Rob Chiarelli Signature Series 『MIX BUSS LITE』

どうも、マサシです(`・ω・´)

私事ですが、最近、マイナー系プラグインが気になっています(笑)
日本の代理店はおろか、海外の代理店(JRRやAudioDX等)での取り扱いもあまりなく、基本的にオフィシャル・サイトから直接購入するプラグインです。
個人制作に近い状態の物も多く、流石にWAVES等の有名メーカーと比較すると、やや見劣りしてしまう部分もありますが…安価ながらも、意外と実用的な製品が多かったり(失礼w)、僕の様なプラグイン・コレクター(笑)には穴場だったりしますw

●万円のプラグインが出せるサウンドには僅かに及ばずとも、数千円で充分代用が効く製品も多く、金銭面でも優しく、マイナー系プラグイン使ってる俺KAKKEEEE!感を得られたり(笑)と、色々とメリットがありますw
例えるなら、インディーズバンドを漁る様な感じ?w

そんなこんなで、今回は新発売(?)のマイナー系プラグインRob Chiarelli Signature SeriesMix Buss Lite』をご紹介させて頂きます。

robchiarelli_mixbusslite.jpg


こちらのプラグイン、最近になってJRR SHOPで取り扱い始めたばかりです。
価格はなんと…$19(2000円弱)!(クーポンを使えば、更に僅かに安くなります)
安い!!見た目も安っぽい!!(笑)

それだけ安いだけあってか、デモ試用は不可。
いくら安くてもデモを試せないんじゃ、買っといてもHDDの肥やしになるのでは…と勘ぐっていましたw(新作の所為か、参考音源も無し)
ですが…何となく僕の中でティンと来たので、HDDの肥やしになろうとも、ブログの肥やしになってくれれば(ゲス顔)…と考え、とりあえず購入しました(笑)
何とも狡い考えでしたが(苦笑)、結論から言いますと…これ、お値段以上の価値は充分あるプラグインです!w


Mix Buss Lite

では、プラグインの説明をさせて頂きます(`・ω・´)
GUIやパラメーターを見てみると大方想像が付くかと思いますが…分類としては、リミッター/マキシマイザーです。

●操作&使用方法
操作&使用方法は、非常に簡単(笑)

マスター・チャンネルにインサート

インプットを上げる

楽曲ジャンルに沿ったアタック&音に付加するキャラクターを設定する


…基本的にこれだけですw
リミッター/マキシマイザーなのに、アウトプットの設定が見当たりませんが(笑)…-0.1dbをはみ出さない様に自動設定されている様です。
内心、「安物だから、こんなリミッター機能は当てにならんだろwww」とナメていましたが、相当な鉄壁っぷりでしたw(※ただし、突っ込むと結構歪む)
”一定のレベル以上ははみ出さない”という点に関しては、WAVESのL3に近いレベルだと思います(笑)

●音にキャラクターを付加する
このプラグインの売りである、音に付加するキャラクターに関してですが…正直、これも想像以上に良いです!w
↑の画像では4択ですが、実際のプラグインでは5種類。(と言っても、「None(色付け無し)」なんですけどw)
クリアな音・ヌクモリティー溢れる音(笑)・野太い音・それら全部入り…等、アタック設定と組み合わせれば、そこそこ選択肢の幅もありますw

●アタック設定
アタック設定に関しては、まだじっくりと検証(という程でもないけどw)していないので、詳しい事は分かりません(´・ω・`)
ですが…何となくですけど、

「Hiphop」→キックやベースといった低域部のアタック感を強調?
「Pop」→全体的にそのまま持ち上げる?
「Rock」→ドンシャリ気味?
「Ballad」→他の設定と比べ、インプットを上げた時のラウド感が少なく、大人しめ?
「Easy(イージー・リスニング?)」→謎(笑)


