IK Multimedia『Total Studio 3』

3月の中旬頃…でしたでしょうか。
DAWユーザーにはお馴染み(?)、IK Multimedia様でセールを開催していました。(まぁ、大体いつ見ても何かしらやってますけどw)
今回のセールの内容は、Total Studio 3(以下、Total3)がなんと半額!!

totalstudio3.jpg


※詳細※
IK Multimedia『Total Studio 3』

このIK Multimedia(以下、IK)という会社はDAW上で必要不可欠であるソフト音源やプラグインを制作している会社です。
中でも特に有名なのは、ミキシング・マスタリングモジュールである『T-Racks』でしょう。有名所のヴィンテージ機器をシミュレートしたプラグインが一通り揃っており、安価ながら完成度が高く、非常に人気がある商品です。
かくいう僕も、一通り揃えておりますw(最新版のCS Grand)

それで、話は戻りまして……そう、Total3
これは、↑のリンクを参照頂ければお分かりかと思われますが、その名前通り、IKの製品が(ほぼ)全部入り
上記のT-Racksはもちろんの事、IK製のソフト音源全部(+拡張音源付き)、プロも御用達のAmpliTube 3(アンプ・シミュレーター)、高品質リバーブCSR(Classik Studio Reverb)まで網羅した、スペシャル・バンドルです。
これが半額、日本円でおよそ2万弱!!
はっきり言って、超・お得ですww
という訳で、こういうセールにはとことん弱い僕は即・購入(笑)

実は、今回のセール前にはソフト音源類の投げ売り(笑)みたいセールをやってまして、僕はその時に散々迷って、結局は何も買いませんでしたw
それが終わった直後、今回のセールが始まったので…正直、「えっ?前にソフト音源買った人、むしろ損じゃない?」と思ってしまうタイミング…。
いやぁ、僕は前回のセールは結局買わなかったですが…何というか…もうちょっと、こう、ね?
間を置いた方が良かったんじゃ…ww
まぁ、それは置いておいて…。

Total3の感想について。ですねw
まずは……

・ソフト音源
方々で言われている通り、正直言って、一世代前の音源と言った印象は拭えません
最近の大容量サンプリング音源と比べると、容量自体も各シンセ1GB~4GB程度です。
音の方も、最近のそれらと比較して軽めの音で、「超リアルな音!」と形容するには、少々苦しい所もあります…w
個人的には…代表格であるSampleTank 2.5 XLの印象はSONAR付属のTTS-1を二回り位レベルアップさせた…といった感じ(笑)

アレ(TTS-1)の進化版とかwww使えねぇwww
と、思われるかもしれませんが…そう、この「SONAR付属のTTS-1を二回り位レベルアップさせた」という表現を、マイナス or プラス要素と捉えるか捉えるかで、これらのシンセ類の評価が大きく変わると思います。

まず、TTS-1という音源…これは、DAW付属のよくあるマルチ音源でして、動作が非常に軽い事から編曲の際のスケッチ(下書き)用途に非常に適した音源です。
ですが、スケッチ(下書き)用という事は、裏を返せば、本番での使用には向かない・堪えられない音とも言えます。(ぶっちゃけ、音がちゃっちいw)

動作は軽いし、音色も豊富なだけに、色々と惜しいシンセ…。
そ こ で、SampleTank 2.5 XLの出番です!w
動作が軽い、16chアウト、豊富な音色…そう、まんまTTS-1の上位互換ですww
極めつけは実用にも堪えうる音であるという事。これが最大のメリット。
確かに、そのままプリセットから読み込んで鳴らしただけだと物足りなさがありますが、装備されているコンプ・EQ・リバーブを使って音を作れますし、更に、オーディオ化してからTotal3にバンドルされているT-Racks・Amplitube・CSRを使って本格的に音を作れば、充分な程に実用的な音に化けます。
Sample Tank 2.5 XL…これは相当使い勝手の良い音源ですよ!w
早速、現在制作中の曲からフル稼働していますw
これからは、親しみを込めて「タンクたん」と呼ぶ事にしますた(笑)

その他の音源はシンセサイザー系が多いですが、これらもまた良い。
タンクたんと少しだけ異なり、こちらの系統は出音が太いです。
Sample Tronとか最高ですねwこのフンワリ感ww

個人的に一押しは、オーケストラ・クワイア音源の「Miroslav Philharmonik(ミロスラフ・フィルハーモニックと読むのかな?)」。
オーケストラ系専用音源を持っていなかったので、重宝しています。
音が軽めな代わりに、音の立ち上がり(アタック)が速めなので、使いやすいですねw
こいつもまた、現在制作中の曲でこき使ってます(笑)


・T-Racks 3(CS Grand)
…は、また別の日記でご紹介させて頂くとして(笑)

・AmpliTube 3
ギター・ベース専用のアンプ・シミュレーターのモデリング・プラグインです。
「ギター弾けねぇし…(´・ω・`)」「ダンス・ミュージック専門だから…^^;」といった方も、大丈夫!!(笑)
もちろん、本業はギター・ベースに使用するエフェクトでしょうが…これ、歪み系のプラグインとして使用できます。
個人的には、キャビネット部にあるマイクのみを使用するのもありかと思いました。
これを通すことにより、薄っぺらなデジタル臭い音に生っぽさを付加できます。
よって、ギターを弾けなくても(使わなくても)、持っておいて損の無いプラグインです!

こういうアンプ・シミュレーター系のプラグインはいくつか持っていますが(Guitar Rig・Nomad Factoryのやつ(笑)・TH 2等…)、個人的にはAmpliTube 3が一番好きな音ですね。

・CSR
Plate、Hall、Room、Inverseの4種類のリバーブ。
地味にこれが一番欲しかったんです(笑)
SONAR X2にアップグレードしたものの、それまでずっと使用していた「Lexicon Pantheon Reverb」がリストラされて以来、しっくりくるリバーブが無かったので…ww
新しいSONARのリバーブ「BREVERB」は悪くないけど…といった印象、WAVESのリバーブはちょっと弱い(R-verbは結構良いけどw)…。
なので、最近はNomad Factoryの「BlueVerb DRV-2080」が主力でした。(Nomadは空間系が良い感じ!)
とはいえ、これだけだと寂しいので(笑)、白羽の矢が立てたのがこのCSRでしたw

その期待通り、良い感じのリバーブ!
動作も軽いし、今後のリバーブはこれが主力になりそうですw
BlueVerb…君の事は忘れない…ズッ友だょ…!!(今後も普通に使いますw)



てんこ盛りのバンドルですので、簡単な紹介でも長めになってしまいました(笑)
まだ半額セールを開催中ですので、

・とにかく音源増やしたい!
・サードパーティー製のプラグインに手を出してみたい!
・お金使いたい!(笑)

といった方には、非常に有益なセールでしょう!w
そこまで安いお買い物でもないですが、IK製の商品を持っていない方・少しだけ持ってる方にも、オススメです!(`・ω・´)
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/15-0fd85922