Sonnox 『Elite Bundle』

どうも、マサシです(`・ω・´)
いきなりですが、新曲の宣伝を(笑)



『風の羅針盤』
作詞:カスタード(仮名)
作曲・編曲:マサシ


※歌い出しからファルセットなので、鳥肌注意!(悪い意味でw)


お世話になっているオリジナル曲投稿サイト『Only My Music』で12月に行われるイベント「MVC」。
そちらのイベント用に投稿された歌詞の中で、惜しくも本選から漏れてしまった歌詞に曲を付けさせて頂きました。(いわゆる、番外編)
作詞者は僕ではないので、許可なくここに歌詞を載せる事は出来ません。
お手数掛けますが、歌詞をご覧になりたい方はここからどうぞ!(笑)

曲調としては…う~ん…www
一応、リズムパターン的には2stepを踏襲している、のかなぁ?
個人的には、Sing Like Talkingっぽいイメージ(笑)
上手く歌詞にメロディーが乗せられず、ゴチャゴチャした曲に相成りましたw
力不足で、作詞者様には申し訳ないです…w



さて、今回はDTMerお馴染みの超定番プラグインメーカーSonnox Oxford (ソノックス・オクスフォード)より、『Elite Bundle(イライト・バンドル)』をご紹介させて頂きます。

SonnoxEliteBundle.jpg

10月中旬から11月一杯まで、Sonnox製品が全て40%O FF!!
という事で、ここぞ!とばかりに買っちゃいましたよ。えぇ(笑)
正確には、セールの少し前に「Oxford Dynamics」だけ別途に購入してまして、今回のセールでElite Bundle収録のその他のプラグイン(6種)をフレキシブル・バンドルで追加した形ですw
まぁ…バンドルの中身は全部揃ったので、記事では纏めて『Elite Bundle』としてご紹介させて頂く事にしました(笑)

余談ですが、「Oxford Dynamics」を某密林で購入した際、最近では珍しいパッケージ仕様で届きましたw
Sonnox Dynamics-3

Sonnox Dynamics-開封
お察しの通り、中身は紙切れだけでした(笑)
Slate Digital「VCC」はディスクも付いていたんだけどねぇ…w(結局要らないディスクなのですがw)

まぁ、雑談はここまでにしておいて、本題の各プラグインの紹介に移りますw



●Sonnox Oxford 『Elite Bundle』

このバンドルに含まれているプラグインは、全部で7種類。
値段がお高いだけあり(笑)、どれもこれも素晴らしいクオリティーです。

↑にリンクを貼っておいた『風の羅針盤』は、(一部を除き)Sonnoxプラグイン主体でMIXしてみました。
大方の使用感は掴めましたので、それも併せて感想を書かせて頂きます。
1個づつ紹介していきますので長文になると思いますが、よろしかったらお付き合いくださいw


・Oxford EQ
Sonnox-Oxford-EQ.jpg
EQです(笑)
何の変哲も無い、それ故に、素晴らしいEQだと感じました。
カット方向で使用した場合、このEQの右に出る者(物)はいないのでは!?(笑)
…と言う程、HiPass/LowPassフィルターの切れ味が凄まじいですw
味付けや変な音質変化をさせずにカット出来る点が素晴らしい。
とにかく、クリア。超クリア(笑)

ブースト時の音も取り沙汰されますが、レビューを探すと大体の方がこのEQを「カット用」と捉えています。
僕もそれに倣って(笑)、基本的にはカット用EQと割り切って使っています。(もちろん、ブーストしても良い音ですけどねw)
バンド毎に周波数設定領域が限定されている為、WAVESのR-EQ・H-EQ等の最近のプラグインEQと比べると、やや不自由に感じられるかもしれません。
…が、逆に考えれば、やりすぎ防止にもなっているのかもw

とりあえず、コンプ掛ける前には必ず挿す事にしてます。(HiPass用)
やや型が古いプラグインという事もあり、動作が軽いのも◎。
持っておいて損無し!



