PSP Audioware 『Master Comp』

どうも、マサシです(`・ω・´)
最近、去年辺りから流行り始めた「着る毛布」なる物を買いました。
これ、めっちゃ暖かいですねwww
ただ、丈が長過ぎて裾を引き摺るのがなぁ…w

さて、今回ご紹介させて頂くのは、
PSP Audiowareの『Master Comp』です。

PSP_MasterComp.png

以前、記事を書いたiZotpeNectar Elements』と抱き合わせ販売(笑)していた時に購入。
その時の記事でも言っていますが、こちらが本命でしたw
PSP Audioware(以下、PSP)のプラグインは、これで2つ目(`・ω・´)
PSPの『Vintage Warmer』には何かとお世話になっていまして、他のプラグインも気になっていました。
中でも特に、この『Master Comp』には大変期待しておりました(笑)



●Master Comp

その名称からお判りかと思いますが、マスター・チャンネル or マスタリングでの使用を想定して作られたコンプレッサーです。
まず、気になるコンプレッションの具合ですが…端的に言うと非常にスムース&ナチュラル
てっきりVintage Warmerみたいな、粗っぽいガッツリ系のコンプかと思っていましたので、意表を突かれまくりでしたw (あれがPSPの音だと思っていたので…w)

ゴツ目な見た目(?)とは裏腹に、繊細なコンプレッション。
結構突っ込んでみても、あまり潰れている感じがしません。
他社のコンプを比較に出すと…Slate Digital『FG-X』の上段に搭載されている「FG-Comp」に近い。
…が、不思議とMaster Compの方が音圧感がある気がしますw
ともかく、滑らか系コンプが好きな人にはオススメした一品ですw

設定出来るパラメータが多く、様々な場面での活躍が見込めます。
アタック・リリース・ゲイン等、オートで設定出来る物も多いので、いまいちコンプの構造が分からない方でもレシオとスレッショルドだけで操作できるのが嬉しいですねw
更に、サイドチェイン・EQ(フィルター)、パラレル・コンプレッションにも対応していて、コンプ上級者には有難い機能も盛りだくさん!(僕は使いこなせてないですが…w)
ちなみに、レシオは予め決められた値しか設定出来ない仕様です。(地味にネガティブ・レシオも設定可)

その他にも、Fatモード(音が太くなる)ニー(HardとSoftの2種類)入力検知方法の切り替え(PeakとRMS)リミッター…等の、サブ的なパラメータも充実してます。
残念ながらMSモードは無いですが、まぁ…その位は気にならない充実っぷりです(笑)

一方、倍音の増幅は微々たるものなので「挿しただけで音が立つ!」等の効果はあまり期待出来ないかも…。
それがこのコンプの良さでもあるのですが、そういうのを期待されている方はご注意をw

負荷に関しては…う~ん、特別重い訳でもなく、かといって、軽い訳でもなく…w
CPUに余裕があれば、ミックスでも十分使えるかと思います。
それを見越してか、トラック用の『Micro Comp』なる物もセットで付いてきますw

PSP_MicroComp.png

これは、Master Compの機能を一部削除した軽量版です。
滑らかなコンプ感は変わらず、負荷が軽くなっています。
むしろ、パラメータが少ない分、こちらの方が色々と使い勝手が良いかもしれませんw
かくいう僕も、こっちの方が使用頻高かったり…w


う~ん、PSPのプラグイン…良いですねぇ(笑)
プラグインならではのオリジナリティーがあって、モデリング系よりも使い勝手が良いかも?
見た目に関しては賛否両論あるみたいですが、この会社の「音」が気に入ってます。(何と言うのか…こう、音がギュッと詰まった感じ?w)
『Vintage Warmer』の派手な掛かり方と比べて、『Master Comp』はパッと聴き地味ですが(笑)、堅実に仕事してくれます。
悪く言えば「特徴が無い」ですが、この手のコンプは持っておいて損はないと思います(`・ω・´)
という事で、個人的にはオススメ!w



以上、PSP Audioware 『Master Comp』のレビューでした。
またしても、ざっくばらんとしたレビューだった様な…(苦笑)

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/54-6b85b0a9