WAVES 『PuigTec EQP-1A + MEQ-5 EQ』 + PultecタイプEQ比較

どうも、マサシです(`・ω・´)

うちのニャンコ先生(筆頭オトモ)強すぎワロチwww
MH4のオトモはかなり活躍する様になりましたね~。(笛も吹きまくってくれるしw)
それに引き換え、筆頭ハンター(笑)とはなんだったのだろうか…。


さて…連日の更新ですけど、とりあえずここで一区切り。
前回・前々回とご紹介させて頂いたWAVESのプラグインEQのラスト、『PuigTec EQP-1A + MEQ-5 EQ』のご紹介です。

puigtec-eqp-1a-meq-5.png

『Pultec EQP-1A』『Pultec MEQ-5』という超定番EQのモデリングです。
この2つを組み合わせて使用する事で、全帯域のイコライジングが可能となります。

とにかく人気があるEQでして、そこら中のプラグイン・メーカーがこぞってこれのモデリングをしていていますw
その特殊な操作性・イコライジング処理から「PultecタイプのEQ」なんてカテゴリも出来てしまう程。
僕もいつの間にか、PultecタイプのEQを何個が持っていました(笑)
ちなみに、実機はこんな感じらしいです。思ってたよりもデカいw
pultec実機

人気の秘訣は…うん、まぁ全部と言えば全部なのでしょうけど(笑)、一番の特徴は一風変わったEQの仕様。
同じ帯域のブーストとカットが同時に行えます。
例えば、「60Hzを+3dbブーストすると同時に、-3dbカット」なんて風に。
この例え、普通に考えると数値的には±0dbなのですが、音を聴いてみると元の状態と明らかに違います。(ドラム全体にこの設定で掛けた場合、モデリングにも依るが大方はキックが少し強調されて、尚且つ、低域がスッキリとしたタイトな音になる)
これがPultecタイプの不思議な所ですw
ブースト側とカット側で、カーブ曲線が異なるから…なのかな?(曖昧)
ともかく、この独特な掛かり方が「Pultecタイプ」最大の特徴です。

あと、通しただけで音が変わります
実機の音は残念ながら存じませんが、真空管特有のサチュレーションが生じる様です。
プラグインでもその効果が感じられると思います(`・ω・´)

とにかく、他に代替が利かない個性を持った独特なEQです。
僕もPultecタイプのEQが好きで、よく使用していますw



●PuigTec EQP-1A + MEQ-5 EQ

さて、話はWAVESの『PuigTec EQP-1A + MEQ-5 EQ』に戻ります。
名前が元ネタと似ててややこしいですが(笑)、読み方は「プイグテック」です。
海外のミキシング・エンジニア「Jack Joseph Puig(ジャック・ジョセフ・プイグ)」さんが所有しているPultec EQをモデリングしたから、こういった名称になったそうなw

個人な話ですが、今回「Puig Tec EQ」を入手して、WAVES『JJP Collection』収録のプラグインが揃いました(笑)
『Puig Child』は別のセール時に購入していまして(ほぼオマケみたいな扱いでしたが…w)、ずっとEQの方も欲しかったんですw
まぁ、ライセンスは別々になってますが…所有欲はこれで満たされましたね(笑)

…で、WAVESのこのモデリングの出来ですが、なにぶん実機の音を知らないので判断に困る所がありますw
しかし、今までにPultecタイプは色々と使ってきたので、他社のそれらと比較すると…
結構派手な掛かり方、といった印象を持ちました。現在所持しているPultecタイプEQで、一番味付けが濃いです。

まず、インサートした段階での音質変化がハッキリしています。
グワッと音が前に来る感じでして、その音質変化だけで満足してしまいそうですw
EQの利きも良く、WAVESらしいマイルドな掛かり方をしてくれます。
総じて、プラグインとしての完成度は高いと思います(`・ω・´)
Puig Childも完成度高いですので『JJP Collection』はオススメ!w


……

プラグインの感想が適当な気もしますが…まぁ、いつもはダラダラと長く書きすぎてるから、たまには簡単に纏めてみました(苦笑)
ここからはオマケ…いや、本題?の「PultecタイプEQの比較」をしてみようと思います。