・Oxford Dynamics
Sonnox-Dynamics.jpg
その名の通り、ダイナミクス系エフェクトが集約されたプラグインです。
ゲート、エキスパンダー、コンプ、リミッター、サイドチェイン・EQ、ウォ…WARMTH。これらが1つに纏まっているので、かなり利便性が高いです。
偏見かもしれないですが、Sonnox製品でこいつが一番人気が無い…というか、あまり触れられていないのが、少々気掛かり(笑)
Sonnox製品を全て(ノイズ除去系は除く)デモ試用した中、こいつが一番…いや、2番?(笑)に気に入ったプラグインでした。(だから先に別途で購入)

切れ味の良いエキスパンダー&ゲート、音質変化が無いコンプ、簡易版Inflator…とにかく便利の一言に尽きます。
白眉は、やはりコンプ!こいつがお気に入り。
このコンプ、味付けが全くありません。…本当、不気味なくらいに(笑)
コンプの構造的に強く圧縮すればする分、音質が悪くなるのが普通なのですが、こいつはとにかくそのまま音を潰す。
「味付けが無い」どころか「味付け無さ過ぎて、かえって個性的」だと感じました(笑)
この手のコンプって言うと、WAVESのC1とかT-Racksの赤コンプ等がありますが、それらとは色んな意味で一線を画すコンプですw
トラック用はもちろん、マスター・コンプにも使えますよ~。

あと、エキスパンダーも細かく設定出来るので使いやすいですね。
WARMTHも後述のInflatorに近い物ながら、微妙にニュアンス?が違って使いやすいですね。
あまり取り沙汰されないプラグインですが、個人的には一押し!w



・Oxford TransMod
Sonnox-Oxford-TransMod.jpg
トランジェント・プロセッサー。
この手のプラグインで有名な所というと、SPLのアレですね(笑)
恐らく、Sonnox製品で一番扱いが難しいプラグインだと思われますw
「目的」自体は明確なのですが…なにしろ、扱いが難しいw(プリセットがろくに用意されていないのも原因?)
このプラグインの効果は…まぁ、詳しくはでググって頂くのが分かり易いと思います(笑)
凄く簡潔に説明すると「音の強弱を変化させる」事が主な目的。

基本的に中央のバーを上下させるだけなのですが…変化が激しいんですよ、これ(苦笑)
すぐに音がパッツンパッツンになったり、その逆もまた然り。
何度か触ってみたものの、全然上手く使えていないですw

この手のエフェクトは打楽器に使うのが一般的ですが、『風の羅針盤』ではメインボーカル・ハモリにほんのりと掛けてみました。
コンプを掛けて平坦になってしまったボーカルにほんのり掛ける事で、アタック感を甦らせて前面に押し出す…なんて使い方です。(狙った効果がちゃんと出ているかどうかはさておきw)
逆に、アタック感を弱くして奥行きを操作する…なんて使い方もあるとか。(試していないので、どれくらい出来るかは不明w)

ともかく、扱いは難しいですが、なかなか面白いプラグインです。
「SPLのアレの方が簡単じゃん」とか言わないのは、お約束www
ほら…こちらの方が設定を追い込めますし、Inflatorの簡易版みたいの付いてるし…ね?(笑)



・Oxford Inflator
Sonnox-Oxford-Inflator.jpg
Sonnoxと言えばInflator(インフレーター)。
Sonnoxで人気No.1のプラグインです。
「魔法のプラグイン」なんて呼ばれていたり(笑)

魔法なんて言われているくらいですから、いまいち正体がハッキリしないプラグインですが…これはエキサイターの部類に入るのかな?
「倍音を付加し、それを歪ませる事で音に迫力を出している」という情報があった気がしますが、詳細は分かりませんw
EFFECTを100%にして、隣にあるバー(Curve)を上げると、音量レベルをほとんど変化させずに音に迫力を増す事が出来ます。
結構エグい掛かり方をしますので、上げすぎには注意。