こんな感じの音になる、気がします(苦笑)
インプット・レベルを持ち上げた際、マキシマイズされる帯域が異なる…みたいな感じ…っぽい…w




購入前の僕同様に、「気になるなぁ…でも、得体の知れない物に2000円払うのはなぁ…(´ω`;)」と考えておられる方もいらっしゃるかと思いましたので、恒例のデモ音源を作ってみました(笑)

マスター・チャンネルにMix Buss Liteをインサート。
○設定
・Input Drive = +3
・ATTACK = 「Pop」
に固定し、5種類のCOLORをそれぞれ比較してみました。

Mix Buss Lite(Small)



まず、Mix Buss Liteを使用していない状態の音源からお聴きください。
●Mix Buss Lite無し(Default)



Mix Buss Liteをマスター・チャンネルにインサート


●「None(色付けなし)」


●「Fat」


●「Clear」


●「Warm」


●「Full」



…いかがでしょう?w
名称と音の感覚が判別し易く、持ち上がり方もそれぞれ個性がありますね。
音圧感を出すのにも最適で、中でも特に「Full」を選択時は全体的にグワっと持ち上がりますw
これは個人的な印象ですが…この丸っこい音・味付けはPSP Audiowareのプラグインを彷彿とさせます(笑)

推奨されている「マスター・チャンネルでの使用」はもちろんの事、CPU使用量の少なさを活かして、全トラックにインサートするのも有効です(`・ω・´)b
深目に突っ込んだ時の歪み方も良い感じですので、軽く歪ませる用途もOK!
リミッター兼味付け用プラグイン…みたいな感じですね(笑)




以上、Rob Chiarelli Signature Series『Mix Buss Lite』のご紹介でした。

いやぁ、最初は期待と不安が入り混じった微妙な気持ちでしたが…思いの外、良い買い物をした気がしますw
似た用途のプラグインは何個かあるので、絶賛とまではいきませんが(笑)、買って損は無いクオリティーです!w
単純に、リミッターとしての性能は優秀ですしね(笑)
特に、DAW付属のプラグインに飽きてきた・物足りなさを感じている方にはオススメ!v(^ω^)v


それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.08 20:47 | | # [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
コメント、ありがとうございます!
励みになります(笑)

いや~、ちょうどこの手のマイナー系プラグインの話題を振って頂いた時、ちょうどよくMIX BUSS LITEを購入しましてw
つくづく意見(話題)が合うなぁ…と、妙なシンパシーを感じましたw

このMIX BUSS LITE、これを機に始まったばかり(?)のシグネイチャー・シリーズみたいですね。
そうそう、ググったらWikipediaなんかにも載っている著名なエンジニアさんの名前が使われてて、少々驚きましたw
実際、このプラグインが気になっている方が多かったのか、この記事の閲覧数も多いみたいなので…もしかしたら、今後人気のメーカーになるかもしれません(笑)

あぁ、言われてみれば…インフレーターに似た傾向がありますね。
IK Mlutimediaの「Brickwall Limiter」「Soft Clipper」にも似た印象もあります。
MIX BUSS LITEを買って以来、色々と試していますが…本当、値段以上の価値は充分ありますw(飛び抜けてハイ・クオリティー!…という訳でもないのですがw)

Fluxの『Elixir』は素晴らしい!w
僕もマスタリングの際には、必ず使用しますw
あれ?僕もStudio One 2(Windows 64bit)の環境ですが…Elixirを挿しても落ちませんね…。(とはいえ、プラグインの立ち上がりがやけに遅いので、もしかしたらStudio Oneとの相性はイマイチなのかも?w)

おぉっ!FG-Xのバージョン・アップ版が出るんですか!?(笑)
それは気になりますね…ゴクリ(`・ω・´;)
ていうか、Slate Digitalは新製品の情報ばかり出して、肝心のプラグインがなかなか出ないのですが…www
Slate Digitalと言えば、最近「Steven Slate Drums」を購入しましたw
前々から気になっていたドラム音源ですが、これ…値段が安い割に、かなり良い音で気に入っています(笑)
2014.03.11 00:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/69-d2b879f8