内蔵マイクプリアンプ

さてさて、ここもAudio I/Fの重要項目であります(笑)
ぶっちゃけ、最近になってアウトボードのマイクプリを導入し始めた僕としては…やはり、プリ単体で云万円する物と、Audio I/F内蔵の物では、ちょっとレベルが違うなー…と感じていた為、「内蔵マイクプリの性能?ん~…僕はISA Oneあるんでいいですwww」と、あまり期待していなかった…

の で す が (笑)

Crimsonの内蔵マイクプリアンプ、ここも相当音質が良い!!w
音の傾向としては、これまたハイファイ系
ひたすらクリア。余計な着色が感じられない、マイクの性能が如実に反映されるタイプのプリアンプです。
人によっては「冷たく、味気のない音」に感じられるかもしれませんが、後々のミキシング作業で音色を決めやすいです。

ISA Oneによく似た音(あっちもハイファイ系)ですが、Crimsonのプリの方が少し丸みを帯びた感じ。
入力音の増幅量が異なる以外は、ほぼ同等の音質ではないかと思えます。
下手に中途半端なマイクプリだったら、Crimsonのマイクプリの方が性能良いんちゃうん?となるレベルです。マジで(笑)

中でも特に驚いたのは、S/N比の良さ!
ノイズ・フロアが極めて低く、(マイク等の性能にもよるますが)ホワイトノイズはほぼ乗りません。
HPFも装備されているので、内部で発生するノイズに悩まされる心配はまずないでしょう!(`・ω・´)


ちょうど、最近になってYOUTUBEにiD22とCrimsonのマイクプリ比較動画がアップロードされてましたw
なるほどなるほど…iD22は中域に寄った音圧が感じられる音ですね。アナログ感がある、良い音だなぁ…。
対してCrimsonは…そうそう、この音この音w
iD22と比較すると音圧がやや不足気味ですが、分離感が良く、アコギの細かいニュアンスを拾っていますね。
競合相手ながら、趣向がかなり異なりますねw




その他

僕は新しい買い物で気分が盛り上がっている所もありますが(笑)、Crimsonの性能・音質に関しては非の打ち所が無いと言っても良いでしょう。
国内販売価格はあれだけど、個人輸入をすればこのクオリティーの製品を6万円台で購入出来るのに驚きですw

ただ、やはり少しは不満点があります(苦笑)
まず、海外レビュー等で度々見受けれる「レイテンシーの問題」。
僕としては、そこまでレイテンシーを気にしていないのですが、気になる人は気になるみたいですw
特に、MIDIインプットにMIDIキーボード等を接続した際、ちょっとだけ遅れ気味に感じます。
まぁ、その辺りは脳内補正(笑)で何となるレベルですし、今後、ドライバーが改良されて問題が解消される可能性も高いです。
プラグインのレイテンシーは…これって、Audio I/Fが起因する所なのかなぁ…?
とりあえず、僕は気になりませんでしたw
マイク入力に関しても遅延が見受けられますが、Crimsonの方でダイレクト・モニターが可能なので問題なしです(笑)

あとは…購入の際に気になった事ですが、付属品が一切無い所(笑)
接続用USBケーブルが無い事には色んな意味で驚きましたが(笑)、昨今のAudio I/FにはDSPエフェクトが内蔵されていたり、DAW・ミキサー・ソフトウェアがバンドルされているのが当たり前。
これらが一切という点、Crimsonが競合製品と比べていまいち魅力が感じられない原因になっている気がします。
その分、本体の性能に還元(?)されているとも捉えられる性能・音質ではありますが…欲を言えば、何かしら特典があると嬉しいですねw
例えば「SPLのプラグインを1個プレゼントしちゃうよ!」とか、さ…。(訳:TwinTubeのプラグインくれ)


総評

うむ、これは買って正解でした!(`・ω・´)b
ちょっと微妙なレイテンシー・付属品一切無しという不満点(?)はあるものの、この音を考えると、んなもんは帳消しですw(僕にとってはw)
余分な機能は要らないから、音質と使い勝手を重視したい!と考えている方には自信を持ってオススメできる製品です!
見た目もカッコいいですしね(笑)

あっ、途中で言うべきでしたが…
Crimsonの音質は基本的にどんな音楽にもマッチしますが、特に最適だと感じたのはダンス・ミュージック。
トランジェント・リリース・低音(キックやベース)・そして全体の音像が本当によく「視える」音なので、リズムの組み方が重要となってくるジャンルに滅法強い印象
です。
是非、ご購入された際にはダンス・ミュージックのご視聴をw




それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました!m(__)m
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

22 Comments

中川統雄 says..."こんばんは(`・ω・´)"
最近のオーディオインターフェイス、ホント侮れませんね!
マイクプリも色付けこそないですけど、高級に属するオーディオインターフェイスなら専用のマイクプリにひけをとらないですね。
寧ろケーブルで繋がないで良い分ノイズ等の点で扱い安いぐらいっす。

ところでSPLの製品は上から覗いてもケーブルの差し替えが楽なように配慮してあるのが良いですね!
うちにはVitalizer2があるんですが、コイツも同じです。
全然使ってないけど(笑)
2014.08.02 07:35 | URL | #vTEzgRGQ [edit]
マサシ says..."Re: こんばんは(`・ω・´)"
>中川統雄 様

コメント、ありがとうございます!
毎度毎度コメントして頂き、ありがとうございますw

本当、最近のAudio I/Fは侮れません!w
ぶっちゃけ内蔵プリアンプなど期待していませんでしたが(笑)、Crimsonの高S/N比&クリアなプリはなかなかの物ですよ!
味付け要素はほぼ皆無と言ってしまってもいいですが、味付けを外部のプリに安心して任せられるのが却ってありがたい!w
仰る通り、ケーブルによって生じるノイズを気にしないで済む点、ちょっとした録音では使い勝手抜群ですw

SPLはこういったちょっとした心配りが良いですね!
…どうせなら、プラグインの小さ過ぎる数値を見やすい様にGUIを大きくしたり、マウスを合わせると数値が表示される様にしてほしい所ですけど…www
おぉっ、ハードウェア版のVitalizerもお持ちなのですか!
MkⅡ-Tのプラグイン版は個人的にかなり好きなのですが…実機はいまいちなのでしょうか?(笑)

2014.08.02 11:46 | URL | #- [edit]
中川統雄 says..."いえいえ、"
Vitalizer 2の実機はmk2-Tとはまた別でして、真空管ではないんです。
mk2-Tの実機は触った事もありません(笑)
SPLの実機で使った事があるのはpasseqとPQ(model 2050)ぐらいです。

で、Vitalizer2の実機も全然悪くないんですが、あの手のとび道具的なものはプラグインで良いかな、というのが個人的な感想ですねぇ。
2014.08.02 20:58 | URL | #vTEzgRGQ [edit]
マサシ says..."Re: いえいえ、"
>中川様

あぁ、そうでした…Vitalizerは全部で3種類位ありましたねw
Vitalizerはハードウェアにしては安価な部類かと思いますが(といっても10万円はするけどw)、やはり用途が結構限られるのですねぇ…。
Mk2-Tはプラグイン版と実機で、あまり音に大差が無いとの噂も聞いたので、わざわざ実機を買おうとは思わないのですが…SPLはデザインが洒落てるので、地味にコレクションとして欲しかったりします(笑)

おぉっ、Passqの実機に触れた事があるのですか!
あれは、プラグイン版と実機では結構差異があるものなのでしょうか?w(プラグイン版は限定的な使い方なら、かなりお気に入りのEQですが…?w)

PQ(model 2050)…見た目が凄いですね、これ!(笑)
ちょっと調べてみたら、なかなか好評なマスタリングEQみたいですねw
これ…プラグイン化してくれないかなぁ…w

2014.08.03 09:36 | URL | #- [edit]
中川統雄 says..."何度もすみません"
passeqのプラグインと実機はまあまあ似ています、そっくりではないですけど。
PQもですが、実機は少し押し出しの強い音です。
ルンダールっぽい音です。実際はどうなんでしょうか。
AD2077と比べると高域の伸びやかさと前後左右の表現力に欠けるので、少し使いどころを選ぶと思います。

Pqのルックスは半端ではないですよ~
プラグイン化すれば間違いなく売れるでしょう!
モーターライズドノブの動きを忠実に再現してほしいです(笑)
2014.08.03 12:51 | URL | #vTEzgRGQ [edit]
マサシ says..."Re: 何度もすみません"
>中川様

返信が大変遅れていて、申し訳ありません…(苦笑)

