KORG 『SP-170S』

どうも、マサシです(`・ω・´)

何かと忙しなくしていたら、いつの間にか桜は散っていました(苦笑)
春が一番好きな季節なので、何だか切ない気分…w


さて、今回は久々(?)にDTM関連の機材をご紹介させて頂きます。
人気メーカー・KORGの電子ピアノ『SP-170S』のご紹介です!(笑)

sp170s_detail_1.jpg


僕は今までYAMAHA / Piaggero(ピアジェ―ロ)シリーズの『NP-11(61鍵)』を、MIDI→USB変換ケーブル経由でMIDIキーボード代わりに使用していました。(当時の記事NP-11)

●YAMAHA・PiaggeroシリーズのNP-11
NP-11 piaggero

流石はYAMAHA製、シンプルながら良い商品なのですが…生ピアノに慣れている身としては、鍵盤がスカスカ&鍵盤数が絶妙に足りない(笑)…と少々不満もありましたw(ちゃんとフルサイズも用意されていますが…w)
かれこれ1年間使ってきて、その仕様にも慣れてはいたのですが「88鍵(フルサイズ)の物が欲しいなぁ…」と常々考えておりました(苦笑)
そういう思いはあるものの…置き場所の関係もあって、なかなか踏ん切りが付きませんでしたw

そんな時、何気なく楽●を徘徊していたら、今回ご紹介する『SP-170S』がアウトレット品(新品)で22000円で売られているのを発見!
おまけに●天ポイントが5000円分溜まっていたので、2万円以下で88鍵のキーボードが買える!?
…最早これを逃す手は無い!置き場所とか後で考えればいいや(笑)と、即決w


SP-170S

で、届きました!(笑)
SP-170S箱(修正)

ィヤッフー……やはり、デカい(苦笑)
よくよく考えれば、アップライト・グランドピアノの鍵盤部と同等の大きさだから当たり前ですw
これ、PCデスクの上に乗るか…?www


とりあえず、開封(`・ω・´)
居間の机の上に乗せてみました(笑)
SP-170S開封(修正)

KAKKEEEEE!!
想像していたよりも、重厚感(実際重い)・光沢感・高級感(このサイズでは安物だけどw)があり、それだけで大満足(笑)
たまたま開封に居合わせた母親(ピアノ教師)も、大絶賛してましたw


●タッチ感
さ~て、気になる鍵盤のタッチはというと…
重い。かなり重い(笑)
「流石に生ピアノよりは軽いだろうな~」と予想していたら、それよりも遥かに重々しいタッチ感です。
教室用に購入を考えていた母も、この重さにはやや苦笑いw
子供の練習用に購入すると、子供がちょっと可哀想に思えるレベルです(笑)

当然、生ピアノの様な木製ではなくプラスチック製なので、鍵盤の重さも相まって「グニュッ」とした押し心地。
なので、この重さに慣れないと、早いフレーズを弾くのが若干大変ですw
しかし、同価格帯のモデルと比較しても遜色のないタッチ感ではないでしょうか。
最初はとにかく重く感じましたが、慣れてくるとかえって気持ちが良い弾き心地ですw
むしろ、この値段でこの鍵盤数・重厚なタッチ感が手に入るなら、万々歳!素晴らしい!(熱い掌返し)


●音色
収録されている音色は全10種類。
どの音色も非常に良く出来ており、中でもデフォルトのグランドピアノの音色が良い!
下手なソフト音源よりも良い音ですw
あと、個人的にはローズピアノのメロウさも捨て難い(笑)
僕はMIDIキーボード用途で購入しましたが、練習用にもオススメですね。
両サイドのスピーカーが鳴らす音も、非常に迫力があります。
音を大きくして弾けば、それこそグランドピアノを弾いている気分になれるかも?(笑)


●その他の機能面
地味に嬉しいのが、電源の点灯が早いこと(笑)
スイッチONにしてから1秒程度ですぐに音が鳴らせます。
ボタン類は2種類しか付いていないものの、「同時押し」 + 「特定の鍵盤を打鍵」で様々な操作が可能となっています。(音色を素早く変更出来たり、タッチ・レスポンス(ベロシティー・カーブ)の変更、MIDIプログラム・チェンジ…等)

あと、付属品に関して。
専用スタンドは別売りですが、サステイン・ペダルと譜面立てが付属しています。
サステイン・ペダルというか、フット・スイッチというのか…ショボいやつなんですけど、正直、これで充分だと思いましたw
実はSP-170S購入に併せて「DS-1H」というKORG製のペダルも購入したのですが…これ、サステインのMIDIプログラムが0 or 100の2段階切り替えではなく、0~100まで細かに変化する仕様らしく、普段の感覚で踏んでいると、途中でサステインが途切れてしまって…w
表現の幅は広がるのですが、僕はサステインON/OFFの2択の方がやり易いので、結局、付属品の安物を使っています(笑)



設置編(笑)

さて、ここからは商品レビューではなく、雑記に移ります(笑)
NP-11をどかして、机を綺麗に拭いて…あぁ、折角だからついでに部屋の掃除も軽く済ませておこう…と、微妙に脱線しながらも、とりあえず置くだけ置いてみましたw
SP-170S設置(修正)

やっぱりデケェwww
机からはみ出しまくり(笑)
ふえぇ…机の上がパンパンだよぉ…(´・ω・`)
まぁ、何とか大丈夫でしたが…低音部が打鍵しにくい(笑)
机をもっと左に寄せれば良いのですが、この写真の見えていない部分に、CDタワー・ラック(デカい)が置いてあるので、残念ながらこれで我慢ですw


スペースの関係でちょっと困ったのは、同じKORG製品であるnanoシリーズの置き場所。
↑の写真では、nanoPADをキーボード上・nanoKONTROLをUR28Mの手前に置いてありますが…nanoKONTROLの使用頻度が高いので、これだと非常に操作がしずらい…。
なんとかキーボード上に持ってこれないだろうか…と考え、ホームセンターで整頓出来そうなグッズを物色してきましたw
安かったから使えなくてもいいや…と半ばやけくそで”お皿立て”と”滑り止め”を買ってきました(笑)
皿立て&滑り止め(修正)

この皿立て、予想外にnanoKONTROLとジャスト・フィット!(笑)
滑り止めは、キーボード上でツルツル滑るのを防止する目的で購入しましたw
ということで、設置してみた結果wwwwww
皿立て&滑り止め設置

オサレやん…?
操作性・見た目、全て計画通りでしたね(キリッ
プラグインばかりにお金を使っていましたが、やっぱり機材が増える(変わる)とモチベーションがアがりますw
SP-170Sラスト(修正)



以上、KORG『SP-170S』のご紹介でした。
いやぁ~…最初は鍵盤重すぎぃっ!と思っていましたが、慣れてしまえば弾き心地は良いですし、コスパ最強のキーボードですねw
僕、KORGは消費者に優しいから好きだよ(真顔)

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/76-c0d68a45