SENNHEISER 『 IE800 』

どうも、マサシです(`・ω・´)
ここ最近なにかと忙しかったですが…ようやく待ちに待った連休に入りました!(笑)
まぁ、お盆は意外とノンビリしてもいられないのですが…今までと思えば時間はたっぷりありますし、この機会にブログの更新をしておかねば…!w
という事で、今回はまたまた僕が使っているイヤホンについて書かせて頂きます(笑)
それでは、SENNHEISER(ゼンハイザー)よりIE800のご紹介です!

IE800-image.png


IE800

IE800-image-2.jpg

ゼンハイザーと言えば、DTMer的にも馴染み深い(?)メーカーかと思いますw
音楽制作には欠かせないマイクやヘッドフォン等で非常に強い支持を得ている会社です。
中でも、モニタリング・ヘッドフォンの最高峰と言われている『HD800』は特に有名なので、御存知の方も多いでしょう。

今回ご紹介させて頂く『IE800』は、ゼンハイザーの販売するイヤホンフラッグシップ・モデルとなります。
現時点での価格は約10万円と結構なトンデモ価格ですが(笑)、これは値上がりの影響に依る物で、発売当初は6~7万円だったそうです。(それでも十分高いですけどw)
いずれにせよ、ハイエンドの部類に入るイヤホンには違いないですねw


購入した経緯&雑感(笑)

前回ご紹介させて頂いたZERO AUDIO『ZH-BX700-CD(カルボ・ドッピオ)』を結構長い事使っており(と言っても2年くらい)、音質的にも満足していたのですが…何となく違う音が聴きたくなり、色々なメーカーのイヤホンを物色しておりました。
当初はSHURE「SE215」Westone「W 10」、そして同社のSENNHEISER「IE80」などの、1~3万円の範囲で考えていたのですが…色々物色していたら、このIE800が中古で5万円位で売られているのを発見し、「多少高くても、今後後腐れない様に…!(`・ω・´;)」と思い切って購入に踏み切りました(笑)

初のハイエンドイヤホンに期待を膨らませながらeイヤホンから届いた小包を開封してみると、下記画像の様にまぁまぁ品の良い箱の中に、中々高級感のあるキャリング・ケースが入っていました(笑)

※折角のハイエンド機なので、ちょっと高級感漂う感じに撮ってみました(笑)
IE800-L.jpg



続いて、イヤホンを取り出してみて驚いたのですが…ハウジング部がすっごい小さい
各所のレビュー等で「小さい」と書かれていたので知っていましたが…それでも想像以上に小さい(笑)
僕が今まで見てきたイヤホンの中で、一番小さいかもしれないですw
下記画像ではLサイズのイヤーピースを装着している為、小ささが上手く伝わらないかもしれませんが…マジで豆粒サイズです(笑)

※現在の手持ちイヤホンとのサイズ比較。中央にあるのがIE800。
IE800 比較-L


※別角度からもう1枚。他と比較してもかなり小振り。
IE800 比較-2-L




装着感

●イヤーピースに関して
早速、耳に装着してみたのですが…臆面無く言いますと、純正イヤーピースの遮音性・装着感は相当悪いです(苦笑)
ただし、これは人に依ってかなり装着感(並びに遮音性)が違うらしく、合う人にはピッタリ合うそうですので、悪しからず…w
僕はサッパリ合わず、ちょっと動くだけで耳からポロポロ落ちますw
ハウジングが小さい&軽い事もあって、ちょっとした振動ですぐに動いてしまうのも原因でしょうか…(苦笑)

IE800はその小振り過ぎるハウジングが災いしたのか、イヤーピースを嵌める部分が非常に浅く、純正以外のイヤーピースには適合していない…とされています。
……が、そんな事はありません(笑)
僕が試した物では、「コンプライのT-200番台」「JVCのスパイラルドット」「オーテクのER-CK50M-BRD」等々、各社のイヤーピースと交換可能です。
イヤーピースで音質がかなり変わる為、装着性と音質のどちらを取るかが悩み所ですね。
個人的には…ん~…上記の物ですと、音質的にはオーテクの「ER-CK50M-BRD」が一番良いかな?と思いました。
ただ、装着感はそこまで良くなかった為、結局はコンプライの筒型を使っていますw

●ケーブルに関して
ケーブルに関してですが…これも難ありです(笑)
IE800はこの値段帯なのにも関わらずリケーブル非対応です。
まぁ、ハイエンド機は絶対的にリケーブル対応しなければならない訳でも無いですし、僕はその点は特別気にしていませんw
……が!問題なのは、純正のケーブルが硬化し易い事です。

僕は中古品を買ったのですが、製品状態の説明書きを軽視していた為か、ケーブル硬化が酷い物に当たってしまいました(苦笑)
もう、本当に針金みたいでして、装着時に不快感を覚えるレベルですwww
外気温に依って硬化度合いが変化するらしく、夏季は割と柔らかくなりますが…w
このケーブル硬化問題に関しては個体差が激しいらしく、フニャフニャで取り回しが良い個体もある…そうです(笑)
新品だったら当人のメンテナンス次第ですが、中古品での購入を考えておられる方は、製品状態のチェックを怠らない様にしましょう!安い買い物ではないので!w



