MS処理について

どうも、マサシです(`・ω・´)
連続の更新ですw

先日、僕の音楽仲間のそーだーすい(炭酸水P)さんに「MS処理とはなんぞや?」と聞かれました。
最近よく耳にする単語ですが、いまいちやり方が分からない…との事でしたので、簡単なMS処理のやり方をここに記しておこうと思いますw
「MS処理」で検索すればゴロゴロ情報が出てきますので…今更、僕みたいな若輩者が説明するのも恐縮です…w
出来るだけ分かり易い説明を出来るよう、努めさせて頂きます…はい(苦笑)

あっ、そーだーすい(炭酸水P)さんは主にニコ動でご活躍されています。
心温まる良い曲を書かれる方なので、是非聴いてみてください!w
もっと評価されるべき!!

【初音ミク】 happy morning 【オリジナル】


では、今回の本題「MS処理」についてご説明させて頂きます。
「そもそもMS処理って何?」という最初の疑問については、他の方にお任せ…しようと思いましたが(笑)、簡単に説明させて頂きますw

●MS処理って何?
元はステレオ録音の方式。
通常のミックス・マスタリングはLR形式で行うのが一般的ですが、MS処理では、LR信号から「Mid(L+R)」と「Side(L-R…L+Rの逆相)」に取り出し(分離し)、それぞれを個別に処理する方法です。
「L+R」とか言われてもよく分からないですが(笑)、
Mid…センター成分の音
Side…両サイドの音
と、考えて問題ないでしょう。

MS処理のメリットは「定位と奥行きの表現力アップ(空間表現の向上)」が主な役割と言われています。
最近ではそれに加え、音圧を稼ぐ際にも使用されています
基本的に音のピークを占めるのはセンター成分のMidなので、音圧低めのSideの音量・音圧を上げる事により、通常のLR(ステレオ)マスタリングでは不可能な音圧感を出す事が可能です。
ただ、これには少々注意が必要です。(詳しくは後述)

よく分からない説明だったかもしれませんが(苦笑)、参考音源も用意しておきましたので、そちらと併せてMS処理の効果を実感して頂ければ…と思いますw



●MS処理のやり方

参考音源として、僕のオリジナル曲『風の羅針盤(作詞:カスタード)』の2mix(の一部分)を使用します。
まず、元となる2mixはこんな感じです。

・風の羅針盤-2mix


……ショボいな(´・ω・`)
とりあえず、今回はこれを使ってMS処理をしてみましょう(笑)



①LR信号を、Mid/Sideに分離する
まずは、LR信号をMidとSideに分けます。
この分離する方法は色々とあるのですが…ここでは、そーだーすいさんのご要望に沿って、WAVESのMSエンコーダー・デコーダー『S1 MS Matrix』を使用して分離しますw

・WAVESのS1(ステレオ・イメージャ―)の中に含まれる、MSエンコード・デコード・ツール。このエフェクトは1個適用する度に、音量が-3dbされる仕様です。
s1-msmatrix.jpg

まずは、DAWでトラックを立ち上げて2mixファイルを読み込みます。
そして、そのトラック or マスター・チャンネルに『S1 MS Matrix』をインサート。
すると、LR信号がMS信号にエンコードされ、LチャンネルにMid成分・RチャンネルにSide成分が分離されます。

MSMatrixインサート


上の画像の状態がこれ。
…何だか精神的に不安定になりそう(笑)

・MS Matrixで分離した状態





②Mid・Side、それぞれにエフェクトを掛ける
分離させたら、それぞれにエフェクトを掛けていきます。
上記のMS Matrixで分離させた状態にエフェクトを掛ける場合、マルチ・モノで動作するプラグイン(L/Rを個別に設定出来るプラグインの事)が必要となります。
WAVESで言うと…Renaissance Maxxの『R-EQ』とかですね。

・定番のR-EQ。画面右下のLinkを解除すると、マルチ・モノとして動作可能。
デュアル・モノタイプのEQ

ですが、このマルチ・モノタイプのプラグインを使う方法はあまりオススメしない…というか、マルチ・モノで動作するプラグイン自体、数がそんなに多くないですw
なので、MS Matrixを挿した状態の音源を一度バウンスしてしまいましょう。
バウンスする際、「スプリット・モノ」等の設定があれば、それを選択します。(LとRを別々に書き出す設定)
その後、それぞれのファイルをDAWに再度読み込ませます。
こうする事でMidとSideを別々取り出せ、マルチ・モノ動作不可のプラグインでも、個別にエフェクトを掛ける事が可能になります。


・MidとSideを個別にバウンスした後、DAWに読み込んだ図。(元の2mixトラックはミュートしておきましょう)
MS.jpg

ついでですし、MidとSideそれぞれがどんな風に聴こえるのか、参考音源も貼っておきます(笑)
何か…恥ずかしい…w

・Mid成分


・Side成分




という事で、MidとSideそれぞれに適当にエフェクトを掛けてみました。
今回は、MS処理の効果が分かり易い様に…と言う事で、音圧を重視したエフェクト処理です。

・双方とも、「EQ→コンプ→トランジェント→リミッター」の順でインサート。フェーダーでMid成分を少し減らし、Side成分を強調する設定にしてみました。
MSマスタリング(MSのみ)