●PultecタイプEQの比較

●概要
適当に貼り合わせたドラムループに、現在所有しているPultecタイプEQ(EQP-1Aのモデリング)を同一の設定でインサートしてみました。
設定は…

60Hz = +3db & -1db
8kHz = +3db (BANDWIDTH=5)
ATTEN SEL = 20 & -1db (20kHzからシェルビングで-1dbカット)


具体的に言うと、デフォルトのドラムループと比較して、EQを施してある物はキックとハイハット・オーバーヘッド(シンバル)が強調されています。
その辺りに注意して聴くと、変化が確認しやすいと思います。(※ヘッドフォン推奨ですw)
あと、インサートした時の音質変化にも注意して聴いてみるのも、面白いかもしれませんw


それでは、まずはデフォルトの状態をお聴きください。

・デフォルト

Superior Drummerで作った物ですが…音源内でコンプ等は一切掛けていないので、バランスが悪いですね(苦笑)
これにEQを掛けていきます。(デベロッパーのアルファベット順に並べていきます。)


・IK Multimedia 『Prog EQ 1A』
2013y10m14d_004042956(トリミング)-小



『T-Racks CS Grand』より「Prog EQ 1A」です。
T-Racksらしい、派手な掛かり方をします。味付けは濃いけれど、さっぱり風味(笑)
EQの利きは良好・MS処理も可能なので、今でもお世話になってますw
ただし、高音に関してはやり過ぎるとバシャバシャした音になるのがなぁ…w(T-Racks系に共通した事ですがw)



・Native Instruments 『Enhanced EQ』
2013y10m14d_003813458(トリミング)-小


『THE PREMIUM TUBE SERIES』より「Enhanced EQ」です。
Softubeが開発に携わっているだけあって、丁寧な作りですね。
低域の押し出し感が強いですが、キュッと締まった音。



・Nomad Factory 『PEQ2B-3』
2013y10m14d_003525745(トリミング)-小


『Blue Tubes Bundle V3』より「PEQ2B-3」です。
実は、今回さばくってて初めてPultecタイプEQだと気付きました(笑)
分かりやすくサチュレーションが掛かってますね。この音には賛否両論あるみたいですが、個人的には軽やかで良い感じだと思います。
EQの利きは、あまり強くない?



・Nomad Factory 『PulseTec EQs』
2013y10m14d_003043968(トリミング)-小



再び、ノマド工場。(Nomad Factoryを和訳に掛けるとこうなるw)
「PEQ2B-3」みたく名前や見た目を微妙に暈さず、ハッキリとモデリングと謳っているプラグインです(笑)
EQP-1AとMEQ-5が合体していますが、今回はMEQ-5をオフにしてます。
下段のアンプはSoft Clipをオフにして使用しています。
このプラグインはノブの数値が表示されないので、目分量で設定してみましたw(なので、若干ブースト・カット量が違うかも…)
EQの利き・豊潤な音、そして見た目(笑)…どれも個人的に大好きなプラグインです。
やはり、出音に関しては好き嫌いがあるかもしれませんが、総じて完成度高いと思いますw



Softube 『Tube-Tec PE 1C』
2013y10m14d_003036005(トリミング)-小



『TUBE-TECH CLASSIC CHANNEL』より「Tube-Tec PE 1C」です。(バラ売りもしてます)
ライセンスは持っていないのですが、デモ試用期間ギリギリだったので急遽入れてみましたw
「ふえぇ…Pultecはもうお腹いっぱいだよぉ…」と思っていましたが(笑)…これ、良いですねwww
Softubeの精巧なモデリングの賜物か、めっちゃ好みの音ですw
何と言うのかな…綺麗に汚れた音、というか…。(?)
欲しいなぁ…でも微妙に高いんだよなぁ…これw



WAVES 『PuigTec EQP 1A』
2013y10m14d_003024440(トリミング)-小



ラストは今回の主役w
『JJP Collection』より「PuigTec EQP 1A」です。
やはり、派手に掛かります(笑)
音質は激変…とまではいかないけれど結構変わりますし、EQの掛かりも良好。
電源のハムノイズを選択出来るので、これによっても音が変わりそうです。
うん、イイネ!w





これにて、比較終了です。
皆さんは、どのプラグインがお好きでしたか?ここに載ってないやつとか?(笑)
僕は…う~ん、どれも個性があるので決めづらいです…ww
個性的なEQですので万能ではないですが、その癖を上手く使えたらなぁと思いました(粉みかん)


それでは、今回はここまで。
最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/44-1a894bbc