Passqのプラグイン、まぁまぁ実機に似ているのですか!w
実機はもっと押し出し感が強い…と。なるほどなるほど…( ..)φメモメモ
プラグイン作る側としても、あまり実機そっくりに再現されてしまうと、それはそれで色々と困りものですからねぇ…w

しかし、PQカッコいいですよね~!(笑)
これは是非ともプラグイン化して頂きたい次第ですw
SPLのダイナミクス系エフェクトも気になるので、チャンネル・ストリップのモデリングもして欲しい所ですw
2014.08.09 19:33 | URL | #- [edit]
nekokick says...""
こんにちは。
マサシさんが身銭を切って音楽機材(主にコンプEQ)に突撃するさまが日本男児的だなと思ってよく拝見させていただいていました。
今回も未開拓分野のCrimsonに突撃したと聞いて胸アツです!

自分もUR28Mなんですが、1ランク上を狙うときに上位機種がなかなかないんですよね。
自分はBabyfaceで一応2本ヘッドフォン付けられるからこれで良いやと思ってます。値段高いけど安定性とレイテンシ重視ってとこで。
しかしCrimsonのレイテンシの安定度が増せばCrimsonに突撃してみたい気もします。
2014.08.10 22:54 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>nekokick様

はじめまして!
コメント、ありがとうございます!(^ω^)

確かに、身銭を切ってプラグインやら機材やらに突撃しまくっていますねw
日本男児的かどうかはともかく(笑)、あまり良くない傾向なので…ボチボチ自粛しようと考えているのですが、ここ数年、この傾向で続いてしまっているんので…なかなか歯止めが掛からない状況です(苦笑)
流石にもう必要な物は揃ったので、あとはレビューを掲載するだけ!
…のはずなんですけど、最後の砦・高品質リバーブを買わなきゃ…!(使命感)

はい!今回は思い切ってCrimsonに凸ってみました!(笑)
おぉっ、Babyfaceにアップグレード(?)のご予定ですか!
僕も最初は「次こそは絶対にRMEにする!」と思っていたのですが…何故にSPLに行ってしまったのか(笑)
あれ?Babyfaceってヘッドフォン2基繋げたのですか!?w
う~…それを知ってたら、Babyfaceも十分最有力候補だったのに…w
しかし、Crimsonは本当に音質・機能は素晴らしく、(ほぼ)完全にUR28Mの上位互換に当たりますので、もしも迷いが生じたら、是非ともw
レイテンシーに関しても、サンプリングレート88.2kHz/16bit程度でしたら、そこまで気になる感じではないですね。
流石にMAXの192kHz/24bit(超高音質で素晴らしいですw)はネット上の音楽コンテンツ視聴用でないと厳しいですが(笑)、DAW上でそこまでの音質は必要としませんからね…個人的には「気にならないレベル」だと思います。
2014.08.11 23:32 | URL | #- [edit]
nekokick says...""
>最後の砦・高品質リバーブを買わなきゃ…!(使命感)

コンプも奥深いですがリバーブもこだわるとめちゃ金かかりますね!
自分はレキシとBreverbとCSRとToraverbが揃ったので、最後にB2買って終わりにしようと思ってます。

>あれ?Babyfaceってヘッドフォン2基繋げたのですか!?w

これ本体に1本とブレイクアウトケーブルに1本つなげるみたいです。出力の系統は分けられなくて同じ内容しか出力できないようです。

それにしてもCrimsonの日本語レビューは貴重なのでとても参考になりました!
2014.08.12 01:06 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>nekokick様

お早い返信、ありがとうございます!w

そうです、コンプもEQも奥深い…を通り越して、もはや魔界ですが(笑)、リバーブも奥が深い!(`・ω・´)
……と、最近になってようやく気付きました(苦笑)
僕も、Breverb(SONAR専用ライセンスですがw)・CSRを持っているのですが、メインはOxford ReverbとVerb Sessionで「それだけあればリバーブなんて十分じゃね?」と高を括っていた…いや、正直舐めていたのですが(笑)、やはり1個で何万円とする物はレベルが違いますねw
最高峰はAltiverbだと思っていましたが、最近では2CAudioに夢中ですw
まだ1つも持っておらず、デモを何度も何度もテストしている状態なのですが……近々、全部入りのPerfect Stormを購入しようと思っています(`・ω・´)
正直、B2が1つあればなんとかやりくり出来ると思うのですが…どうせBREEZEをミキシング用で買ってしまいそうなので(笑)、100$余分に出してAETHER(こいつも凄いw)と追加プリセットが付いてるPerfect Storm買った方がお得!という結論に(笑)
…まぁ、5万円はちょっと痛いけど、リバーブはミックスで絶対必要なエフェクトですので、損は無い!…と自分を説得中ですwww

