Slate Digital『FG-X』

どうも、マサシです(`・ω・´)
最近、家にネズミが住み着いてるのですが、なかなかトラップに引っ掛かりやがりません(苦笑)
おのれ、ネズミめ…可愛い面してるが、許せん!ww


話は変わって、つい先日にSlate Digital(スレート・デジタル)のリミッター(マキシマイザー)『FG-X』を購入しました!
今月一杯、セールでお安くなっています。

sd_fgx.jpg

Slate Digitalの製品は前々からよく見掛けたのですが、よく知らないメーカーでしたし(勉強不足w)、値段も結構するから…ちょっと避けていました(笑)

それが最近、セールで比較的安価で購入出来たので、試しにデモを試して……みようと思ったら、ほとんどの製品が「iLok 2のみ対応」という状態ww(僕はいまだに旧iLokを使っているので、非対応w)
そんな中、幸い『FG-X』だけ旧iLokに対応していたので、これだけ試してみました。
いや~…やっぱりiLokでライセンス管理していると面倒くさい…w
でも、色々な問題があって、止むを得ず使われているんでしょうね(苦笑)

それで、FG-Xのデモを試してみたのですが……
何これ、しゅんごい…。
数個前の記事で取り上げた、Fluxの『Elixir』も素晴らしいですが、FG-Xも相当ヤバい!
というわけで、やっぱり即購入(笑)

FG-Xについて

搭載されているのは、コンプレッサーマキシマイザーラウドネスメーター(RMS)の3基。
何だかよく分からない謎の技術をフル稼働している所為か、動作は 激 重 ですw(Core 2 Duoで使用時、CPU使用量40%に達するらしいw)
なので、完全にマスタリングでの使用を想定して設計されたプラグインの様です。

画面上部にあるのが、マスタリング用コンプ「FG COMP」
楽曲のピークを抑えるのが主の目的として設計されているだけあり、非常に滑らかなコンプレッションをしてくれます。
滑らか過ぎて、「本当に仕事(圧縮)してるの?」と疑わしくなるくらいです(笑)

画面中段に位置するのが、FG-Xの目玉マキシマイザー『FG LEVEL』です。
まぁ、FG COMPも素晴らしいですが(軽量版で別個に欲しいくらいw)、とにかくこいつがヤバい(笑)
使い方は割と簡単で、音圧を上げたいなら「GAIN」を右に回すだけ。
これだけでも、RMS値がドンドン上がっているのに、音像にほぼ変化が無くて驚かされます。

しかし、真価はその他のパラメータにあり…。
とりわけ、最重要なのは「ITP(INTELLIGENT TRANSIENT PRESERVATION)」
操作はスライダーを上下するだけで、上方向に行くにつれハードでアタック感がある音・下方向に行くにつれスムースで滑らかな音…に変化します。
僕のしょぼい2mix(笑)を、これで少しハード寄りに持っていったら、驚くほど活きの良い音に早変わりww
まるで、別人がMIXしたかの様でした!ちょっと複雑な気分だけど…(苦笑)

あと、「DYNAMIC PERCEPTION」を弄った時の変化も凄い。
音に躍動感を付加するプロセッサーなのですが、これも少し回すと音が…音が…!!(笑)
これとITPの組み合わせで、しょぼい2mixでも結構「プロっぽく」なりますw

あっ、もちろんRMSメーターも便利です(笑)
遅延無く正確に示してくれるので、非常に役に立ちますね~。


ここまでで既に散々褒め散らかしていますが(笑)、素晴らしいマキシマイザーです。
CPU爆食いする以外、欠点は見当たらないですw(まぁ、それが結構ネックだったりもするかもしれませんが…w)
定番のL3-16、そして僕一押し(笑)のElixir等、優秀なマキシマイザー・リミッターは多くありますが…FG-Xは頭一つ抜けてる印象を持ちました。
まぁ、やっぱりそれでもL3-16は絶対的に信頼してるし(笑)、Elixirの多段階リミッティングの様な別方面の素晴らしさを持ったプラグインがありますので、「FG-X以外はポイーwww」とはいきません(笑)

でも、FG-Xの元音を損ねないマキシマイズ・元音源のクオリティーを向上させる技術は素直に凄まじい!
音圧が重要になってくるニコ動においては、最強のプラグインじゃないかな?w

ていうか、Slate Digitalヤバくないすか?www
うわぁ、もっと買い揃えよう…。


それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました!m(__)m
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

SOO says...""
こんにちは
マキシマイザー何かいいのないかな~と思っていたところ、このブログを見てFG-Xを買うことにしました(^_^;)
動作が重いらしいというのだけが難点なようですが…ミキシングの時にプリマスターに挿すだけでもキツイ感じなのでしょうか?
iLokを持っていないのでデモで試してみるワケにも行かず…

そうそう、私もSONAR X2を使用していますが、今日でしたっけ、CakewalkがローランドからGibsonに売却されましたね(*_*;
アップデートや次期バージョンなどどうなるか心配です。
 
とまあひとりごとは置いといて…いろいろと参考になることが多いのでこれからもブログを拝読させていただきたい思います。
2013.09.24 20:57 | URL | #Uy9H4qN. [edit]
マサシ says...""
>SOOさん

はじめまして!
コメント、ありがとうございます(^ω^)

そうですねぇ…やっぱりFG-Xは動作が重たく感じます。
とりあえず、僕のPCではミキシング時のプリマスターに挿しても、止まったり落ちたりはしないですw(他のトラックにどれくらいエフェクト挿してるかにもよると思いますが、よっぽど大丈夫そうです。)
基本的には2mixを書き出してから使用するのが前提なのでしょうが…後のマスタリングを想定してプリマスターに挿したいお気持ちは、よく分かりますw

参考になるか怪しいですけど(笑)、僕のPCのスペックを簡単に載せておきますね。
OS:Windows 7 Professional(64bit)
CPU:Intel core i7-3820(3.6GHz)
RAM:32GB

ちなみに、プリマスターに挿しても大丈夫なのはStudio One 2 Professionalでの結果です。(何故か、最近SONARでWAVESプラグインが使用出来なくなってしまって…w)
このDAWは動作が非常に軽いので、SONARでの場合はどうなのか…は不明ですw
詰まる所、PCのスペック次第だと思いますが…(´・ω・`)


…って、CakewalkがGisonに買収されるんですか!?
マジですか…全然知らなかった…www
とりあえず、SONARシリーズが無くなるみたいな事態はなさそうですが、SONAR X3はどうなる事やら、って感じですね…w
今後が不安なら、DAWの乗り換えも検討するべき…?
ちなみに、個人的にはStudio Oneがオススメです(笑)

いえいえ…こんなメーカーの回し者みたいなブログ(笑)でも参考になって頂けたなら、幸いですw
それでは!
2013.09.24 23:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/35-a98f298e