②Mid/Side信号を、再びL/R信号に戻す
Mid/Sideをそれぞれエフェクト処理したら、元のL/R信号に変換します。
やり方はいたって簡単。
マスター・チャンネルに『S1 MS Matrix』を挿すだけです。
この時の注意点は、MidをPAN=L(左一杯)・SideをPAN=R(右一杯)に振っておく事。

(↑の画像では、既にその様に設定してあります)

『S1 MS Matrix』の仕様上、音量レベルが下がりますので(-3db)、最後に少しトータル・コンプ&マキシマイズしてみました。
MSマスタリング(Masterのみ)

↑の画像の状態の音源。
Side成分上げすぎ&マキシマイザー突っ込みすぎで、ちょっと下品な感じ…(苦笑)
僕が最初に公開したテイクも、比較用として貼っておきますw(45秒辺り~)

・MS処理で、積極的に音圧を稼いだ音源


・最初公開したテイク


Oh...大分音圧が上がりましたね(笑)
その分、奥行きが犠牲になっていますが…w

以上、MS処理を行ったマスタリングの解説でした。
…いかがでしたでしょう?w
今回、僕は音圧を稼ぐ手段として用いてみましたが、普段は音像操作で使っています。
この様に、通常のLRマスタリングでは出来ない事が(比較的)簡単に行えます。
『S1 MS Matrix』等のMSエンコード・デコード用プラグインや、MS処理対応のコンプ・EQを使うのが手っ取り早いですが…一応、それらが無くても出来るみたいです。
位相反転を使う方法みたいですが、僕はやった事ないので、詳しく知りたい方は探してみましょうw




●MS処理の注意点
ここまでの解説を読んでいると「MS処理最高!(笑)」みたいな感じですが、デメリットもあります。…多分w
一つ一つ解説するのも面倒なので(苦笑)、箇条書き+αで簡単に書いておきますw

・音圧を稼ぎ過ぎない!
Midはアレとして、Sideにはリバーブ成分が多く含まれています。
つまり、2mixの奥行きはSideの処理が大きく関係してきます。
Sideの音圧を上げすぎると、せっかく苦労して作った奥行きがノッペリとしてしまう可能性大。
…ので、ほどほどにしておきましょう(笑)


・重心の偏りに注意!
これもMS処理で音圧を稼ぎ時に起こりうる弊害です。
元の状態では左右・中央バランス良く鳴っていても、MS処理で音圧を稼いだ際、例えば…Lchでずーっとカッティングしてるギターが意外と低音を含んでいたりすると、音圧・音量によっては「音の重心」が左に寄ってしまう事があります。
まぁ、この辺りはミキシングの工程で左右・中央の帯域バランスをしっかり調整しておけば問題無いのですが…w


…まぁ、要約すると「便利だけど、ヤりすぎ注意!」ですw






以上、MS処理の解説でした。
分かりにくかったり、見難かったりする箇所があるかと思われますが…とりあえず、これで〆で(苦笑)
今更こんな事をいうのもなんですが…ここで書いている内容は、SLEEP FREAKS様が公開されている動画とほぼ同じですので、こちらを見て頂いた方が分かり易い&時間の短縮になると思いますw



それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

ゆーだー says...""
ものすごく丁寧に書いていただいて嬉しいです!!!

いろいろ試して実験しております!!!!

あ、ゆーだーです。

分かりやすく参考になりました!

また音楽作戦会議、、開きましょうヽ(*'ω')ノ♪わくわくわくわくわくわくわく
2013.11.16 21:22 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>そ…ゆーだーさん

コメント、ありがとうございますw

結局、前にツイッターで言ってた事と同じ内容でしたが、少しは伝わり易かったでしょうか?w
今回はマスタリングでのMS処理についての話題でしたが、ミキシングにも使えるテクニックです!(`・ω・´)
例えば、「ストリングスを後ろで鳴らしたい…けど、フェーダー下げたりしても上手くいかない(;ω;)」なんて時に、MS処理を施す…というか「S1 MS Matrix」をただ”通す”だけでも、上手く奥に引っ込んでくれたりします。
ついでにSide成分の音圧も稼ぎながらMIX出来たりするので、オススメですよ~!
2013.11.16 23:24 | URL | #- [edit]
通りすがり says...""
すごい!!!!こういう記事とってもありがたいです><
感謝感謝です!!
2014.12.13 02:50 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>通りすがりさん

はじめまして!
コメント、ありがとうございます!

いえいえw
改めて見てみると拙い説明ですが(笑)、そう仰って頂けて光栄でございます(^ω^)
お役に立てたのでしたら、幸いです!(笑)
2014.12.20 23:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/52-22324d00