Brainworx 『bx_dynEQ v2』

どうも、マサシです(`・ω・´)
すっかりブログの更新が滞ってしまい、申し訳ありません(苦笑)
「書きたいけど、書きたくない症候群」に罹ってしまって…w

私事ですが、スマホを新調しました(笑)
Xperia ZL2という、エクスぺリアシリーズの最新機種に変更。
いや~、流石に最新機種と3年前のでは性能がダンチですね、ダンチw
何でも今回のXperia ZL2は高音質&高画質が売りらしいので、試しに自分のピアノ弾き語り風景を撮ってみたのですが…



画質はともかくとして、高音質って…ノイズゲートが入ってるだけじゃねーかっ!!(笑)
ノイズゲート入れて、S/N比を良くしようという考えは分かりますが…その所為で(?)、弱めにピアノを弾いている場面では音がブツ切れにw
まぁ、でも…音質自体は割とハイファイ?とうか、高音までしっかり録れるっぽいですね。
しかし、こうやって改めて動画で見てみると…動きが固いなぁw
右手の小指なんか、常に硬直しています(笑)
歌と演奏の拙さ、歌詞間違えなど色々と残念な動画ですが、お暇でしたら…どうぞw

あっ…あと、オール打ち込みの微妙な新曲(デモ版)も作りましたので、こちらもお暇でしたらどうぞ(笑)
ちょいレトロな感じ(?)がする、ソフト・ボッサ系の曲です。



さて、ようやく本題に入ります(笑)
今回は、Plugin Alliance(Brainworx)の革新的ダイナミック・イコライザー『bx_dynEQ x2』をご紹介させて頂きます(`・ω・´)
bx_dyneq_v2_box.jpg

bx_dynEQ v2

bx_dyneq_v2_hires_01.jpg

このbx_dynEQは、あまりポピュラーではない「ダイナミック・イコライザー」というジャンルに属します。
普段から使い慣れている、パラメトリックEQ・グラフィックEQといったEQは「スタティック(静的)・イコライザー」と呼ばれます。
スタティック(静的)は、時間軸・入力信号の大きさに関係無く、一定した量のゲイン増幅・減退を行うのに対し、ダイナミック(動的)はその逆で、時間軸・入力信号の大きさに沿って、指定された範囲内でのゲイン増幅・減退を行うのが特徴です。
こうして固めの文章で説明すると伝わりにくいかと思いますが(笑)、動作原理的にはディエッサ―(特定の周波数にのみに掛かるコンプレッサー)と同じ物だと思って頂ければ大丈夫ですw
つまり…ダイナミックEQは、「周波数指定範囲の制限無し」&「ブースト方向での動作も可能」にしたディエッサ―…となる訳です。
この性質上、ダイナミック”EQ”とか言っておきながら、厳密にEQではない…というか、むしろコンプに近いですねw
でも、やっぱりEQはEQです(笑)

ダイナミックEQ自体、まだそこまで数がある訳ではないのですが…このbx_dyn EQ、おそらくダイナミックEQの中では最高峰のクオリティーを誇ります(`・ω・´)
ハイクオリティーなプラグインを数多く取り扱っているPlugin Allianceですが、その中においてもbx_dynEQの持つ”外科手術的”な性能の高さは、まさに「チート」と呼ぶに相応しい…と個人的に思っていますw


「Mid/Sideサイドチェイン」「音質の良さ」がミソ(笑)

bx_dynEQをチートたらしめている要素は、卓越したMS処理、及び、bx_digitalに匹敵する音質の良さ。
ぶっちゃけ、この2つが完璧な時点でbx_dynEQに勝るダイナミックEQは無いのでは…?と思えるくらいです(笑)
基本的にマスタリング用プラグインという位置付けかと思われますが、負荷自体はそこまで重いわけではないので、ミックスでも(割と)気軽に使えます。

●音質に関して
bx_dynEQの音質ですが、同社の「bx_digital」「bx_hybrid」で定評のある”あの音”ですw
ウェット感の無いカラッとしたサウンドで、余計な味付けは一切なし
なので、味付け(ブースト方向)にはあまり向いていない感が否めなかったのですが…それがbx_dynEQと相性抜群なのです(`・ω・´)b
あまりの無味無臭っぷりが功を奏してか、例えば、足りない低域を補強する為にキック・ベースの帯域をbx_dynEQでブーストすると、あたかも「最初からこういうミックス・バランス」と思える様なナチュラルな補正が可能。
もちろん、カット方向での効果も凄まじく、単にディエッサ―として使用しても素晴らしいです。(Sonnoxの『SuperEsser』とタメを張るレベルw)

●MS処理(Mid/Sideサイド・チェイン)
その音質の良さから、通常のLRモードで使っても素晴らしいプラグインですが…ことマスタリングにおいて、猛威を奮うのが「Mid/Sideサイド・チェイン」機能です(笑)
MSモードに切り替える事により、内部で自動的にMiddleとSideのサイド・チェインを組んでくれます。
正直、僕はいまいちサイド・チェインという手法がよく分かってなかったのですが(苦笑)、このbx_dynEQでようやく「あ~、なるほど…」と理解出来ましたw

…で、MiddleとSideでサイド・チェインを組むと何が良いの?という話ですが…
例えば、マスタリング段階で「ベースとキックをもっと持ち上げたい!」という要望があった時、スタティックEQでブーストしてもいまいち思っている様な効果が出し辛かったりします。(…しますよね?w)
そんな時、bx_dynEQ内部でMSサイド・チェインを組み、キック・ベースが含まれている帯域のMiddle成分を持ち上がった時に、音の濁りやすいSide成分の低域を下げる様に設定する事で、非常にナチュラルな低域補正が行えます
…うん、自分でも説明が下手だなと思いましたので(笑)、実際にそれを行っている動画を作ってみましたw



