AOR・名盤選③

どうも、マサシです(`・ω・´)

実は、当ブログは今年3月中旬からアクセス解析を導入しております(笑)
開設して2年経ったというのに…今まで使い方が分からなくてほったらかしにしてましたw
それで、その解析を使うと様々なアクセス情報が分かるのですが、中でも面白いのが「検索キーワード」という項目。
どんなキーワードで検索を掛けて、当ブログに来たのか?が分かるのですが、これを見ていると意外と面白い結果でしたw
結論を言うと、意外と音楽情報…特に「スピッツ」「AOR」というワードが多かったのです。
この事実を知って、プラグインの事ばかりじゃなくて、この手の記事書かなきゃ(使命感)と思いましてw

ということで、今回は久々の「AOR名盤選」シリーズを更新させて頂きます(笑)
AORなんてニッチなジャンル(?)の記事ですが…意外とAOR好きな方っていらっしゃるんですねw


※↓の画像は、スマホ表示等のサムネイル用です。記事内に出てきません(笑)
71GFjhGJvHL.jpg

AOR・名盤選②

第2回目です(`・ω・´)


・『Dane Donohue』- Dane Donohue

デイン・ドナヒュー

デイン・ドナヒュー、唯一のアルバム。
AOR系には、結構こういうワン&オンリーの作品が多かったりします。
しかも、そういうのに限って名盤っていう、ね…w

AOR・名盤選①

こんにちは、こんばんは。
どうも、マサシです(`・ω・´)

SONARの日記も書き終えたので、今回は僕の趣味であるCD集め……から高じた、AORのアルバム集めのお話をさせて頂きます(笑)
そもそも、AORって何?という話ですが…Wikipediaによりますと、

(1)Audio-Oriented Rock(オーディオ・オリエンテッド・ロック)
(2)Album-Oriented Rock(アルバム・オリエンテッド・ロック)
(3)Adult-Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)
の略語であり、音楽のジャンルの一つである。

…とあります。
簡単に説明しますと、(1)は「音志向のロック」・(2)は「(シングルチャートを意識せず、)アルバムの完成度を高めたロック」・(3)は「大人向けのロック」という事になります。…多分w
日本では(3)の意味合いで「AOR」と呼ばれている様です。

個人的には、「アルバムとして完成度が高く、なおかつ、アダルトな音楽」という様な、(2)と(3)の意味合いを足して2で割った感じ(?)が好きでして(笑)、そういうアルバムを求めて色々と買い漁っていますw

このカテゴリーに該当する記事はありません。