あ~、なるほど!そうやって2基接続が可能なのですか!(`・ω・´)
使っていない方が常に鳴りっぱなしになるのが、若干不便ですねぇ…。(エイジングは捗りますがw)
いえいえ、Crimsonは僕もずーっと気になっていましたので、こうして同様の考えの方々に少しでも情報提供が出来たのなら、幸いですw
このレビューに関して、ツイッター上でSPLから直接お礼言われたのを察するに(笑)…やはり、気になるけど手が出せない!って人が多いみたいですねぇ…。よく出来たAudio I/Fだと思うのですがw
2014.08.12 01:33 | URL | #- [edit]
おか says...""
ブログ読ませていただきました!
オーディオインターフェイスでかなり音質など変わるものなんですねえ…。
私は今ローランドのものを使っていますがぼちぼちApollo twinなどに買い換えたいなと思っていたところですが、このぐらいのレベルのインターフェイスはいろいろ外国製品も多くなってなかなかなか決められない…w
2014.08.22 21:07 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>おか様

はじめまして!
コメント、ありがとうございます!

オーディオI/Fでかなり音質は変わりますね。
特に、出音が機種・メーカーによって様々なのが面白いですw
今まで使ってきたメーカーの音を私見で表すと、ローランドはカッチリした日本人風サウンド、Steinbergはクリアで嫌みの無いサウンド(やや中域が薄い?)、Presonusは「ガッツのあるドンシャリサウンド」、そして今回のSPLは「高解像度のハイファイサウンド」…という印象です(笑)
基本的にお値段が高い程に高音質なので一概には言えないのですが(苦笑)…個人的にはこんな印象ですw

Apollo TwinはDuet 2と構造的には同一?らしく、UADプラグインが使えると評判上々ですので、定番だと思います!(Windowsユーザーには冷たいけど…w)
ここでご紹介させて頂いたCrimsonも個人的にはかなりオススメしたいのですが…付属品等・オマケ等が一切無く、あまり声を大にしてゴリ押し出来ないのが悔しいです…www
しかし、本当に音質は素晴らしく良いです!(`・ω・´)=3
特に、最高設定の192kHz/24bitは音楽を聴くのが楽しくて仕方ないですw
2014.08.23 10:26 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.08.29 18:42 | | # [edit]
マサシ says..."Re: UR28M → SPL Crimson"
はじめまして!
当ブログにご訪問頂き、ありがとうございます!(^ω^)

ここ最近分かり始めた事なのですが…どうやらPlugin Allianceの情報がご好評頂いているあるみたいで、嬉しい限りです(笑)
VSC-2、素晴らしいコンプレッサーですよね!
あれは未だに僕の中ではNo.1プラグイン・コンプレッサーかもしれませんw(他にも有力候補が何個かありますが…w)

おぉっ、UR28M→Crimsonへの乗り換えを検討されているのですか!(`・ω・´)
まさにドンピシャな記事(笑)
Crimsonの日本語レビューは(現時点では)貴重みたいですので、少しでも布教活動に貢献出来ているなら幸いですw

それで、Crimsonのその後ですが……いやぁ、相変わらず素晴らしい!
割と最近になって、ウェブブラウザ・iTunes等の再生音のサンプリングレートを変更する方法に気付きまして(笑)、それ以降は常にCrimson最高音質の192kHz/24bitに設定していますが……この設定、超絶解像度でヤバいです(笑)
流石にこの設定をDAW上で使うのは厳しいので鑑賞用だけですが…それでも、これだけでCrimsonを購入して良かった!と思える素晴らしい音ですw
このハイレゾ音質はUR28Mでは対応していないので、比較してはUR28Mがちょっと可哀想ですが(笑)…ハッキリ言って、別世界だと思いますw
この記事内ではUR28M & Crimson共に44.1kHz/16bit(通常設定)での音質比較ですが、それでも確かな音質の向上が感じられますよ!

