Sonimus 『Satson』

どうも、マサシです(`・ω・´)
仕事が休みの日は専らブログ更新に時間を割いていますが…この調子だと、本業の作曲が…(苦笑)
……うん、ブログは毎日ちょこちょこ書き溜めていって、休日は音楽制作に充てよう。そうしよう…w

と、愚痴をこぼした所で、今回もプラグインのご紹介です!(笑)
今回は、Sonimusのコンソール・エミュレーター・プラグイン『Satson』をご紹介させて頂きます。

satson-630-80 (1)


今回も前々回に引き続き、マイブームのマイナー(インディー)系プラグインですw
とはいえ、この『Satson』はその中では比較的有名(微妙に矛盾してるw)な部類に入るかと思われます。
…まぁ、僕は教えて頂けるまで、その存在を全く知りませんでしたけどね…(笑)

さて、気になるお値段ですが…なんと、たったの$39!!(4000円位)
デザインもかなり洗練されており、そこらの市販のプラグインと比べても遜色ない…!(`・ω・´)
という事で、即買い(笑)
元値が元値の為、こちらのプラグインもデモ試用は不可でしたが…とりあえず、所有欲優先で即決ですw


Satson

saton_buss_channel.jpg

う~ん…この安さで、この質感のGUI…堪りませんなぁ…(´ω`)=3
僕みたいな収集癖がある人間にとっては、素晴らしいメーカーです(笑)

こちらのプラグインの分類は、コンソール・エミュレーター
WAVES『NLS』やSlate Digital『VCC』等と同族で、最近になって注目されてきているタイプのジャンルですね。
DAWの初期機能に、この手の機能が付き始めたりもしてますw
技術が進歩するにつれ、求められる音はアナログ方面に回帰していく…。
今に始まった事ではないですが、なんだか不思議な感覚ですね(笑)
まぁ、そんな事は置いといて…w

Satsonの使い方は、いたってシンプル!
各トラックに「CHANNEL」・バス/マスターには「BUSS」をインサートして、「FAT」をON。その後、好みに応じてGAINを回すだけです(笑)
NLSやVCCのグループ機能(一つを操作すれば、他のチャンネルもそれに追従する機能)は無く、それぞれ個別で設定(orコピペw)をする必要があります。
まぁ、安いし…そもそも、コンソールの種類が一つしかないので(笑)、特別不便しませんw

設定可能なパラメータもシンプルで、
「GAIN(※)」…出力調整。ここにもサチュレーション効果あり?
「HiPass/LowPassフィルター(※)」…Sonimusが売りにしてるっぽい(?w)、高品質フィルター。
「FAT」…サチュレーションを付加。
…の3つという構成になっています。(※が付いている機能は、「CHANNEL」のみ)


え~…この様に、使い方にコツ等を必要としないシンプルな構成のプラグインである為…今回は長ったらしい蘊蓄(笑)は少なめで、早速、参考音源を貼っていきますw
曲は、VSC-2の時にも使った物と同じ『ユートピア』。
Satsonをインサートした状態でバランス調整したので、Satson無しの方は少々バランスが悪くなってしまいました…(苦笑)
まぁ…かえって効果が分かり易い、のかなぁ…?w

●Satson無し



全チャンネル、及び、マスター・チャンネルにSatsonをインサート(全て「FAT」をON・GAIN量は…まちまちw)


●Satsonあり



…いかがでしょう?w
やれNEVEだのSSLだのといった名機の音をシミュレートしたNLS・VCCのそれらと異なり、割と”えぐ味”(?)が少ない、さっぱりとした味付けですね。
原型を崩さないサチュレーション効果で、出音傾向はVCCに近い印象。(ヴィンテージの香りは弱めで、モダンな出音傾向?)
正直、この値段だから…と、性懲りもなく侮っていましたが(苦笑)、いやはや…良い音ですwww


HiPass/LowPassフィルターに関してですが…これ、単なるオマケ程度の機能という訳でもなく、意外と実用的!(笑)
キレッキレ系ではなく、音楽的にカットする系のフィルター(?w)です。(Softube『Tonelux Tilt』に近い質感)
また後日ご紹介させて頂く、同じくSonimusの『Sweet Tone』とほぼ同等の機能だと思います。(だからと言って、SatsonがあればSweet Toneはいらない子……という訳でもなく、案外、Sweet Toneが真打?w)


正直、見た目が良いだけで中身はどうかな?と勘ぐっていましたが、かなりクオリティー高いですwww
Satsonの出来が良いので、既にSonimusのプラグインは全て購入しました(笑)
まだ3つ(近々、新作が出るらしい)しかありませんが、もっとも高価な『SonEQ Pro』でも5000円も出せば買えるので、今後に注目のメーカーです!w



以上、Sonimus『Satson』のご紹介でした。

こういう安価でクオリティー高いプラグインをリリースしているメーカーを見つけると、俄然嬉しくなってきますw
…ブログのネタにも困らないしね(ボソッ
あ~、マイナー系プラグイン漁るの楽しいなぁ!w
という事で、今後の記事はマイナー系プラグインの比重が増えそうです(笑)


それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.16 22:19 | | # [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
こんばんは~w

Satson、値段を考慮するとかなりオススメのプラグイン!(`・ω・´)b
「潤い肌」化粧水…それ、良い例え方ですねwww
確かに、そんな感じします!(笑)

VCCとVSC-2があれば、確かに事足りますが…Satsonは安価ながらも出音等で劣っている感じはしませんし、キャラクターの選択肢を増やす意図で、上記のそれらをお持ちの方にもオススメできますね。
明後日(3/18)にSonimusの新作プラグインが発売されるみたいですが、それも恐らくコンソール・エミュ系っぽいので気になりますw(ブリティッシュ・コンソールとか書いてあったので、SSLとかその辺かな?でも、パッと見はSSL系ではなかったですが…w)

Studio One、フォルダ編集機能が欲しいですよね~…。
SONARでは自分で「WAVES」⇒「バンドル製品」みたいな感じで分けていまして、それを眺めてグフフ…とか言ってたり(苦笑)
Studio One 3ならきっと…Studio One 3ならきっと何とかしてくれる…!!w
2014.03.16 23:07 | URL | #- [edit]
えとー says...""
Sonimusの新作見てみましたよ。

どうやらNeve8014コンソールのエミュみたいですね~

ふーむ色々と被りそうw

2014.03.17 20:53 | URL | #NAijnZeA [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>えとーさん

あぁ、NEVE8014のモデリングだったんですかw
早速、発売後即購入しましたが…これ、Satsonよりも良いかもっ!w
GUIはややちゃっちい感じがしますが(多分、アップデートで良くなるはず…)、Satsonよりももっと中域が粘っこい音で、味がありますよ(笑)
なるほど、確かにNEVEっぽいw
2014.03.21 23:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/71-52005b54