Sonimus 『Sweetone』

どうも、マサシです(`・ω・´)
ちょっと前までは冬の寒さでしたが、徐々に春めいてきましたねw

さて、今回は…
前回と同じくSonimusのフィルター系プラグイン『Sweetone』をご紹介させて頂きます。

sweetscreen.jpg

Sweetone

え~、こちらのプラグインの分類は…フィルター…です…?(笑)
EQと言えばEQなのですが、やれる事は…

・HiPass/LowPass
・トーン・コントロール
・プリアンプ(トランスによるサチュレーションの付加)
・出力調整

…のみ(笑)
価格は$25と非常にリーズナブルですが、その分(?)シンプルなプラグインですw

パラメトリックEQの様に色々な帯域を弄る事は出来ませんが、「CPU負荷の低さ」「シンプルな操作性」「音楽的なフィルター処理」といった利点を活かして、ミキシング工程で力を発揮してくれるプラグインです。
Softubeの『Tonelux Tilt』と機能面・見た目がもろ被りしており(笑)、確証は無いですが、双方共同じハードウェア(ToneluxのTILT)をモデリングしていると思われますw


●Softube『Tonelux TILT』
…切れ味良過ぎず・なまくら過ぎず(笑)な音楽的なHiPass/LowPass処理が魅力のプラグイン。地味にアウトプット・ゲインにサチュレーション効果あり。僕もそれなりに愛用しています(笑)

Softube Tilt


ティルト(Sweetモード)

『Sweetone』『Tonelux TILT』は基本的な部分はほぼ同じですが、やれること(選択肢)の幅はSweetoneの方が(ちょっとだけ)広いです。
双方の売りであるトーン・コントロール機能「ティルト(高域増幅&低域減退 or その逆を行う機能。「傾ける」という意味の言葉)」に、Sonimus独自の『Sweet』モードが追加されています。

Sweet Mode

Sonimus本家の説明曰く、
・通常のティルト・モード = 650Hzを軸に傾斜
・Sweetモード = 2kHzを軸に傾斜
…となるらしいですw
グラフに表すと、こんな感じだとか…。

●Sweetモードの傾斜
tone-tilux-Sweet.jpg

トーン・コントロール量を増幅させる「Loud」をONにした場合のグラフがこちらw

●「Loud」&「Sweet」をONにした場合
tone-loud-sweet.jpg


ほ~ん…なるほどねぇ…(・ω・)
LoudをONにすると、サイン波の様な形になるんですね。
"中域カット" + "高域&低域をブースト"で、ドンシャリ傾向の音に変化する感じ?
SPL「Vitalizer」(また後日紹介しますw)も同じような処理を行うらしく、マスタリングの際のEQ処理にも近いですね。
こういう曲線を描く事が、人間の耳には音楽的に聴こえるのでしょう…か?(笑)
こうしてグラフで見ると、なかなか面白いですねw


トランス・サチュレーション

個人的に『Sweetone』のミソだと感じたのが、トランス・サチュレーション(プリアンプ)機能ですw
2014y03m15d_184619515.jpg

ON/OFFの切り替えのみですが、このサチュレーション効果がかなり出来が良い!
高域に対して歪みを加えるらしく、絶妙なハイファイ感(?)を付加してくれますw
これまた親切にも本家でグラフが掲載してありましたので、転載させて頂きます(笑)

preamp-thd.jpg

この様に、広い範囲で倍音を付加してくれます。
パッと聴いた感じ、そこまで激変する感じはしないのですが(笑)…オケに混ぜると、明らかに高域の抜けが違います。
試しに参考音源をご用意しましたので、お暇でしたらどうぞw

新曲…を中途半端に所で切って、実験してみました(笑)
まずは、バイパスした状態。



ドラムバスだけに『Sweetone』をインサート。PREAMPのみONにし、フィルター系・トーンは弄っていません。





…思っていたよりも、効果を感じ辛いかもしれません(苦笑)
ですが、スネア・ハイハットの抜けが微妙~に良いのが、お分かりでしょうか?w
やや軽やかな音に変化し、独特なハイエンド感を得られます。
今回は何故かドラムで試しましたが、とりわけ、ボーカル・ピアノ・ギターと相性が良さそうな音ですね(笑)


HiPass/LowPassフィルター

Sonimus製品には大方装備されている機能。
『Sweetone』のフィルターは、他の製品付属のとは別物かと思いましたが…パッと聴いた感じ、微妙に違うような、同じ物のような…www
細かい事は不明ですが(苦笑)、実に自然&音楽的なカットを行ってくれます。
Softube『Tonelux TILT』と比較しても、大差無いと思いましたw

そんな切り方を活かす為(?)か、このHiPass/LowPassフィルターには数値表記がありません
Sonimusの他の製品では「●Hz」とちゃんと表示されているのに、『Sweet Tone』だけ表示しない事を考えると…「大丈夫!うちのSweetoneは耳で判断すればいいから!音楽的だから!こまけぇ事は気にすんなよ!」って意図があるのかな?(笑)
まぁ、実際、それで(耳で判断)充分使えるフィルター処理だと思いますw

このフィルター処理の参考音源を作るのが手間でしたので(苦笑)、その他の機能も含めて動画にしてみましたw



プラグインを弄っている所をキャプチャしただけで、編集は無しですが…まぁ、この方が分かり易い…でしょうか?w
ほら、海外のプラグイン紹介動画あるあるの「Bypass?」「Great!」「Very,very nice...!」とか、途中で邪魔な声が入らない方が、プラグインの性質が伝わり易いし…(震え声)
うん、まぁ…良い感じの切れ方ですよね!(笑)




以上、Sonimus『Sweetone』のご紹介でした。
機能的には簡素なプラグインですが、値段・使い勝手の良さ・音質など、様々な面でオススメできる一品です(`・ω・´)b
やや煤けた感じのGUIもカッコいいので、コレクターの方は是非w


それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/72-51079e7f