2014.08.30 01:19 | URL | #- [edit]
中川統雄 says..."(笑)"
なんと、記事が追加されていました(笑)

私がCrimsonを気に入ったのは入出力もそれなりにあって多機能な上にあの音質のところですね。
DTMerにとっては素晴らしい機種だと思いますねぇ。

音質だけて言えば中級機種?の中ではDuetの初號機がハイファイ系でとても素晴らしいのですが、如何せん機能面からみると時代遅れの感が否めません。
UR28MとCrimsonの音質を比較すると…と言うか比較するのは酷なレベルですね、残念ながら。UR28Mもとても好きなI/Oなんですが。

Orpheusは突き抜ける様な圧倒的なハイファイ感でかつ耳に痛くないのが凄みですね。
たまにOrpheusは面白みのない精密な音だと聞きますが、それはもともとのソースが面白くないんですね(笑)

あとは…iD22との比較ですね!とても気になるのですが誰か持っていないもんですかね(笑)
96kHzまでの対応というのが物凄く好印象です。あのコストならそれがベストだと思うので。
2014.09.05 15:05 | URL | #vTEzgRGQ [edit]
マサシ says..."Re: (笑)"
>中川さん

コメント、ありがとうございます!
先日はありがとうございましたw
記事追加のご一報を差し上げる前に気付かれてしまわれました(笑)

Crimsonの音質・機能性は、値段を考えるとやはり良いですよね!(自分の意見をゴリ押し)
中川さんが仰ると、Duetの初号機のハイファイ系の音も気になりますねぇ…w
最近、Audio I/Fの事ばかり気になっています(笑)
ちょうど、ロックオンでiD22が7万円で売っているのを見掛けて「おっ、安い!これは買…いやCrimsonあるのに買ってどうする…」となった所ですwww

UR28M、僕も長い間お世話になったインターフェイスなので、あまり悪く言いたくないのですが…あの日、帰宅してからCrimsonの替わりに繋いでおいたUR28Mの音を久々に聴いてみて「あっ…やっぱり大分落ちますねぇ…(笑)」となりましたw
本当、比べるのが酷なレベルでした(苦笑)
特にヘッドフォン出力の差が歴然…ステレオレンジもですが、奥行きが…w

Orpheusは、流石に格が違いますねー!
超高音域の伸びがCrimsonと比べて、圧倒的に違うと思いましたw
あと、トランジェントへの反応の良さ(ダイナミック・レンジ?)が素晴らしかったです。(OrpheusでPerfect Worldを聴いてビビりましたものw)
Crimsonは全体的に1段階劣る印象でしたが…まぁ、値段を考慮すれば相当なコスパの良さには違いありませんねw

本当、あれ以来iD22が気になって仕方がないですw
もう自分で買っちまうか!?と暴挙に出そうな勢いですが(笑)、流石にそれは犯さない様に耐えています…w
そうそう、iD22って96kHzなんですよね。正直、Crimsonの192kHzはオーバー・スペック感が否めないので(笑)、96kHzまでだけど丁寧に作られている事を期待していますw
あ~…マジで誰か持っていないものか…w
もういっそ、ここで「iD22をお持ちの方、ご一報お願いします!」とか書いておきましょうか…w
東京のロックオン等の店舗で、実機を視聴できるのかなぁ…(´・ω・`)

何にせよ、色々とありがとうございました!w
次の記事では、当日の事を書こうと思っているので、ご期待くださいw
2014.09.05 17:43 | URL | #- [edit]
nekokick says...""
マサシさん10万アクセス突破おめでとうございます。
自分が欲しいと思ったEQやコンプをググるといつもマサシさんのブログに辿り着きます(笑)
マイナーなプラグインまで地道にフォローしてあるので凄く参考になってありがたいです。


>東京のロックオン等の店舗で、実機を視聴できるのかなぁ…(´・ω・`)

東京のロックオンでは実機が誰でも触れる形でおいてありました。
実物は意外とコンパクトな印象でした。
オーディオインターフェースが固めて展示してあるすぐ近くになんかの機材とつながって置いてあったので
多分すぐ音出しできると思います(曖昧)
2014.09.06 12:11 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>nekokickさん

コメント、ありがとうございます!