音質

…さて、装着感に関してはそこそこ辛辣に書きましたが(笑)、肝心要の音質について触れてみたいと思います。


●内部構成
IE800はダイナミック型のイヤホンで、内部構成はなんとダイナミック・ドライバー1基!(笑)
多ドライバーのイヤホンが席巻しているハイエンド機種の中では、かなり異質な内部構成です。
この潔過ぎる構造からゼンハイザーの自信が窺えますねw


●全体的な音質傾向
そんな潔い構成のIE800の音ですが…正直、かなり好みが分かれそうではありますw
ただ、個人的な感想を言いますと「聴いていて非常に楽しい音」だと思います!(笑)
”音を楽しむ”事に関しては、(価格的に)IE800以上のハイエンド機と比較しても引けを取らない…というか、今のところ僕の中では1位ですw

そんなIE800の音質を言葉にするとしたら…う~ん…「クリーミーだけど、サッパリした音」と形容すれば良いのだろうか…?w
イヤーピースに依って結構エッジが立つ音にもなりますが、基本的にどこかホワンッとした音ですね(`・ω・´)

各帯域毎に分けて簡単に言及すると…

高域 → 刺さるか刺さらないかのギリギリのライン(で、ほぼ刺さらない)。綺麗で清涼感のある音。
中域 → 高域/低域と比して、やや凹っている感じ。高域同様、スッキリとした清涼感のある音で分離感もヨシ!(笑)
低域 → ズンズン!とかなり強く&深い所まで出る。尖った(エッジの利いた)感じは無く、丸っこく弾力のあるモチモチしたサウンド(笑)

…私見ではこんな印象ですw
全体の傾向的には”ドンシャリサウンド”に近いのですが、モチモチした低音&中~高域の爽やかさ故か、不快感が全くありません(`・ω・´)b
ハッキリ言って、モニター的な要素はほとんど感じられず、リスニング用途に全力で振り切った感じの音です(笑)

同社のヘッドフォンで例えると、僕の聴いた中ではHD800っぽいテイストが僅かにありつつ、全体的にはHD650っぽい聴き味かな?といった印象ですが…HD650も800も視聴ブースでチョコっと聴いただけなので、戯言だと思って軽く流してくださいw
ちなみに、低音が強めに出ると聞いていたHD700は全く別物でしたw


●解像度
解像度はそこそこ高い方ですが、多ドライバー・イヤホンの様な解像度の高さは期待しない方が良いと思います(笑)
上記の”心地良さ”に関わる部分ですが、全体に薄~い透明の皮を一枚張った様な音像(?w)でして、それが耳への負担削減&心地良さへと繋がっているのではないか?…と僕は考えていますw


●音場
音場は相当広い!不気味なくらい広いです(笑)
この豆粒の様なハウジングからは想像もつかない音場の広さですねw
若干L/Rを強調した様な音作りなのでヘッドフォンとはまた違った広がり方ですが、奥行き表現もかなり優れており、頭部を包む込む様な広々とした音場を提供してくれますw


●その他
ちょっとした補足ですが、IE800は再生機器の影響を受けにくい印象があります。
スマホ直挿し(僕の場合はXperia Z5)・DAP・オーディオインターフェイスのヘッドフォンOUT…等々、手元にある再生機器で色々聴いてみましたが、総じて「IE800の音」がします(笑)
もちろん、全く同じ音がする訳では断じてないのですが…良くも悪くも「IE800の音」という一定した品質の音を出してくれるのは強みの一つではないでしょうか?w
あと、最低限度の音質を保っているのなら、MP3(128kbps以上)でも中々良い音で再生してくれるのも心強いですね。



総括(笑)

基本、外出先で使う事を想定されているイヤホンに於いて、装着感の悪さ・ケーブル硬化は大きな弊害となり得るのですが…それを差し引きしても、やはりこのIE800は良いイヤホンであると感じます(笑)
超高音質!とは言えないのですが、このイヤホンの音には不思議な魅力があります!
変な言い方なのですが…昔から音楽を聴くのは好きだったけど 、音を聴いて「楽しい!」と感じたのはIE800が初めてですw(意味不明ですがw)
なんかIE800の音は聴いててワクワクするんですよねぇ…w

ただ…やっぱ遮音性・装着感が残念なので、外出先で使うのにはあまり向いていない…と言わざるを得ないかと思います。
それでもなんとか外での運用しようとお考えの方は、遮音性の高いイヤーピース&コードを衣服に引っ掛けるクリップを使用すると、幾分かは幸せになれます(笑)

色々と癖が強いイヤホンなので素直にオススメし難いのですが、僕はかなり好きなイヤホンです(`・ω・´)=3
良い所もあれば、悪い所もある…その危ういバランス故に愛着が湧いている所も多々ありますが、ことリスニング用途では相当強いイヤホンには間違い無いはず!ですw
ある程度静かな環境&イヤーピースが合わないと良さが分からないのが難点な為、店頭での視聴で判断は難しいですが…興味がある方は是非w


以上、『IE800』のご紹介でした。
最後までお読み頂き、ありがとうございました!m(__)m

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

says...""
ケーブル硬化に関しては修理を依頼してみてはいかがですか?最近のロットは硬化対策をしているらしいです.僕は2回ほど修理(交換?)に出してますが,2回目は保証期間を過ぎてましたが無償でした.メーカーに問い合わせてみる価値はあると思います.対応は非常に良いですし.
2016.10.05 12:21 | URL | #zc6NDhz6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://masashi365.blog.fc2.com/tb.php/123-42fcae86