扱いが非常に簡単ながら、効果が分かり易い…なるほど、人気があるのも頷けます。
ですが、正直に言うと、Dynamics・Trans Mod・Limiterにはこれの簡易版(微妙に違うけど)が付いているので、単体での出番はあまりなかったり…w
僕が単体で使うときは、ボーカルやベース等の「聴かせたい部分」にインサートする事が多いです。
マスター・チャンネルや2mixに掛けるという話も聞きますが…う~ん、それはちょっと難しいかも…。(折角作ったバランスが崩壊しかねない)
ですが、弾き語り一発録りとかには良いと思いますw

若干否定的な感想になってしまいましたが(苦笑)、「出る杭を打つのが通」みたいなアレではないので、悪しからず…w
Inflator単体での出番が少ないだけで、それの簡易版は全トラックに使ってますから(笑)
僕みたいな打ち込み主体で制作している人間にとっては、まさに「魔法のプラグイン」です(`・ω・´)



・Oxford Limiter
Sonnox-Oxford-Limiter.jpg
リミッター&マキシマイザー。
WAVESのLシリーズと並んで人気商品です。

「リミッター・マキシマイザーは間に合ってるから…^^;」とか思っていましたが(笑)、思いの外使えるリミッターでしたw
まず、音が良いですね。Sonnoxらしい非常にクリア~な音。
Sound It!付属の物と比べパラメータが多く、様々な音作りも可能です。
その分、少々扱いが難しいかもしれませんが、こいつは珍しくプリセットが豊富に用意されているので大丈夫(笑)

やはり、綺麗に音圧が出せるのが最大の魅力です。
エンハンス機能が気持ち良く、ついつい上げ過ぎてしまいますw
エンハンスはInflatorの簡易版みたいな扱いでしょうけど、微妙~に音が違う気がします。(気の所為だろうけど、音像が少し広がる?)
もう綺麗に音圧出したかったらこいつ…と、FG-X…と、L3-16…あと、Elixirがあれば…って、結構要るな(笑)

動作が軽めで、各トラックに使えるのも大きなメリットです。
正直、WAVESのLシリーズは何だかんだ音に変化がある分、こっちの方が良く思えてきた…が、それでも僕は、L3の鉄壁リミッティングに相変わらず信頼を寄せてますw
もちろんOxford Limiterのリミッティング能力も高く、セクターZの最終防衛ラインや、スラムダンクのディフェンス神・池上の様なヘマはそうそうしませんので、ご安心を(笑)



・Oxford Reverb
Sonnox-Oxford-Reverb.jpg
リバーブです。
……以上!

と、それくらい特徴が無いリバーブですw
個性無さ過ぎて、かえって個性的…なんて事もなく(笑)、ひたすらリバーブです。(?)
ある意味、デジタル・リバーブの最高峰!w

非常にクリアで上品な残響です。…美しい(笑)
変な癖が全く無いため、使い勝手抜群!(`・ω・´)
設定出来るパラメータが非常に多くて、かなり設定を追い込めます。
その分、煩雑にも見えますが…プリセットが相当数あるので問題無く使えますね。(僕も大方プリセットを少し弄るだけですw)
キレッキレで定評があるOxford EQも装備されてるよ(笑)

惜しむらくは、IRリバーブの様なリアリティーが無い事くらいでしょうか。
まぁ、デジタル・リバーブなので、この辺は仕方がない…というか、お門違いw
とにかく、僕は手持ちにあまり良いリバーブが無かったので、今後はこれがメイン・リバーブ確定!(笑)



・Oxford SuprEsser
Sonnox-Oxford-SuprEsser.jpg
ディエッサ―。
…が、本職ですが、色々と出来る超便利なプラグイン。
個人的には、Elite Bundle内でこいつがNo.1ですw