動画には何の説明も無いので、いまいち何が起こっているか判別しずらいかもしれません(苦笑)
bx_dynEQの半分から↑がMid成分、半分から↓がSide成分となっており、Midのグラフがキックやベースに反応してブーストされると同時に、Sideのグラフがカット方向に動作しているのが確認出来ると思います。
僕の2mixは結構アレですが(苦笑)、かなり自然にキックとベースだけを取り出せていますね。

スタティックEQで「Midのキック・ベースの帯域をブースト」&「Sideのその周辺をカット」…も似た様な効果が期待出来ますが、こちらのミソはやはり「ダイナミック(動的)」な動作である事です。
スタティックEQでは音量に関係なく常に一定した量のカット・ブースト量なので、どうしてもバランスが崩れやすいのに対し、ダイナミックEQでは特定の音をピンポイントで狙える…これは非常に大きなメリットです。

実はこの低域の補正のみに機能を制限したのが、同じくBrainworxの『bx_boom!』というプラグインです。
bx_boom_hires_01.jpg

このプラグインは、非常に簡単な操作で2mixからキック(バスドラ)の音だけを取り出せます。
定価だと機能の割にお高く感じますが(笑)、たま~に価格暴落するので、その時を狙ってみると良いかもしれませんw(僕の時は9$で買えましたw)



以上、少々短めですが『bx_dynEQ v2』のご紹介でした。
やや特殊なプラグイン故、デモ音源だけでは説明し辛いので動画化しましたが…こちらの方が手間(文章量)が省けますねw(でもやっぱり、今後もSoundCloudメインで解説するつもりですw)

使ってみれば分かるチートの様なプラグインですが、実は意外と使用頻度は高くなかったりします(笑)
ミックス段階ではディエッサ―として数個、マスタリングでも用途に応じて…程度の頻度ですw
なので、重要度(?)はそこまで高くないのですが…とにかく、便利の一言に尽きる、素晴らしいプラグインです!(`・ω・´)
気になる方は、是非(笑)


それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

中川統雄 says..."こんばんは(`・ω・´)"
結局というか予想通り購入されたわけですねw

このプラグインEqは確かに無二といって良い性能ではないでしょうか。
持ってるのと持ってないのでははっきり差が出る典型例ですね。

しかしマサシさんの仰るように使いどころは多くないのも事実…

思うに我々のように作曲の段階から関わる場合は活躍の場は少ないでしょうね。

ミックスやマスタリングから関わる場合は活躍しまくると思いますが如何でしょうw

あとはヴォーカルの録音なんかには役に立つことが多いですよ。
2014.06.30 23:39 | URL | #vTEzgRGQ [edit]
マサシ says..."Re: こんばんは(`・ω・´)"
>中川さん

こんにちは&こんばんは!
いつもお越し頂き、ありがとうございますw

えぇ…結局、案の定これも買いました!(笑)
というか、Brainworx 100%バンドルがお安くなっていたので、奮発して全部揃えちゃいましたw(ちょくちょく要らないのもありましたが…w)

bx_dynEQは本当に利便性が高い!
仰る通り、作曲~編曲~ミックス~…の工程全てに関わってくる僕らの様なタイプからしたら、そこまで使用頻度(重要度)は高くないかもしれませんが、マスタリング専門家の方などに重宝される事間違い無しのプラグインですね(`・ω・´)
とは言いつつ、やはり恐ろしく便利なプラグインですw

なるほど、ボーカル録音に!
普段から掛け録りをしないので、それは盲点でしたw
ノイズ・ゲート的な使い方も出来るので、確かにそれは良い手法ですね…情報提供、ありがとうございます(笑)
2014.07.01 18:05 | URL | #- [edit]
中川統雄 says..."こんばんは(`・ω・´)"
コンプリートされたとは侮れませんね!
DSMやDRUMATOMなどの高額系が特に興味ありますw

これは!というプラグインありましたか?
あれば私めも乗っかろうかなと。

これからのレビュー楽しみにお待ちしてております。

あと、うちのAD2077などもレビューしてみませんかw
2014.07.01 22:07 | URL | #vTEzgRGQ [edit]
マサシ says..."Re: こんばんは(`・ω・´)"
>中川さん

再度のコメント、ありがとうございますw
Brainworxは全種揃っていますが、Plugin Alliance全体ではまだ持ってないのが多いですねw(とはいえ、もう必要な物は大体揃えてしまいましたが…w)

高額系ですか~。
Drumatomはあれ、Plugin Alliance 100%バンドルを購入しようと完全に別枠らしく、プラグインというか単体のアプリケーションみたいな仕様らしいですね。
普段からドラムは打ち込みなので、個人的にはあまり必要無さそうです…(笑)

あっ、とうとう名前が挙がりましたね…DSM(Dynamic Spectrum Mapper)!!
実は、次回ご紹介させて頂こうと思っていたプラグインですw
さすが中川さん、いつもタイミングが良い!(笑)
個人的に、Plugin Alliance内で「これは!と思うプラグインTOP3を教えて~」と訊かれたら、間違いなくDSMを挙げますw
次回のレビューのネタバレにもなりますが、DSMはとにかく素晴らしいです!(`・ω・´)
必要かどうかは人によりけりだと思いますが、このダイナミック・ツールはチート…唯一無二…あっ、でも他のプラグインでも相当頑張れば同じ事が出来るかも…?www
…ともかく、流石は高額なだけあって、それに見合った素晴らしい性能を誇るプラグインだと思いますw
是非、ご検討を!(笑)


AD2077、是非ともレビューしてみたいです!w
…けど、直接お会いしないと触れる機会がないですよね?w
2014.07.02 16:16 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.02 19:08 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/84-4675e4d5