SONAR X2の感想(新機能編)

それでは…予告通り(笑)、今回は新しい音楽制作ソフト「SONAR X2 Producer」の感想を書いていきます。
あくまで個人的な感想ですが、ご購入を検討されている方・迷っている方に何か情報を提供出来れば…と思いますw

僕は音楽を始めてから、ずっとSONARユーザーを貫いています(笑)
その理由は様々ですが…やはり、操作性に慣れているから、というのが一番大きいですねw(よって、なかなか他のDAWに乗り換えられないw)
一応、CubaseとStudio Oneは少しだけ使った事がありますが、まるで操作感が違ったので諦めました…(苦笑)

SONARシリーズは、今回のX2を含めて3つ目です。

SONAR 6XL

SONAR 8 Producer Edition

SONAR X2 Producer

の順番でアップグレードして来ました。
8はかなり評判が良く、操作性に関しても文句無しでしたので、正直、わざわざX2に乗り換える必要があるのか?と思っていましたw
とはいえ、GUI(デザイン)にマンネリを感じていましたので(笑)、Xシリーズの洗練されたデザインが恋しくなったのが、今回の乗り換えに踏み切る最たる要因になりましたw

という事で、まずはこちらを御覧ください(`・ω・´)
(画像が大きいので、クリックで全画面表示になります。)

SS-1.png


これがSONAR X2のホーム画面。
洗練されてる!(笑)
話によると、ProToolsを参考にしてるとか。
ProToolsは知らないけど、Studio Oneにも似た感じの配色…w
ともかく、こういうの大好きなので、テンション上がりますww

実はまだちゃんと使ってはいないのですが、操作性は前回の8から結構変わっています。
大まかな所はそれほど変わっていないですが、キーボード・ショートカットやピアノロールの仕様の変化にはやや戸惑いましたw

特に、ピアノロールは分かり易く…というか、楽になりましたw
今まではツール(消しゴム、ペン、選択ツールなど)を持ち替えて打ち込む必要がありましたが、今回は全部マウスだけで出来る様になっています。片手でポチポチと出来るのが嬉しいですね(笑)
あと、地味~にノートが立体的に表現されていて、見やすくなっていますw

そして、僕が一番気に入ったのが、ミキシング関連の新機能…その名も「ProChannel」!!w
画像左に設置されているのが、それになります。これはSONAR X1の時から追加された新機能ですが、8からの僕としてはとても新鮮(笑)
EQ・コンプ・サチュレーター等が一つに纏められた、いわゆるチャンネルストリップという物なのですが、これがなかなか便利です。
詳しくは、また次回の日記で触れてみようと思います(`・ω・´)

他にも、ソフトシンセも数が増えてます。
これについても、また詳細を別の日記で書かせて頂きますw


さて、本題(?)の感想についてですが…単刀直入に言わせて頂きますと、
買って良かった!!
国内版は、日本語マニュアル等が付いたり何だかんだで結構なお値段ですが、海外版のProducerなら25000円(±3000円)位の価格で購入でき(国内版のStudioより安い)、なおかつ、これだけの機能・音源・エフェクトが付属している事を考えると…w
SONAR X2の導入をお考えでしたら、海外版のProducer 一択で間違い無いでしょう(`・ω・´)
英語が心配!と思うかもしれませんが、日本語化も可能です。(※ただし、ヘルプは英語のまま)
これに加えて「SONAR X2 完全攻略ガイド」も購入すれば、インストールから操作まで問題無しですw(僕は同時購入しましたw)

では、次回はオーディオと音源について触れていきます。
お暇でしたら、お付き合いくださいm(__)m
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/5-a9103277