ありがとうございますw
本当、始めた当初は10万アクセス行くとは思いもしませんでした(笑)
これがもう少し、楽曲の再生数に還元されてくれるとありがたいのですが…ゲフンゲフンw

ググるとこのブログに辿り着く…となると、Plugin Alliance関連でしょうか?w
WAVES関連も溜まりに溜まっているので、そっちにも拡張していきたいのですが…何だかんだで、まずはPlugin Alliance優先かな…?w(結局、全プラグインを揃えてしまったので…w)


おぉっ!やはりロックオンの店舗には実機が置いてあるのですか!
これは行かざるを得ない!…と言いたいところですが、なんせ愛知県在住…w(泣)
やはり東京近郊に住んでいると、色々と便利ですね…羨ましいですぅ…www
2014.09.07 02:50 | URL | #- [edit]
nekokick says...""
>ググるとこのブログに辿り着く…となると、Plugin Alliance関連でしょうか?w

今年の夏はセールにかなり力入れたんですが、

良さげなプラグインがセールになる→ググる→マサシさんに辿り着く。

他の良さげなプラグインがセールになる→ググる→マサシさんに辿り着く。

今年の夏は何か欲しくなる度にこの繰り返しでした(笑)
マサシさんのブログのおかげで良いプラグインを厳選して全力投球出来たんでマジで助かってます。
そしてPAの影響で自分の中ではマサシさん=コンプ・EQというイメージになりました。
自分はマサシさんの文章読んでると購買意欲が掻き立てられてすげー欲しくなりますね(笑)
そして実際に買ってみると本当に良い製品揃いでした。

>まずはPlugin Alliance優先かな…?w(結局、全プラグインを揃えてしまったので…w)

マジですか!すげー羨ましい!
2014.09.07 20:19 | URL | #mQop/nM. [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>nekokickさん

今年のサマーセール、なかなか良いラインナップでしたよね!
僕も結構な数を買ってしまいました(笑)

>良さげなプラグインがセールになる→ググる→マサシさんに辿り着く。
>他の良さげなプラグインがセールになる→ググる→マサシさんに辿り着く。

おぉっ、なんか凄い偶然!w
たまたま趣向(?)が合っていたのでしょうか?(笑)
記事数の割に、書いているメーカーに偏りが大分ありますので…w

確かに、コンプとEQ大好きです!w
特に最近はEQにお熱でして(笑)、ブロ友の中川さんの勧めもありまして、ぼちぼち実機のEQが欲しくなってきましたw
えっ、僕の文章に購買意欲を掻き立てる効果が…!?(笑)
それは嬉しい様な、無駄な散在を促してしまいそうで申し訳ない様な……でも、やっぱりそう言って頂けると嬉しいですwww
ありがとうございます!(^ω^)

えぇ、結局コンプリート…いや、DRUMATOMを除いて、全種揃っちゃいましたw
PAは何だかんだ本家のバンドルセールが最安価?(確か70%OFF)でして、何買おうか散々迷った挙句「PA100%バンドル買っちゃえば早くね?」という暴挙とも取れる結論に…(苦笑)
何だかんだ必要無い物もありますが(笑)、個人的には満足な買い物でした!w
2014.09.10 00:12 | URL | #- [edit]
GORILLAGORILLAGORILLA森重 says..."いい記事だ!"
最高に参考にさせていただきましたので、
コメントさせていただきます。

まず機材の趣味?が近いのでまさに今この瞬間私のために
あるような内容でコメント書き終えたころにはcrimsonを
ポチっていると思われます。
当方は現在I/OはUR28M、マイクプリはISAONEで
CUBASEで製作しており、ちょうどUR28mの上位互換的な
I/Oを探している最中こちらの記事を拝見させていただき
意思は固まりました。

ありがとう!他の記事も読ませていただきます!
2014.09.18 23:17 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: いい記事だ!"
>GORILLAGORILLAGORILLA森重さん

はじめまして!
コメント、ありがとうございます!(`・ω・´)

おぉっ、かなり機材の趣向が近いみたいですね!
UR28Mの上位互換に当たるCrimson、これは本当にコストパフォーマンスに優れたAudio I/Fです!
正直、デザインと話題性(ブログの肥やしw)で突っ込んでみましたが…思いの外、素晴らしい機材で大満足です(笑)
やはり?と言うのか、気になっている方々が多かったみたいで、こうして反響を頂けて嬉しい限りですw
そして、森重さんがご購入されるという事で、布教活動にも繋がりました(笑)
ブログ仲間の中川統雄さんにもチェックして頂いたのですが、この価格帯で音質重視で考えるならCrimson一択だそうですので、僕も自信を持ってオススメできる逸品です!(`・ω・´)b

2014.09.21 19:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/87-0b63b5cf