正式名称は「サプレッサー」だそうですが、ややこしい事に"E"が大文字なので「スーパーエッサー」と思っている方もいるのでは?(笑)
かくいう僕は「スーパーイーサー」と思っていましたwww
何か語呂が妙に良くって、いまだに言っちゃいます(苦笑)
…そんな恥ずかしい勘違いは置いておいて、プラグインの説明をw

今まで色々とディエッサ―を使ってきましたが、その中でもSuperEsserは最高のディエッサ―です。
Sonnoxの十八番「音質の変化の少なさ」が、このプラグインと相性抜群
コンプレッションの設定・バンド幅(縦軸・横軸)がかなり細かく設定でき、狙った所だけを綺麗に軽減・除去してくれます。
アナライザー搭載に加え、ディエッサ―が掛かっている範囲・掛かっていない範囲を分けて視聴可能。
視覚的・聴覚的にも非常に分かり易いです。
上から下までポイントを自由に動かせますので、EQの様な使い方も出来ますし、やろうと思えばノイズ除去まで可能…と、至れり尽くせり(笑)
ここまで完成度の高いディエッサ―、そうそう無いのでは?w

ミキシングからマスタリングまで、本当に何でも使えます。
これ、マジでオススメですw
素晴らしい!!(笑)



◎総評◎
うん、どれもこれも素晴らしいプラグインだと思います(笑)
お高く纏まってるだけあって(笑)、実力は本物ですw

ですが、「音質劣化を極限まで抑える」というスタンスを気に入るかどうかが、Sonnox製品の評価を分ける所でしょう。
要らない人は要らない、要る人はとことん要る…そんなプラグイン達です。
まぁ、不要だと思う方でも、持っておいて損はしないでしょうw
特に、スーパーイ―…サプレッサー(SuperEsser)なんかは、どんな場面でも活躍してくれます(`・ω・´)
せっかくのセールですし、興味がある方はこの機会に導入されてみては?(笑)





以上、Sonnox『Elite Bundle』のご紹介でした。
簡潔に纏めようかと思っていましたが、予想以上に長文になってる…w

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

terrierits says...""
初めまして。通りすがりの者です。
「風の羅針盤」、いい感じの曲ですね。
ベースが個性的でいい音だと思ったのですが、
音源は何を使用されたのでしょうか。

それとFM音源っぽいピアノはFM8ですか!?

もし差し支えなければ教えて頂けないでしょうか。

よろしくお願い致します。
2014.06.11 00:30 | URL | #- [edit]
マサシ says..."Re: タイトルなし"
>terrieritsさん

コメント、ありがとうございます!
何気に、プラグイン関係以外(楽曲関係)でコメントを頂けたのは初めてかも…(笑)

音源についてのご質問ですね。
では、この楽曲の使用音源を記載させて頂きますw

●Drums→BFD Eco
●Bass→Trilian
●E.Guitar→Strum Electric GS-1
●E.Piano→D-Pro
●Synth→Ultra Analog VA-2

僕の記憶違いが無ければ、このラインナップだと思いますw
Trilianは、フレットレス・ベースの音色を使用。
E.PianoはFM8を最初使っていたのですが…ちょっと音色に厚みが足りなかったので、D-Pro(SONAR付属、個別販売もあり)に挿し替えた記憶があります。
何かのご参考にして頂ければ幸いです(笑)
2014.06.11 23:49 | URL | #- [edit]
terrierits says...""
マサシさん

お返事頂きまして、どうもありがとうございます。
ベースはTRILIANだったんですね!
僕もTRILIANを使ってるのにこんな音色が入ってるのを見逃してました。
早速フレットレスをチェックしてみます。

あのDXっぽいエレピがSONAR付属の音源っていうのも驚きました。
すごい時代になったもんです(笑)

ご丁寧に教えて頂きましてどうもありがとうございました!

2014.06.12 00:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/48-2af42646